<春-1:おぼろ夜の帆立>

春はおぼろ。
ほたての殻は
ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を
イメージして春のよろこび、なまめきがあります。

大きな殻に帆立、そらまめ、ゆりね。
やまいもと利尻昆布のだしで蒸します。
卵白の泡をふわっと。
すこしバーナーで焦げをいれ、おぼろ夜の風情を。

そうそう、やまいもをすりながしたところに
桜の花の塩漬けを3,4片忍ばせるのを
忘れないように。
夜桜のほの明りをいただきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【タイム食首】
粥を食みつゆさきほどの時間さへとりもどせねば粥どこへおつ
: 渡辺松男