【遭遇一句  -2019】05/06~05/10

05/10

驢馬よりも耳大きかる朴の木の根元のめぐり朴の耳塚 : 渡辺松男

 

05/09

卯の花腐し有給休暇の子の熟睡(うまい) : 柴田美代子

 

05/08

腕時計したまま水に入る夢覚めてあなたの頰にさわった : 服部真里子

 

05/07

燕来てより階段の濡れやすき : 川越歌澄

 

05/06

振り下ろすべき暴力を曇天の折れ曲がる水の速さに習う : 堂園昌彦

【タイム食句  -2019】 05/06~05/10

05/10

昼飯は魚河岸と決む鯖の旬 : 澤田誠一

 

05/09

腸詰めに長い髪毛が交つてゐた / ジツト考へて / 喰つてしまつた : 夢野久作

 

05/08

空豆空色負けるということ : 阿部完市

 

05/07

農園に静々と降る長雨に先物価格はたちまち騰る : ユキノ進

 

05/06

筍をざつくり切ってざつくり煮る : 大牧広

ポッテジー二の超絶技巧

食句塾仲間の三甫、
また別の顔、ヴィオリン弾き。
句会の翌日、豊中芸術センターへ。

コントラバス協奏曲 初めて聴いた。
19世紀、ポッテジー二の超絶技巧。
(ソロ演奏・田中寿代)

バッハのブランデンブルグ協奏曲4番。
フルートではなくリーコーダ二人で。

<バッハがこの曲を献呈した
ブランデンブルグ辺境王ルードヴィッヒ
の名前に由来している>。解説にある。
えっ?ババリアの狂王 ルードヴィッヒといえばワグナー。
なんでバッハがここで?
なんたら2世、8世、よおあります。それだけのこと。
10年ごとに、バッハとワーグナーの好き嫌いが入れ替わる。

ネットでじゃくったれ

エッジの効いた異端児同志。
芸能はそもそも異端。
その王道を往く。

#ネットでじゃくったれ
雀太、ナオユキ、今井洋之
2部の入りは<句句句の会>のことから。
次回が楽しみ。

クボタケシ【 結びの石彫シンポジウム in高砂 】

【 結びの石彫シンポジウム in高砂 】
採石場で製作中のクボタケシさんを
訪ねたのが1月。
その時は、2本の柱が鳥居のように立っていた。

完成して、<石の宝殿>近くの旧採石場に移動設置。
天空を貫く一本の神柱となっていた。

バベルの塔、シジュホスの神話など旧約の世界、
はたまた万葉びとの舞台か。
絶壁要塞の神話的空間。

再訪:【 結びの石彫シンポジウム in高砂 】

【 結びの石彫シンポジウム in高砂 】
仕掛け人は松下石材の専務。

1月に作家さんが製作中の現場を訪問。
完成した野外彫刻6点が
旧採石場に設置されたので再訪。
圧倒的な絶壁要塞のスケール感。

一般公開は秋の予定。

七曜耀き花は一気に蝦夷の野へ  : 翠胡

食句塾 5月例会

令和初めての句会となる。
・「令和」迎えし豌豆のひと並び  : 菜摘
・令和朔日蝿が車内を脅かす    : 弥華藍
・令和なる穂先のあやしたけのこ掘り: 大象

5月の食句賞
・七曜耀き花は一気に蝦夷の野へ  : 翠胡

【遭遇一句 -2019】05/01~05/05

05/05

春の月水の音して上りけり : 正木ゆう子

 

05/04

歯ブラシをとめれば雨の音 生きていることにたびたび惚れなおす : 雪舟えま

 

05/03

蝶よ花よと柩の中で育てられ : 佐藤郁良

 

05/02

父母もまた百年前の祖父祖母も五月の町を二人で歩く : 原沢敏治

 

05/01

ねむたさのはじめあたたかかりしかな : 今井杏太郎

【タイム食句 -2019】05/01~05/05

05/05

この町に月が来ている喜びをあなたはそっとパンには挟んだ : 吉野裕之

 

05/04

春霞食べ仙人になりしかな : 大関靖博

 

05/03

なかなかに隠者にさへもなれざれば 雲丹・舌・臓物(もつ)の類至つて好む : 斎藤史

 

05/02

こんにちは春の日の食べられる草 : 飯田晴

 

05/01

のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり : 斉藤茂吉

宮田彩加 <どうかしてる日常>

元々どうかしてる作家ばかりのクンストアルツ。
時々、オーナー以外のキュレーション企画があって
今回は宮田彩加 <どうかしてる日常>
個々のどうかしてる作品をどうかしてる狭い空間で
どうかしてる人たちが見たらどうなんだろう。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3