矜羯羅童子 制咤迦童子

(左)矜羯羅童子 (右)制咤迦童子

不動明王のパシリ的八大童子。
今回三十六童子の不動巡礼について
鳴門まで潜入してきました。

塚本邦雄の歌
サッカーの制咤迦童子火のにほひ矜羯羅童子雪のかをりよ

今回、童子それぞれの違いがわかりました。
相撲ならば制咤迦童子は高安、矜羯羅童子は宇良よ

藤蔵の太棹と咲甫太夫の語り

藤蔵の太棹と咲甫太夫の語り。
あらゆるジャンルを超えて21世紀必見の黄金コンビ。

4月につづいて今回は
忠臣蔵の「鮒だ鮒だ鮒侍だ」
殿中で眉間に斬りつける国民的人気のアノ場面。

狂乱に身を捩らせる浄瑠璃に怒号炸裂の破格三味線。
幕引きの瞬間、会場がどよめく。
6月公演は大阪市内の高校が文楽鑑賞のコースにも
なっているらしい。
この日、この演奏を観た少年は文楽世界に
飛び込んでみたい、夏休みの間中悩むにちがいない。
いやいや連れていかれた団体鑑賞がきっかけ、
まあ人生の選択肢ってそんなものでは。

ちなみにこのコンビ、5月の東京公演では
切腹の段で藤蔵さん、勢いのあまり三味線の皮を
破ってしまったエピーソード。
これからいくつの伝説をつくっていくやら、たのしみである。

乱囃子「舎利」 <山本能楽堂90周年記念>

玄祥さんの『一角仙人』

仙人が女の色香に惑わされ堕落して、
の展開から歌舞伎の『鳴神』ができている。
玄祥から海老蔵を透かし見る。

<山本能楽堂90周年記念>として
特別な演目 乱囃子「舎利」
これはシテ方と囃子方がそれぞれの専門外を担当。
梅若玄祥:小鼓
山本章弘:太鼓
成田達志:シテ

まじめなおかしみにおっかぶせて、シテがあばれまくって
ヤンヤの喝采、客席からはおひねりまでとびだして、
大盛り上がり。
お能でもこんなことやるんや。

【 タイム食句】 06・06〜06・10

6・10
あとになり気付く蓼酢のありしこと :中原道夫
〜〜奴ののんどに串つきさして

6・9
星にふれてきたさびしさにストローでつめたい水を無心にすする : 東直子
〜〜哲学の疎水をぬけて橋わたる

6・8
五十音の国に生まれて生きて鮎 : 宮崎斗士
〜〜アイナメが先締めわらびもち

6・7
冷蔵庫にほのかに明き鶏卵の、だまされて来し一生のごとし : 岡井隆
〜〜無精卵だがほんとのこといおうか

6・6
置手紙トマト重しに使われて : 江渡華子
〜〜青いまんまでまだすくわれる

葛川細川の古民家、宮田ハウス

葛川細川の古民家、宮田ハウスでお泊り。

韓国からの客人、地元のアーティストやなんやかんや、
いつのまにかふくれあがって、大酒盛り。

番犬 黒、威風堂々。

「生き残るには脳が足らない」

「生き残るには脳が足らない」

わかっちゃいるけど・・・

『ベルギー奇想の系譜展』
クノップフ、デルヴォーときて、
ラストに、トマス・ルルイ。

〜まいりました。。。

@兵庫県立美術館 7月9日まで

・サーフィンの腹這いの奴のっぺらぼう : 大象

食句塾 6月例会
今回は席題オンリーの試み
11人が出題 5句出句

・ビール腹別人なので帰ってもらう : 主水
とぼけてる。帰ってもらう、が笑える。

・青き天体真昼の水へ蛇急ぐ : 翠胡
水惑星地球俯瞰図。蛇といえば、
音楽漂う岸侵しゆく蛇の飢( 赤尾兜子)

・心太主語も名詞もすべり落ち : 弥華藍
中7がわからん。惚けて、あれあれしかでてこない。

・サーフィンの腹這いの奴のっぺらぼう : 大象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月例会
日時:7月2日(第1日曜)
場所:八知亭
兼題:たまねぎ・影

<季刊誌夏号 57号>原稿
6・20までに出稿

虫養いに蕎麦

小腹がすいたとき、ちょっと虫養いに。
最近はいわへんようになった。

蕎麦にはあんまりつかわんけど、
たまたま街なかにあるお店で
すだれ、御簾、竹っぽい虫籠みたいな
蕎麦屋にまぎれこんでしまうと、
虫気分になって蕎麦たぐってる。

蕎麦湯がやかんででてきた。
酒は上喜元(山形)。

【 タイム食句】 06・01〜06・05

6・5
この国の死後の奥行き口開けし牛の骸をハエは巡れり : 佐佐木頼綱
〜〜低温調理誤魔化しに限度あり

6・4
青梅や餓鬼大将が肌ぬいで : 一茶
〜〜青痣の胸拭ぐうてピンク

6・3
冷蔵庫の内らに並ぶ生ま卵とほき木星と照り合ひにけり : 高野公彦
〜〜立ち食いのそうめん流し銀河前

6・2
歯磨きの大き塩粒夏に入る : 金子敦
〜〜ライオン悩む虫喰い犬歯

6・1
はつなつと夏とのあはひ韻律のごとく檸檬の創現るるかな : 塚本邦雄
〜〜リミックスしつつかさぶた式部泣く

安永+村瀬+小林 @wad

利休の侘び寂びの精神性と
芭蕉の不易流行の思想を
未来世紀に蘇らせた
すがすがしいコラボ。

予め完成フォルムを拒む土塊に
死せる多肉植物を活けこむ二物衝撃。
大気圏を超えたロードムービー感あり。

陶芸:安永正臣
植栽:村瀬貴昭

この狂気をキュレーションした
小林剛人の手柄。

@wad 6・11まで


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3