唐戸市場でふぐの鮨

帰りはフェリーで本州へ。
目的は卸売の唐戸市場。

ふぐ白子、ふぐ、さえずり、のどぐろ、
漁師生まれの鮨職人みたいなおっちゃんの
握りがお腹にずんずん入っていきま〜す。

【遭遇一句 -2019】02・06〜02・10

0210
おそろしや石垣崩す猫の恋 : 正岡子規

 

0209
音たかく尿(ゆまり)放てば熊野川われより生るる川かと思ふ : 小谷陽子

 

0208
如月にうつくしく死ぬ生殖器 : 大西泰世

 

0207
病とは内なるほのほしづまらぬ白水仙の立ちしまま枯る : 水原紫苑
0206
はらはらと阿呆と歩く寒である : 高屋窓秋

【タイム食句 -2019】 02・06〜02・10

2・10

蕗のたう今日萌え出でよ艶やかにかのまれびとのつよき産土に : 石井辰彦

 

2・9

生白魚微風のごとく喉を過ぐ : 神生彩史

 

2・8

明日よりは春菜(わかな)採まむと標めし野に昨日も今日も雪は降りつつ : 万葉集 巻八

 

2・7

きさらぎと思うすくらんぶるえっぐ : 池田澄子

 

2・6

あふあふと冷ますは不思議な食(を)しものの葛湯のなかの死者の荒魂 : 米川千嘉子

博多の豚めん

博多といえば、ラーメン。
しかし、知る人ぞ知る、博多うどん。
行列店も多い。
そんな土地柄でいくなら・・・蕎麦でしょ。

ごぼう天は鶏天以上に博多名物。
しかも牛蒡は今が旬。
うどんよりあえて蕎麦。
ごぼうはまるで丸太の川流しのごとき大量。
豚めんとは何か?
ピリ辛味噌という蕎麦ではやっていけないアウトロー。
にも関わらず、蕎麦切りのエッジが立って、
風味ある喉越しという離れ業。
博多の蕎麦、畏るべし。

ゴームリー への旅

会ってきました、ゴームリー。

半島より海峡を見晴るかす山頂。
1000年昔のヤマトタケルか、
遣唐使船を見送る修行時代の
青年、空海にも見えてくる。

鉄の等身大彫像、
ここは古来砂鉄の産地で、
この鉄が1000年の後、崩れ去って砂に
戻ることも自然という。

食句塾 2月例会

食句塾 2月例会

ちょうど節分
・なおみ豆撒く舌ったらずの「 鬼は内 」 : 菜摘
・湯豆腐の果つるところや鬼は外 : 案山子

今回トップは
・夜の雪贅沢な舌を上書きす : 飛白

*お土産は、スリランカから戻った
案山子さんの粒胡椒と紅茶
*おやつは、虎屋の節分外郎、あとはチョコレート、諸々。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月例会
兼題:: 喫茶店(カフェ) ・ 発

4月::春の吟行

【遭遇一句 -2019】02・01〜02・05

 

0205
うすぐらき階段を昇れども昇れども地上に至らずゆめさめずして : 多田智満子

 

0204

ラガーらのそのかち歌のみじかけれ : 横山白虹

 

0203

まるで溺れそうな真夜中 嘘をつくときのあなたの息継ぎ、きれい : 杉谷麻衣

 

0202
幻の辛夷かがやく枯木中 : 角川源義

 

0201
飛ぶ紙のように鳥たちわたしたちわすれつづけることが復讐 : 佐藤弓生

【タイム食句 -2019】02・01〜02・05

2・5

ちらちらと夜景はうれん草ゆがく : 西山ゆりこ

 

2・4

甘いものが大好きでしょう女の子 さあどうでしょう私は烏賊なので : 柴田葵

 

2・3

熱い味噌汁をすすりあなたはゐない : 波止影夫

 

2・2

あの件の乾杯もまだしていない祝祭予定こなしに行こう : 辻井竜一

 

2・1

なに言つてやがんだ酢海鼠のくせに : 千野帽子

カジカの子の醤油漬け

繁昌亭昼席がはねて5時前。
天牛書店で時間潰して、
蕎麦屋の暖簾が上がるのを待つ。

福団治の人情噺のあとは、人肌燗が身に沁みる。
アテは、カジカの子の醤油漬け。
大阪人にはカジカがわからん。
蛙の子はオタマジャクシ?
もしかして、鹿の子?
北海道のお魚、カジカの子は今が旬。
これがまた蕎麦前に合う。
野草のごときさりげなさの味、触り。
イクラや海鼠腸なんて野暮ざんす。
(酒は福光屋〜金沢)

福団治 〜 蜆売り

内海英華師匠と打ち合わせ。
(2・23の世沙弥寄席)

今週、昼席のお囃子、ということで繁昌亭へ。
着物で伺ったので、大入袋をいただきました。
(中身にびっくり)

昼席:
開口一番は、あおば 〜 牛ほめ
大トリに福団治 〜 蜆売り
雪降る中を少年の蜆売る声が
寄席の空気を凛凛と。
仲トリの呂鶴。酔っ払い絶品。〜 三人上戸


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3