Archive for category セサミ日記

【 タイム食句】 11・26〜11・30

11・30
牡蠣互に味見してスーツの男たち : 関悦史
〜〜千人斬りは単に飽き性

11・29
信長の愛用の茶器壊したるほどのピンチと言えばわかるか : 笹公人
〜〜蘭丸に突然目覚めどんでんに

11・28
金沢の見るべきは見て燗熱し : 西村麒麟
〜〜東京圏に成り果ての街

11・27
ウォシュレットなき民宿に二日経てごわごわとなりし肛門あわれ : 大島史洋
〜〜紐一本あれば足りるに文明は

11・26
男二人朝の飯食ふ憂国忌 : 町山公孝
〜〜水冷破砕岩のもろきや

平成中村座『め組の喧嘩』

5年前5月の浅草公演。
小屋掛け芝居の平成中村座。
(この12月に死亡)

15年前、大阪扇町公園での
中村座をおもいだす。
ラストに小屋の背景がぱっくり開いて
フィクションがノンフィクション
に延長する仕掛け。

コクーン歌舞伎と平成中村座。
勘三郎の無念をおもう。

「我逢人」

「我逢人」
寺田知了さんの落款にありました。

人の出逢いこそが全てのはじまり。
独りでは辿りつけなかったこと。
人と逢うことの大切さと
人と逢える場の大切さ。

世沙弥ではメニューの最後に
〜いっしょに食事を楽しめる仲間が
いることのよろこびを〜

通じるものがあるので、
早速きょうから落款を使わせてもらってます。

『岡本神草の時代展』

岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ』デビューは
衝撃的だった。
表紙の甲斐庄楠音『横櫛』の効果も大。

同時代を競った『岡本神草の時代展』。
いづれも舞妓、芸妓の妖かしの世界。
妖艶というより狂気すれすれ。
いまの相撲界などまだまだ可愛いもんだ。
大正という時と京都という場が
これらの若き作家を選びだしたのだろう。

@京都国立近代美術館

【 タイム食句】 11・21〜11・25

11・25
湯むきするトマトの皮がたわたわと怒りのように沈んでゆけり : 川口慈子
〜〜要因は隠し包丁隠密に

11・24
にこごりは両性具有とよ他言すな : 金原まさ子
〜〜ツイッターの塵祓い清めて

11・23
食われいるあいだに遠く逃げゆくは草食獣の当然にして : 吉川宏志
〜〜みなかったことにして目を突き刺せよ

11・22
冬苺ところとときのふたなりに : 小津夜景
〜〜両性具有の蒼いアボカド

11・21
天ぷらをささやくように揚げる音聞きおり安三時半のそば屋に : 俵まち
〜〜熱もりのそばに世阿弥の無念あり

中村孝子・桃子

蓮が揺らぐ。
硝子の野菜を古木に額装。
典雅な色彩辞典を繙くようなときめき。
場所柄、割烹のご主人の食指がうごくようだ。

中村孝子・桃子
@ ギャラリー室

たまにはあったかいせいろ

紅葉より銀杏が好きだ。
丈高く三角のエッジが効いたシルエット。
黄落の路を踏みしめる快感。

少し寒くなってきたら、
たまにはあったかいせいろがほしくなる。
お酒をたのんだら、梅干しがついてきた。
お酒に、お蕎麦に、そして最後の蕎麦湯にも
三度たのしめる。

酒は香田(丹後)

日本盆栽大観展

もう笑うしかない。
超アクロバティック。
現代アートと同じ土俵で展示する機会が
ふえることをひたすら願う。

1点、風がふきぬけるような
新感覚派の作品に出会った。

@日本盆栽大観展

横溝美由紀のインスタレーション

横溝美由紀さんのインスタレーション。
去年、京都での『集積・』から1年間
待って待っての実現。
京都、ロスアンゼルスでは4メートルまで。
今回5メートルは最高記録。

青空がのぞいて、ジェームス・タレル感あり。
渡部信子オブジェとの色彩バランス。
これからは、
世沙弥のメインダイニングにはいるまでに、
上を見上げてくださいね。

【 タイム食句】 11・16〜11・20

11・20
牡蠣啜りゐて板前の思ふつぼ : 鳥羽田重直
〜〜早よ焼きにして生のトラウマ

11・19
神経が死んでるらしい歯で米と野菜と肉を粉々にする : 二三川練
〜〜寒林をさまようて歯科レントゲン

11・18
鍋底の底の浅さを箸は知る : 三村凌霄
〜〜ほんとのこときょうはいわないで

11・17
わたしより重い臓器をつめこんだ男のひとと選ぶ白菜 : 田丸まひる
〜〜雨降れば末端肥大が悔やまれる

11・16
大人になるとにんじん畠にゐなくなる : 飯島晴子
〜〜赤にんじんは赤ん坊人


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3