Archive for category セサミ日記

食句塾年間ショック賞

食句塾
年間 ショック賞 グランプリ決定

2次選考で34句
3次選考で5句

・筆圧の強し鰻の領収書
・遺跡のような命のような冷蔵庫
・手足胴に頭をのせて確かな朝
・この町で偽名でくらす花山椒
・食べる草食べない草に風光る

グランプリは・・・

食句塾 12月例会

食句塾 12月例会

席題大会

・分断の塀乗り越える柿あまた : 飛白
ホンジュラスからの移民キャラバン。
時事問題を自然詠に。日本の四季の移ろいも
世界の南北問題も地球規模の視点にすれば同じか。

・旧交を湯豆腐に入れ煮詰まるる : 案山子
寄せ鍋、闇鍋ではなく、湯豆腐。
それでもなおかつ煮詰まったか。

・なめこそば会ってまだ二時間ですが : 大象

まだ二時間だけどなめこを食べる関係、
まだ二時間ですが蕎麦だけで早々に失礼します、
読みがわかれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019年からは会場変更
阿倍野区民センターに。
基本的に、第1日曜日。

1月 兼題

① 屋台(食べ物)
② 白 (イメージテーマ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ishoken 孵化する前

旅先でのラッキーな出会い。

新人を見たいなら、
まだ孵化する前はどう?
案内してもらったのが、
ishoken
陶磁器意匠研究所

いたぞいたぞ
オモロイ卵

遭遇一句 11・26〜11・30

1130
避けがたき寒さに坐りつづけをり : 松本たかし

 

1129
床下に水たくはへて鰐を飼ふ少女の相手夜ごと異る : 松平修文

 

1128
迷って来たまんまの犬で居る : 尾崎放哉

 

1127
人とゐて深く呼吸のできる夜 肺を得たりし魚のごとくに : 睦月都
1126
一枚の落葉となりて昏睡す : 野見山朱鳥

タイム食句 11・26〜11・30

11/30

雪の夜の浴室で愛されてゐた黒いたまごがゆくへふめいに : 塚本邦雄  

〜〜バスクリン変なおまけがついてくる

 

11/29

枯葱が青葱に寄りかかりをり : 谷雄介  

〜〜朗々滅ぶ老々にっぽん  

 

11/28

旅立ちのマフラーを巻き雨の中茴香の酒を求めて歩む : 谷岡亜紀  

〜〜チェコからのアブサン香る針葉樹

 

11/27

河豚鍋やストッキングの蹠が好き : 林雅樹  

〜〜てっさ一箸ぐるり一周

 

11/26

かに道楽の看板の蟹に挟まれて死ぬのもいいね 滲む街の灯 : 笹公人  

〜〜たこ吸いのいぼの偉大よ大志抱く

川浦紗季

初 多治見。
駅前にポスターが2枚。
①『美濃六人衆』
②『やきものの現在』

①は加藤委、川端健太郎、新里明士・・・
②は川浦紗季、五味謙二、野村佳代・・・

ここまで来たなら、全く聞いたことのない
無名の②だよね。

ど正解でした。
ドスが利いとりました。

@ ギャラリーヴォイス

下呂にこだわりのそば打ち人あり

手挽きである。
それならば蕎麦掻をまずいただいてスタートに。
20年ぶり。
下呂にこだわりのそば打ち人あり。
高橋邦弘さんに始まる2000年以前当時の
蕎麦ブームで早くもそば打ちの新鋭筆頭に。
半世紀の蕎麦屋の熟成を確かめたかった。
変わらずの手挽き。

酒は天恩(飛騨高山)

『土方重巳の世界』@大谷美術館

近所のつぶれそうな薬屋さんの前に、でっかい象さん。
これ、ください。
かなりねばったが、不審者扱いで追い返された。
その帰りに買ったのが、このファミリアン。
私の呪いで、その薬屋さんは早々に廃業した。
象はどこへ行った?

大谷美術館で『土方重巳の世界』。
サトちゃん、ブーフーウー、
ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ

この美術館では行くたびに必ず庭を一周する。
椿がいまかいまかの蕾ちゃん。

遭遇一句 11・21〜11・25

1125
約束の馬を見にゆく ンではじまる言葉の意味に気を取られつつ : 野田久美子

 

1124
枯れ切つて朝のはじまる大和かな : 藺草慶子

 

1123 (旧暦10.16)
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば : 藤原道長
〜〜1018年10月16日、1000年前の今日の月を見て詠んだ歌

 

1122
血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は : 中原道夫
1121
生き続けろとF・マーキュリーの剝き出しの歯が歌うまだ生きているか : 加藤治郎
〜〜2006 『環状線のモンスター』

タイム食句 11・21〜11・25

11/25

鮭燻尾部をくれたり尾鰭断ち : 小澤實  

〜〜人形の足にくちづけ禁止

 

11/24

冷えきったアイスを包む天婦羅の皮でありたい今の私は : 中沢直人  

〜〜締め茶漬隣の玉子が気にかかる

 

11/23

赤き飴日に透かしをり冬の駅 : 柴田千晶  

〜〜爪尖らせて喉笛撫でる

 

11/22

現し世のもつとも影の濃き肉を食ふときわれのきはまるらしも : 小池純代  

〜〜野けものをしゃぶしゃぶしゃぶる浄めの餐

 

11/21

寒のビール狐の落ちし顔で飲む : 西東三鬼  

〜〜漂流のまま人身売られ


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3