Archive for category 短歌・俳句周辺

・相席のひれ伏し寄せるラー油かな : 酔象

食句塾 九月例会
兼題:相席

・相席の戻り鰹が欲しくなり : 杏
・なれなれし相席とろろ汁こぼす : 飛白
・相席のひれ伏し寄せるラー油かな : 酔象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十月:秋の吟行・南禅寺
兼題:食い放題(飲み放題) ・ 底

【遭遇一句 -2019】09/11~09/15

09/15

ぬばたまの闇から生まれ闇を照らす満ちておほきな燦々に月 : 南輝子

 

09/14

どれにも日本が正しくて夕刊がばたばたたたまれてゆく : 栗林一石路

 

09/13

さむしろや待つ夜の秋の風ふけて月をかたしく宇治の橋姫 : 藤原定家

 

09/12

手品師や野分の夜は家にいて : 鈴木六林男

 

09/11

名を遂げてのち点描を手放した画家のこころをひくく言ふひと : 魚村晋太郎

【タイム食句  -2019】09/11~09/15

09/15

がつくりとぬけ初る歯や秋の風 : 杉山杉風

 

09/14

食えないと食わないの差を 必要と依存との差を あなたとの差を : 野口あや子

 

09/13

新涼の固くしぼりし布巾かな : 久米正雄

 

09/12

秋の田の穂の上に霧らふ朝霞いづへの方に我が恋やまむ : 磐姫皇后(万葉集・巻二)

 

09/11

果樹園に畜舎に残る暑気と土砂 : 寺井谷子

JR塚本の会

JR塚本の会 @世沙弥
第9回 汨羅變

参考文献に出てきたのが「新風十人」
昭和15年発行の伝説の合同歌集。
斎藤史、前川佐美雄、坪野哲久ら十人。
(いつも貴重な資料は大田一廣さん)

装丁は棟方志功。
戦後神戸で永田耕衣の句集の装丁をしたことも
飛び出してしばし<わだばゴッホ>の話題に。

【遭遇一句 -2019】09/06~09/10

09/10

チンドン屋踊る生生流轉かな : 八田木枯

 

09/09

あな欲しと思ふすべてを置きて去るとき近づけり眠つてよいか : 竹山広

 

09/08

秋の蝶ひとつふたつと軽くなる : 田中裕明

 

09/07

一生は待つものならずさあれ夕日の海驢(あしか)が天を呼ぶ反り姿 : 佐佐木幸綱

 

09/06

雨粒を恋ふ夕顔の首刎ねよ : 生駒大祐

【タイム食句 -2019】09/06~09/10

09/10

ゆくりなく窓のない家おもほえり白砂糖一キロ壺にうつしつつ : 西村美佐子

 

09/09

わが死後に無花果を食ふ男ゐて : 下村槐太

 

09/08

葡萄狩りわれも狩られしをみなにて唇いきいきと空に種子(たね)吐く : 秋谷まゆみ

 

09/07

葡萄園その後百年閉ざされり : 倉阪鬼一郎

 

09/06

累卵の、なれど崩れぬたまごあまた積みあげられる さういふ危機だ : 魚村晋太郎

【タイム食句 -2019】【遭遇一句 -2019】09/01~09/03

09/03

永島とゆふぐれまでをセックスし別れ話に日をまたぎたり : 染野太朗

 

09/02

想像がそつくり一つ棄ててある : 阿部青鞋

 

09/01

驟雨に濡れて歩むは男 傘さしてわれいつぱしのはんぱもんなり : 小野幹夫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


09/03

排泄のほとんどとうもろこしかな : 中山奈々

 

09/02

思うより重たさのある平皿の縁(へり)がざらりとすっぴんである : 井村拓哉

 

09/01

箸置きに小振りの酢橘摘みたるか : 細谷喨々

【遭遇一句  -2019】 08/26~08/31

08/31

なあるほどこれは大きな涅槃像 : 夏目漱石

 

08/30

手もたゆくならす扇のおきどころ忘るばかりに秋風ぞ吹く : 相模

 

08/29

見えぬ眼の方の眼鏡の玉も拭く : 日野草城

 

08/28

なぐさまず歩み来れば月下にて音なくもつれ人格闘す : 岡部桂一郎

 

08/27

毛虫より毛虫の出づるごとく糞 : 小川一磨

〜俳句甲子園 優秀賞

 

08/26

砂時計の量り売りよりドゥビュッシー「華やかな宴」十三分を購ふ : 笹原たま子

【タイム食句  -2019】 08/26~08/31

08/31

檸檬割いて唾あふるるを羞しめりこの友わが手もて殺さずば : 塚本邦雄

〜青き菊の主題

 

08/30

秋めくや夕餉の卓に知らぬ人 : 林雅樹

 

08/29

泣いてたらこれは美味しいカツ丼であのこの脇毛凄かったな : 柳本々々

 

08/28

白桃を試食して靴濡らしたる : 金子敦

 

08/27

酔えばわが頭のなかに鴉生るわれのある日を企むごとく : 寺山修司

 

08/26

秋暑しからしの残る椀の縁 : 小野あらた

【遭遇一句  -2019】 08/21~08/25

08/25

晩夏晩年角川文庫蝿叩き : 坪内稔典

 

08/24

塩素は、憎しみと同じ匂いがする。プールの淵にぬめりの緑 : 初谷むい

 

08/23

羽蟻の夜パントマイムの男泣く : 高柳克弘

 

08/22

触れていい骨と触れてはだめな骨、触れていいはうが昏く艶めく : 朝羽いむ

 

08/21

夏シャツや大きな本は置いて読む : 長嶋有


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3