Archive for category 短歌・俳句周辺

【 タイム食句】 04・21〜04・25

4・25
吐瀉のたび身内をミカドアゲハ過ぐ : 佐藤鬼房
〜〜拳ひらけば蝶々のウロコ

4・24
口移しにもの食ふほかを知らざりし子らは空飛ぶ鳥となりたり : 都築直子
〜〜調教の動物園の春あはれ

4・23
花過の海老の素揚にさつとしほ              : 藤田哲史
〜〜新入生におかわりは無し

4・22
世界じゅうのラーメンスープを泳ぎきりすりきれた龍おやすみなさい : 雪舟えま
〜〜たべたあい顕子とひろみ恍惚と

4・21
春月や会社に過ぎし夕餉時           : 小川軽舟
〜〜単身赴任の活き活きとして

『サンデー毎日』 星曜秀歌館

1980年代、『サンデー毎日』に
歌人、塚本邦雄が選ぶ俳句投稿欄があった。

そこで活躍した下村尤二さんを囲んで
7人落花に集い、紹興酒七酔人となる。

・荒南風の頸動脈を剃上ぐる : 尤二

【 タイム食句】 04・16〜04・20

4・20
午前一時加賀落雁の紅色の粉をはらへる紙薄じろし      : 葛原妙子
〜〜なに欲しい舌の乾きの先さぐる

4・19
足あげたまゝ永久に汐干狩                : 阿部青鞋
〜〜ちちょっと馬刀貝ここなら許す

4・18
つまさきまで痺れたり青に濁る苦艾酒冥く呑みほしたれば : 南輝子
〜〜チェコより悪友はこぶアブサンを

4・17
血の如く醤油流るゝ春の家                       : 攝津幸彦
〜〜発酵やめぬげんごろう鮒

4・16
寒天の底に沈める果物となりて臥しをり春の幾日を      : 栗木京子
〜〜煮凝りの溶けてデロリが這い回る

【 タイム食句】 04・11〜04・15

4・15
給食を残してしまう桜かな                                                         : 曽根主水
〜〜真っ白な脱脂粉乳あふるる喉

4・14
シナモンの香りの古い本ひらく草かんむりの訪問者たち : 東直子
〜〜糸遊をたばね A I の髪飾り

4・13
犯されている眼差の桜鯛              : 久保純夫
〜〜鯛の鯛までソフトSM

4・12
観覧車は二粒ずつの豆の莢春たかき陽に触れては透けり : 杉崎恒夫
〜〜一周の起承転結着地不可

4・11
さくら鯛死人は眼鏡ふいてゆく                                                 : 飯島晴子
〜〜コンタクトする友なきさらば

【 タイム食句】 04・06〜04・10

4・10
メイドからメイドにわたすスプーンがあつめる春の祝祭のうた : ひぐらしひなつ
〜〜土筆摘む罪なき少女ら突つきあふ

4・9
胃に森があり花守が泣いている               : 田島健一
〜〜散りいそぐべし位牌をだいて

4・8
エビスビールの空き缶蹴れば冥府へとひとを誘ふ軽き音せり : 松岡秀明
〜〜ガス抜きをすれば本体総崩れ

4・7
弟がちくわの役を降ろされる               : 北村幸子
〜〜トラウマかかえライオンキング

4・6
花見弁当ひらけばおもふ ほほゑみに肖てはるかなる<戦争放棄> : 小島ゆかり
〜〜大津波黒いピアノだけ残す

食句塾 春の吟行 @中之島公園

食句塾 春の吟行 @中之島公園

・花見ニモユカズ白湯ススリ笑ッテヰル : 菜摘

・一線は超えてみるもの花筏      : 案山子

・川筋に獅子の四頭二分桜       : 三甫

川の字に三が含まれている。二、三、四

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*季刊誌春号合評会 4・16(第3日曜)

*5月例会 5・7(第1日曜)

兼題 : カフェ ・ 入

〜〜八知亭 リフォーム祝い

【 タイム食句】 04・01〜04・05

4・5
ゆで玉子むけばかがやく花曇              : 中村汀女
〜〜拒食症までふりはば激し

4・4
半分のゆでたまご差し出されたよう大宮駅のきれいな便器 : 武田穂佳
〜〜瓢亭ににぬきがでたと風評が

4・3
朝ざくら家族の数の卵割り : 片山由美子
〜〜うずらの殻のガードが硬い

4・2
ドーナツ化現象のそのドーナツのぱさぱさとしたところに暮らす : 虫竹一俊
〜〜道の駅ぽすともだんなとかいなか

4・1
旨さうな鳥だったのに鳥帰る               : 櫂未知子
〜〜インフルエンザで閉店さよなら

三吟ですでに八巻目

おうろん屋さんで歌仙の打ち上げ。
三吟ですでに八巻目。
挙句(36句目)の果ての
グダグダ呑み会がクセになって性懲りもなく。
首尾(起首・満尾)よくいけば酒がうまいのだ。

名残表
鰹節削りし父をいま真似る     酔象
放蕩尽きて背負ふ憂愁       隗斗
金次郎ながら歩きを注意され    透写

【 タイム食句】 03・26〜03・31

3・31
はやき死を待たるることのさはやかに三月の芹スープにうかぶ : 塚本邦雄
〜〜草枕夢魔が抱っこのオフィーリ

3・30
春の昼不幸なやかん丸見えに              : 攝津幸彦
〜〜しりあがり寿回転す

3・29
朝市に土筆並べて売るおうな春の女神はかく皺ばめる : 沖ななも
〜〜エスカレーターに卒塔婆小町と行き違ふ

3・28
らららなのはな春はすくらんぶるえっぐ : 内田真理子
〜〜両面焼きの目玉のあはれ

3・27
オレンジの転がる部屋には昨日まで太陽系がめぐってたのに : 植松大雄
〜〜断捨離で地球捨てますゴミ屋敷

3・26
みのはちのすせんまいぎあら春愁 : 榮猿丸
〜〜ぶいぶいいわせ取的かわゆし

【 タイム食句】 03・21〜03・25

3・25
ふわふわと卵スープをかきまぜて歌詞でたらめに歌うボサノバ : 佐藤涼子
〜〜イパネマの娘不埒ななぞの拉致

3・24
かちやかちやとかなしかりけり蜆汁           : 山口青邨
〜〜任天堂からおもちゃのちゃちゃちゃ

3・23
体には傷の残らぬ恋終わるノンシュガーレスガム噛みながら : 玲はる名
〜〜花時間アーユルヴェーダでのっぺらぼう

3・22
壺焼やいの一番の隅の客                : 石田波郷
〜〜ポケットティッシュで拭く癖毛深か

3・21
今年の抱負二月半ばに告げあつてその後配らるる醤油皿 : 石川美南
〜〜止まらない回転寿司で四月馬鹿


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3