Archive for category 短歌・俳句周辺

【 タイム食句】 09・11〜09・15 

9・15
象の鼻も冷えるんだろう珈琲はお湯をたらしてじっくり蒸らす : 谷川由里子
〜〜なにごとも道とよびたきヒエラルキー

9・14
下魚を焼く煙なり天の川 : 小澤實
〜〜豊漁さんま地震で高値

9・13
片枝さす麻生の浦梨初秋になりもならずも風ぞ身にしむ : 宮内卿
〜〜重ね合う指紋の熱にうち伏せる

9・12
揺れ去って僕の手で割られる卵 : 曽根主水
〜〜地の底までも持ってく秘密

9・11
カステーラをパクリとはみし想ひ出は輝くごとく我が胸に消えず : 碧川瞬
(塚本邦雄 23歳の作)

天然鮎ラーメン

奥の細道。
平泉、最上川と東北めぐりのイメージやけど、
最終は美濃の大垣がむすびの地。
芭蕉の跡たどって一周したいもんやけど、
まあきょうはこのぐらいにしとこか。

ここまできたら脚のばして岐阜で、
天然鮎ラーメン。
あ〜ゆはフィッシュの本体がうまいのは当たり前として、
出汁には鮎のワタ、うるかを忍ばせてある。
清流の源に湧く神さびた凛冽のスープをごくりごくり。

おもしろうてやがてかなしき鵜舟かな : 芭蕉

酒はその名も、長良川(地元、各務原の小町酒造)

【JR塚本の会】〜〜水銀傳説


【JR塚本の会】第4回  〜〜水銀傳説(1961年)

『水銀傳説』百首聯作
①初出の資料 『短歌研究』’59 1月号

第一部 スミルナの寺の鐘
第二部 朱の炎天にて

これが歌集では
一部 「Rimbaud に寄す」
二部 「 Verlaine に寄す」

②1956年 塚本邦雄と大岡信の短歌論争
『短歌研究』3月号のコピー

ランボー、パウル・クレー、リルケ、堂本正樹、
はなしはとんでとんでとんで。。。

(資料は大田一廣)

【 タイム食句】 09・06〜09・10

9・10
溺死たとへば最後に腐る胃の獅子唐 : 吉田竜宇
〜〜人体も自然天災相似

9・9
半欠けの氷砂糖を口うつす刹那互いの眼の中に棲む : 松野志保
〜〜眼裏にまわりこむ舌のレッスン

9・8
はらわたの熱きをたのみ鳥渡る : 宮坂静生
〜〜動体視力衰えるとも

9・7
ドトールの前を消防車が通る赤い光が一瞬届く : 川谷ふじの
〜〜最大風速みえないけれど

9・6
一日はおまけのごとし茸汁 : 宇多喜代子
〜〜天変地異のあわい青空

【 タイム食句】 09・01〜09・05

9・5
わたくしが切り落としたいのは心 葡萄ひと粒ずつの闇嚥む : 大森静佳
〜〜種無しの不実を責める目隠しで

9・4
うつくしや野分の後のたうがらし : 蕪村
〜〜信号垂れて三色の実を

9・3
桃食めばひとつの種が残りたり 考えていることがあるのだ : 萩原慎一郎
〜〜合掌の形をまねている食後

9・2
鳥食みに似てひとりなる夜食かな : 能村登四郎
〜〜カップかチンか二者選択で

9・1
父の眼底出血、無花果の結実、終末の相ふたつとも慶し : 塚本邦雄
〜〜デスマスクに過去世の見ゆるコンタクト

食句塾 9月例会

食句塾 9月例会

・おつまみ渇くビールおつまみ乾く : 飛白
おつまみたべる、のど渇く、ビール飲む、またおつまみ。乾いてる
この流れ。やはり句読点をいれないと読み取れない。

・犯人のように踊に戻りけり : 主水
脱走犯を連想させる。また踊りの輪にはいりたいけどはいれない心理。

・すいか割る前いい予感しかしない : 酔象
晴れ男。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回 10月例会

10月7日(第1日曜)
兼題:: 塩 ・ 座

+++++
季刊誌 秋号
締切 9月20日
合評会 10月 第3日曜

 

 

 

 

【 タイム食句】 08・26〜08・31

8・31
秋風やひびの入りたる胃の袋 : 夏目漱石
〜〜キャットフードに腎臓疾患

8・30
口内炎は夜はなひらきはつあきの鏡のなかのくちびるめくる : 内山晶太
〜〜いつのまにか赤恥の澱うらがわに

8・29
わかつて欲しい口内炎があることを : 北大路翼
〜〜季節がうつる血も入れ替えて

8・28
抜き取った指輪孔雀になげうって「お食べそいつがおまえの餌よ」 : 穂村弘
〜〜 JAXA(ジャクサ)裏のごみ箱あさる文化人

8・27
西瓜割れば赤き夜空と出会ひけり : 青山茂根
〜〜涙の形の黒き含羞

8・26
地底人実在説をとなえたる分厚き本を食卓に伏す : 山川築
〜〜鎮魂に手羽先カレー供えたり

【 タイム食句】 08・21〜08・25

8・25
すいかバー西瓜無果汁種はチョコ : 榮猿丸
〜〜赤いスープにバジルシードを

8・24
ひとりでも生きられるから泣きそうだ 腐り始めの米は酸っぱい : 坂井ユリ
〜〜ど腐れの声に向かいて発酵す

8・23
梨むくや夜空は水をふゝみをり : 小川軽舟
〜〜豊かの海に舟を編む人

8・22
並盛と言ってもかなりの量がくるしきたりを受け入れてわれらは : 工藤吉生
〜〜つゆだくをさりげなくいうできないよ

8・21
枝豆の跳ねてかくれし忍者ぶり : 丸谷才一
〜〜ゲリラ戦なり兵糧攻めに

【 タイム食句】 08・16〜08・20

8・20
桃うかぶ暗き桶水替うるときの還らぬ父につながる想い : 寺山修司
〜〜夜通しに男の厨昆布煮る

8・19
新涼の水の重たき紙コップ :  山本紫黄
〜〜二日酔いなる錫のぐい呑

8・18
ひまわりの種テーブルにあふれさせまぶしいぢやないかきみは癌なのに : 渡辺松男
〜〜眠り間に太陽熱を蓄電し

8・17
猿のように抱かれ干しいちじくを欲る : 金原まさ子
〜〜難民のフィグ奪いむさぼる

8・16
熟れてなほ青々として芒果(マンゴー)はレインボーフラッグとならんでゆれる : 小佐野彈
〜〜溶け合えば漆黒となる色襲ね

【 タイム食句】 08・11〜08・15

8・15
敗戦の日の夏の皿いまも清し : 三橋敏雄
〜〜あらかじめヒビ欲望のため

8・14
空に往きし兄たちの群わけり雲わけり葡萄のたねを吐くむこう : 平井弘
〜〜黙りあう反動長き黙りあう

8・13
敵側のスタンドにゐてかき氷 : 岡田由季
〜〜言はれて困る優柔不断

8・12
アウトサイダー・アート展覧会見たるのちのカフェにて出さるる真水 : 惟任将彦
〜〜バイアスのかかっていない前置きを

8・11
敗戦日いつも求肥はぐにゅぐにゅと : 池田澄子
〜〜語らずにゐる聞かずにすます


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3