Archive for category 短歌・俳句周辺

【 タイム食句】 04・21〜04・25

4・25
青海苔や水にさしこむ陽の光 : 正岡子規
〜〜明石の蛸の目鼻立ち良き

4・24
もみ殻に埋もれてゐたる乾物屋の鶏卵(たまご)をおもへ糞まみれなる : 島田修三
〜〜食いもんの製造工場4次元へ

4・23
みんなあほ蛤の舌出っぱなし : 小林苑を
〜〜かしこあつまり気にしてる砂

4・22
骨壷は青天の色あたらしき臘酒をみたしわが前にあり : 塘健
〜〜六道を巡る一夜のみそかごと

4・21
蕨手は夜見の手それも幼き手 : 高野ムツオ
〜〜黄泉の底からのぞく目ン玉

聚楽庵句会、久々に参加

聚楽庵句会、久々に参加。
『里』凄腕の面々も勢揃い。

いつもの虎ちゃんフルフルコース。
大原朝市買出しの摘み草がうれしい。
野蒜、こごみ、土筆、嫁菜、蒲公英。
<季語を料る献立>がコンセプト。

落書きシャツの牙城さん、
よおく見たら、「電柱に嘔吐三寒四温かな」
先日のトークショーでの翼さんのサイン。

今回の断トツぶっちぎり
* みんなあほ蛤の舌出っぱなし : 苑を

【 タイム食句】 04・16〜04・20

4・20
飮食のさなかましろき魚の肉に添いたる血管をはずしゆく : 内山晶太
〜〜夏近し解体新書弟と

4・19
鳥貝や打ちすゑられて蠢ける : 間村俊一
〜〜握る板前初心者マーク

4・18
われを叱り弟を叱り飽き足らず冷蔵庫叱るけふの母親 : 岩﨑佑太
〜〜有精卵復讐するは割れにあり

4・17
甘皮を剥いてあらゆる日永かな : 大塚凱
〜〜変態脱皮なんども許す

4・16
実体もないのにここで生きてゐる午前一時の尿意がリアル : 大塚ミユキ
〜〜透け肉の幽霊太き管で立つ

【 タイム食句】 04・11〜04・15

4・15
会うてすぐ水菜を食べて寝てしまふ : 生駒大祐
〜〜コンビニにでかけたまま二年

4・14
資料室で人差し指を糸状菌培養液に漬けている司書 : 橘一洋
〜〜クマグスに奉仕する日々光避け

4・13
もののふの耶蘇蛆たかり肉薫れ : 高橋睦郎
〜〜えりまきとかげ誇り高きに

4・12
生き延びてしかも明日さへある奇蹟 妻と二人の食器を洗ふ : 太田二郎
〜〜獣の血テロに気づかぬ厨ごと

4・11
食べる草食べない草に風光る : 曽根主水
〜〜ポリコレ疲れまだたんぽぽぽ

【 タイム食句】 04・06〜04・10

4・10
はうれんさう菠薐草はぜつたいにホーレン草ではないのよポパイ : 照屋眞理子
〜〜オリーブはブラック好きのマイノリティ

4・9
のどけしや父飲食の喉ぼとけ : 高田正子
〜〜上になったりお辞儀をしたり

4・8
公園に満ち溢れたる人間の家族の食ふを鳥は瞰(みおろ)す : 徳高博子
〜〜百千鳥花見でつつく幕の内

4・7
貝類のこぞり舌出す蜃気楼 : 能村研三
〜〜父と息子のいびき共鳴

4・6
夢の世をいちごはうめえぞただ喰らへ閑吟集よりいちご大福 : 沢田英史
〜〜ただ狂へさればバランス正に振れ

【 タイム食句】 04・01〜04・05

4・5
食べることのしんじつみんな食べてゐる : 山頭火
〜〜大喰ひの罰受け拒食症

4・4
汁碗に盛る牛の骨つかみてはしゃぶり飽かざり台湾乙女 : 真野少
〜〜塩つまむ手癖で知れる異民族

4・3
肉声として春昼の咀嚼音 : 小西瞬夏
〜〜いろはにほへと濁点つけて

4・2
丁寧語敬語にてものを言ふ会の酒不味ければはやばや帰る : 秋葉四郎
〜〜ウコン力借りてどうする呑まれろよ

4・1
かも南蛮とつぶやけば鴨みな去りぬ : 関悦史
〜〜クミン加えてインド寄り道

食句塾 春の吟行

食句塾 春の吟行

ユニーバーサルスタジオと海遊館、2大観光スポットをすぐ横目に、
天保山渡船場から川を渡って天保山公園で地味に吟行。

・湾岸OB大木桜占領す      : 弥華藍
・市職員守る渡船場さくらあり : 果風
・鳥の巣の鳥の素のかお見てしまう : 主水

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食句塾 5月例会
5・6(日)
兼題 : レシート ・ 大阪

【 タイム食句】 03・26〜03・31

3・31
天国荘養老院に今年死者皆無 牛肉いろの煙突 : 塚本邦雄
〜〜ホスピス最後の晩餐の生肝

3・30
花待てとはつ筍のとどきけり : 久保田万太郎
〜〜菜の花ゆがきパスタゆですぎ

3・29
クルーズに単身参加する老女には帰るところあり 神聖な塵芥(ごみ)屋敷 : 松平修文
〜〜女王の欠けたトランプに蝶の屍

3・28
春昼や魔法の利かぬ魔法瓶 : 安住敦
〜〜スプーン曲げは風ひかるなか

3・27
仕事して呑んで眠つて何曜日か確かめて出すゴミが生活 : 田中槐
〜〜ダンボール廃品業者への偏愛

3・26
朝食の筍掘りに付き合へよ : 西村麒麟
〜〜獣の皮を真っ先に喰え

【 タイム食句】 03・21〜03・25

3・25
白菜を白菜がもつ水で煮るいささかむごいレシピを習ふ : 本多真弓
〜〜指二本イカのワタとる密かごと

3・24
すべて分かつた振りして春の油揚げ : 中山奈々
〜〜匠豆腐屋薄揚げに極む

3・23
影うすき芸人なりしが由利徹、八波むと志に喰はれむともせず : 島田修三
〜〜芸などといわず鼻毛をちらみせて

3・22
粒あんの草餅憶良にもやろう : 坪内稔典
〜〜うっかりたたって下流老人

3・21
あいあいと煮こぼるがに崩れゆきし双子のビルをおもはむとすも : 都築直子
〜〜おおかたのことメシの肴に如かず

【 タイム食句】 03・16〜03・20

3・20
三千世界にレタスサラダの盛り上がる : 岡田一実
〜〜ブラックホールよりエスプレッソ

3・19
マスクの先軽くつまんで風邪気味の味疎き口にガムねじり込む : 浜田康敬
〜〜街角の監視カメラで癖キャッチ

3・18
光る風映して曲がるスプーンかな : 五島高資
〜〜◯△□禅坊主

3・17
シリカゲル茶筒の中へシリカゲルおかきの袋からシリカゲル : 福島直広
〜〜Pにつき議論柿ピー消化不良

3・16
素志なくはなく新玉葱サラダ : 池田澄子
〜〜フレキシブルが取り柄と言えず


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3