Archive for category エンタメ

制作現場ドキュメント 2本つづけて

テレビ局の裏側云々、
権力の監視云々、
それは誰でも似たようなものが
つくれるけど、
ここには日本の現在が曝け出されている。

#さよならテレビ
#土方宏史

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日はテレビ局、
今日はAV撮影。
過激に消耗する制作現場ドキュメントを
2日続けてナナゲイで。
2作ともオススメ。

#村西とおる狂熱の日々

廓文章 吉田屋

★★
廓文章 吉田屋

仁左衛門のあかんたれに、まいった。

仁左衛門なら血まみれ凄絶の極みのインパクト。
真逆の役づくり。
玉三郎との口説だけを延々とする
この舞台、最高。
夕霧のバック、床の常磐津がいい。
歌舞伎はストーリーが無い演目にかぎる。

歌舞伎ー1

#仁左衛門
#玉三郎
#廓文章吉田屋
平成21年歌舞伎座



 

おかえり寅さん

01/03

1)おかえり寅さん
ただひとり風の音聞く大晦日 : 風天

渥美清は風天の俳号をもっていた。

〜困ったことがあったらな、
風に向かって俺の名前を呼べ〜

映画の中で何度もこのセリフが
繰り返された。

寅さん映画とは初詣のような感覚。
しかし、今回の寅さんの集大成には
長い時間を思い巡らす要素が層として重なって
映画というジャンルを改めて考えさせられた。

#おかえり寅さん
#渥美清
#山田洋次
#風天
映画 2020-1

2)弥次喜多 新年1回目。
新世界の酒の穴で梅焼きのおでんなど。
*弥次喜多 2020-1

Sorry We Missed You

目覚めたら身体が映画モード。

棕櫚が刈り上げ〜、新北野公園を抜けて、
シアターセブンで森達也の311。

新梅田シティのクリスマスツリーを素通りして、
ケン・ローチの
Sorry We Missed You

真山隼人、連続 <忠臣蔵>12席

真山隼人、
今日から3日連続 <忠臣蔵>12席。
初日、連続隼人の4席目になると、
聞いている側も身体が共振してくる心地よさ。
浪曲界にこの若さ、
待ってました!

三味線は沢村さくら。
このアオリがたまらん。
文楽も太棹がまず一番ポイント。
浪曲もリードはここにあり。

#真山隼人
#沢村さくら
#浪曲大忠臣蔵
#シアターセブン

雀太:八五郎坊主

雀太:八五郎坊主
喬介:家見舞い

ホール、でかすぎる。
その分、雀太師匠、
珍しく枝雀ばりのオーバーアクションで。

NHK 2月20日(木)
放送予定

江之浦測候所

光学硝子舞台、
お能の橋掛りで仕舞を。

たまたま、新しい神社を設ける作業で
杉本さんがおられました。

茶室「雨聴天」
〜日々是口実

三角塚
見過ごしてしまうけど、
石室のなかに、ガーゴイル。

江之浦測候所、
見所満載。
直島の護王神社の
地下から光の階段を見上げた時の
荘厳された時間がここにも再現されている。

藤蔵、山科閑居の段 @11月文楽

藤蔵、フルスロットルのセッション。

文楽、なにから見たらいいの?
これ、九段目山科閑居の段だけでいいから
まずオススメ。
全部見なくても、 5時から70分だけ、2000円。おもしろいよ。

#鶴澤藤蔵
#豊竹藤太夫
#仮名手本忠臣蔵
#山科閑居の段
#国立文楽劇場
#令和元年十一月

浄瑠璃作者、近松半二を描いた大島真寿美の本が
直木賞獲得。
門左衛門は知っていても、半二who?
江戸時代のエンタメ歌舞伎、文楽が面白い。

森達也:新聞記者ドキュメント

オウム、佐村河内を扱った森達也が、
望月衣塑子をどう撮るか。

「新聞記者」をプロデューサー河村光庸は最初から
ドラマとドキュメントの両面でスタート。
アフタートークは聞き手のリードで
中身のある時間に。

ナナゲイでは、12月に森達也監督特集も決定。

心中天網島  11月文楽劇場 第1部

ダメ男ほどなぜモテる。
曽根崎心中の醤油屋の徳兵衛はエロティックで一途やけど、
心中天網島の紙屋治兵衛にそんな魅力はない。
勘十郎の人形遣いは、
その浅はかで薄っぺらでキンタマ小さい男の
性根をやり過ぎぐらいにわからせてくれる。

走り書き、謡の本は近衛流。野郎帽子は若紫、
悪所狂ひの身の果ては、かくなりゆくと定まりし。

道行名残の橋づくし
大江橋、難波小橋、堀川、八軒屋、天満橋、
近松のリズムで道急ぐ。
この辺りで生まれ育った身としては
リアルに映像が浮かんでくるから面白い。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3