Archive for category エンタメ

新作浪曲「2分45秒」: 真山隼人

超お手製浪曲CD、
この局面でこの動き。
まずはスピードある時代への対応に喝采だ。
カバーは手折り、さっとイラスト漫画。

浪曲のほかにボーナストラック
新作浪曲「2分45秒」がサイコー。
ネタばらしは野暮、ヒントは<4分33秒>
今まで本格浪曲に邁進、
ウケ狙いの新作には手を出さないタイプの隼人、
う〜〜ん、こんな土壌もちゃんと蓄えてるんや。
これから10年20年の浪曲は逞しいぞ。

#真山隼人

榎忠のすべり台 ・ 「三島由紀夫vs東大全共闘」

1)ドキュメント「三島由紀夫vs東大全共闘」
2)この舞台となった駒場900番教室で、
森村泰昌はマリリンになりきった。
3)映画上映までの待ち時間、
尼崎記念公園で榎忠のすべり台(1986)
で遊んだ。子供たちに大人気。

コッポラのアポカリプス・ナウ

コッポラのアポカリプス・ナウ。
40年ぶり。もう立てなくなります。

IMAX 音響。
ワルキューレ効果の爆撃は言うまでもないが、
戦場のメコン河サーフィンの狂気よ。

ベトナム戦争からアメリカは疲弊したまま、
日本はさらに闇を深く
<陳腐の黙示録>と成り果ててしまった。

世沙弥寄席:ナオユキ

世沙弥寄席:ナオユキ
志生太のバケツドラム・パフォーマンス
を前座に、そろりそろりと毒の世界へ。

2部終了後は3部フリータイム。
〜〜芸人は最後は笑いでケリつける。
美術にもし突っ込んでたら、
狂ったまんま出てこられへんようになってたわ〜〜
・・・肌ツヤツヤ、不思議。

MIDSOMMAR

おお。あまりに濃厚接触すぎる。。。
MIDSOMMAR
スウェーデンの<夏至祭>

監督はアリ・アスター。
「神々のたそがれ」のアレクセイ・ゲルマンや
ケンラッセルに迫る過激氾濫映像。

村の小屋に描かれた絵が、
ヘンリーダーガーを思わせて怖い。

海老蔵 勧進帳

京の春雨というより、春一番ふくみのお湿り。

五月に襲名を控えて最後の弁慶。
ヤンチャ海老蔵が團十郎白猿に、
という歌舞伎役者ならではの黄金伝説路線があったのに、
ここ数年で急カーブ、善きパパになってしまって残念。

弁慶の飛び六方は海老蔵を持って至極とする。
弁慶の悲劇は團十郎以前のキワキワに相応しい。

「プリズンサークル」

むかしむかし、嘘しかつかない少年がいました。

「プリズンサークル」
監督:坂上香

「VICE」(2018制作)

wowowで「VICE」(2018制作) をみた。
チェイニー副大統領を主役に、
9.11同時多発テロからイラク戦争へと至る 時期の政権の裏側。
傑作だ。
実に恐ろしいエンタメ。
安倍政権裏側の群像劇を
10年後でいいから
悲喜劇としてエンタメ化してもらいたい。

<米朝・絹子とおもろい弟子たち>

米朝が亡くなって五年祭を松竹座でやっている。
<米朝・絹子とおもろい弟子たち>
絹子夫人は大阪天満菅原町の乾物屋、大店の跡取り娘、
私が落語に興味をもちはじめた40年前から
有名なエピソードである。
私はその天満菅原町にある小さな乾物問屋の息子である。
当然、ぐるりのいろんな仲間、長老に
これは一体どこの乾物屋さんなん?
聞いて回っても確かな答えが返ってきたことがなかった。
あらためてここではっきりせんと、なんや気色悪い。
今回の劇の原作は、廓正子さんの「なにわ華がたり」。
アマゾンでチェックしたら、古本9600円!
こらあかん、図書館へ行くしかないか。

ざこばさんは米朝の師匠である4代目米團治の役で
お元気な舞台。
そして、その内弟子時代のざこばには、今野浩喜。

「八光セレクション これでどうだ!」

毎日毎夜落語会は数多の小屋で開かれているが、
間違いなくおもろい人選企画は
「八光セレクション これでどうだ!」
今夜は5回目。
伝説といってもいい第1回からハズレ無し。
(毎回登場は雀太)

長くなるので、今回は米輝を。
腕力と容貌怪異を見事に我が物としてエネルギー噴射。
江戸の老舗を笑いネタにするマクラも秀逸。
上方若手にしかできないウィットでどんどんこのシリーズを
聞かせて欲しい。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3