Archive for category エンタメ

『ほかいびと』

『ほかいびと』
井上井月は山頭火、放哉の放浪俳句の兄貴分。
8年ほど前、駒ヶ根に引っ越した友人を訪問した時に
偶然この俳人のことを知った。
駅前の井月そばのことだけ記憶にあった。

ナナゲイ、上映後のトーク。
主演・田中泯、衣装・山口源兵衛、監督・北村皆雄
衣装の糞掃衣で大いに盛り上がる。

板橋文夫・パギヤん :『風まかせ』ライブ

魂が赤剥くれのまんま
ピアノの上を転げ回ってる
伝説の一夜となった。
NYよりベルリンより、すごいよ十三。

『風まかせ』でのライブ動画が
<松井寛子>さんのFBでUPされているので
是非チェック!!

板橋文夫・パギヤん・風まかせ

4月の文楽第2部 織太夫と藤蔵

4月の文楽第2部は三味線をたっぷり。
織太夫と藤蔵、
刺激しあい昇りつめる浄瑠璃と太棹。
床の真下の席、そこだけが
ブラックホールで異次元に吸い込まれた。

ラストの演目、ここでの清介は見事。
笑わせ弾ませ悲しませ、
三味線の振り幅が大きく、哀切を極める。

雪姫の縛り。
満開のさくらに埋もれ、舞い散る花びらで
悶えつつ鼠の絵を描くという
雪舟の孫娘の設定。

祇園祭礼信仰記
近頃河原の達引

雀太の会

雀太の会 @ 世沙弥寄席

一部:時節柄、貧乏花見でまず一席。
二席目、天狗さばき。
二部:花見に変わって、代書。
雀太きくなら、まずこのネタでしょ。
ますます磨きがかかる。

フリータイムは呑みタイム。
人と人の磁力の強さ。
関係がジグソーパズルのように
ピシピシはまって繋がっていく。
おもろい。

今回、雀太師匠は二回目。
一回目は使わなかった膝隠、見台、小拍子も
使いながらの四席、高座も誇らしい、ねっ。

『雪まろげ』

『雪まろげ』
高畑淳子 主演
森光子主演で当たりをとった舞台。
高畑淳子はいい女優。
柴田理恵、しずちゃん 脇の女優もいい。

『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』

『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』
ドキュメンタリー作品。

いつもフェルト帽をかぶったボイスの
無帽シーンあり。

アリューのサックス

アリューのサックス。
趣味で始めたとは聞いてたが。

30年来の友人、いっこも歳とれへん。
ご飯食べてるとこ見たことない。
意味のある日本語喋ったことない。
エイリアンみたい、やったけど、
ほんまのエイリアンやった。

アルトサックスといえば、
ジャッキー・マクレーンのLEFT ALONE
自宅に戻って久々に探し出した。

『句句句の会』初句会

『句句句の会』初句会 @ 世沙弥

後半の批評タイムの舌戦、
それぞれのキャラ剥き出しで、笑いっぱなし。
次は夏の句会をやろう、即決定。

浪曲の真山隼人

お江戸が講談の松乃丞なら、
上方は浪曲の真山隼人、彗星のごとく。

今日は十三浪曲寄席で
隼人自作の『また逢う日まで』

時代の流れにおもねらず、
客席の受けに媚びず、
堂々たる本流。
マイナーなジャンルを引き受けた覚悟が
若々しく颯爽としている。
沢村さくらの三味線の冴えが活かされた
見事な新作浪曲。

「ブラック・クランズマン」

「ブラック・クランズマン」
スパイク・リー監督が、
アカデミー受賞式で、作品賞がもう一つの
ブラック主役映画に決まった時に、
憤懣をぶちまけて会場を立ち去ろうとした。

1979年KKK潜入の実話。

2017年トランプはKKKを擁護する発言。
それを皮肉った雑誌の表紙。

ここ数年の日本を皮肉った映画として見ることも。
そんな空気にあっという間に。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3