Archive for category エンタメ

桂雀太、上方落語若手噺家グランプリ

桂雀太、グランプリ獲得。
おめでとうございます

<第5回 上方落語若手噺家グランプリ決勝戦>
今夜 9人の勝ち残りが競演。
21時に結果発表でした。

雀太さん、<粗忽長屋>のネタで獲れたのもよかった。
世沙弥で寄席をやりたいと考えたきっかけは
雀太の<代書屋>に衝撃を受けたから。
こんな若手の噺家の高座を是非みんなに
聴いてほしいと思った。

すでに、いっぱい賞をもらっているが、
これもきっちり押さえて、嬉しい。

藤蔵と織太夫 「菅原伝授手習鑑」

小学生と一緒に文楽。
大阪、すごいよ。

「菅原伝授手習鑑」
同じ演目を期間中に4組の異なる演者がやる。
藤蔵と織太夫の組み合わせを選ぶ。ここのところ
このコンビで続けて聴ける。有難や。7月もあり。

「五条橋」の竹本碩太夫。
千歳太夫門下、まだ2年前が初舞台の新人。
初々しい弁慶。いいぞ。

日本篆刻展

寺田和仁先生。
年1回のみやこめっせでは、
えらい遊んではるけど、
評議員の展示となると・・・

<聴蚓室> この號も粋。
わからへんけど、
むずむず気持ちよくなってきます。

@ 原田の森ギャラリー

国立文楽劇場で浪曲

国立文楽劇場で浪曲。
真山隼人
片割れ月ー切支丹秘話ー

24歳。それで入門10年目に。
浪曲界のイメージを変えて、鮮度抜群。
<世沙弥亭寄席> でも、
9月14日 独演会を企画してま〜す。
もちろん三味線は沢村さくら。

『ある少年の告白』

えー、ラッセル・クロウ
ちがうでしょ。
ラスト、原作実話の写真で、役作りに納豆納得。

矯正セラピー、
ある宗教の特殊な実態にビックリ、
なんてしない。
日本全体が今や矯正治療列島。
こういうのは気がつかないまま、なしくずし。

『ある少年の告白』
監督:ジョエル・エドガートン

『主戦場』『A3』

連休。
オウム  1995年
フクシマ 2011年

ポッテジー二の超絶技巧

食句塾仲間の三甫、
また別の顔、ヴィオリン弾き。
句会の翌日、豊中芸術センターへ。

コントラバス協奏曲 初めて聴いた。
19世紀、ポッテジー二の超絶技巧。
(ソロ演奏・田中寿代)

バッハのブランデンブルグ協奏曲4番。
フルートではなくリーコーダ二人で。

<バッハがこの曲を献呈した
ブランデンブルグ辺境王ルードヴィッヒ
の名前に由来している>。解説にある。
えっ?ババリアの狂王 ルードヴィッヒといえばワグナー。
なんでバッハがここで?
なんたら2世、8世、よおあります。それだけのこと。
10年ごとに、バッハとワーグナーの好き嫌いが入れ替わる。

ネットでじゃくったれ

エッジの効いた異端児同志。
芸能はそもそも異端。
その王道を往く。

#ネットでじゃくったれ
雀太、ナオユキ、今井洋之
2部の入りは<句句句の会>のことから。
次回が楽しみ。

ピエロック一座

ピエロック一座
小さなサーカス団が難波にやってきました。

春雨そぼ降るなか、たくさんの団員を統率して
団長一人で大奮闘。
バイオリン弾きながら、
バイオリン人形の弦の動きが滑らか。
文楽は一人を三人遣いやけど、
こちらは十人を一人でやり繰り。

それとは全く繋げてはないけど。
令和の初日、
昨日今日のマスコミの統制ぶり。
コワイ。
一人の操りで一億人が踊らされる時代の
花冷えではないか。

『ほかいびと』

『ほかいびと』
井上井月は山頭火、放哉の放浪俳句の兄貴分。
8年ほど前、駒ヶ根に引っ越した友人を訪問した時に
偶然この俳人のことを知った。
駅前の井月そばのことだけ記憶にあった。

ナナゲイ、上映後のトーク。
主演・田中泯、衣装・山口源兵衛、監督・北村皆雄
衣装の糞掃衣で大いに盛り上がる。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3