11・20
牡蠣啜りゐて板前の思ふつぼ : 鳥羽田重直
〜〜早よ焼きにして生のトラウマ

11・19
神経が死んでるらしい歯で米と野菜と肉を粉々にする : 二三川練
〜〜寒林をさまようて歯科レントゲン

11・18
鍋底の底の浅さを箸は知る : 三村凌霄
〜〜ほんとのこときょうはいわないで

11・17
わたしより重い臓器をつめこんだ男のひとと選ぶ白菜 : 田丸まひる
〜〜雨降れば末端肥大が悔やまれる

11・16
大人になるとにんじん畠にゐなくなる : 飯島晴子
〜〜赤にんじんは赤ん坊人