05/15

わが通る果樹園の小屋いつも暗く父と呼びたき番人が棲む : 寺山修司

 

05/14

竹の子や児(ちご)の歯ぐきの美しき : 服部嵐雪

 

05/13

我が酒軍おほよそ星の眷属になりてしばしば夜空を仰ぐ : 小角隆男

 

05/12

珍味な匂いに発情する異装の放課後 : 種田スガル

 

05/11

卵黄にたつ血紅もいやしまず愛にたくらむことある朝は : 安永蕗子