08/20

黒潮の大蛇行してゐるといふそりや時には途(みち)はづれたし : 伊藤一彦

 

08/19

山百合の花粉に汚れ谷を出づ : 青柳志解樹

 

08/18

聞くままにまた心なき身にしあらば己なりけり軒の玉水 : 道元禅師

 

08/17

われ病めり今宵一匹の蜘蛛も宥さず : 野澤節子

 

08/16

いつどこへ不時着しようともポケットにCD1枚「ラジオのように」 : 笹原玉子

〜 ブリジッド・フォンテーヌ