12/05

あな醜さかしらをすと酒飲まぬ人をよく見れば猿にかも似る : 大伴旅人

 

12/04

捌かれて鮪は赤き尾根をなす : 佐藤郁良

 

12/03

母死なせ生きのびしわれ死にしわれ寄り添ひて立つ自販機の前 : 川野里子

 

12/02

熱燗を酌み悪口は詩の如し : 小野あらた

 

12/01

乳兄弟、酒兄弟とかぞへつつ咽喉(のんど)さぶしや冬のふるさと : 塚本邦雄

〜天變の書(第十二歌集)