01/20

男たることのさぶしも一枚のフレンチ・トースト子と焼きていて : 三井修

 

01/19

河豚の臓(わた)喰べたる犬が海を見る : 橋本多佳子

 

01/18

深皿を何度拭いてもとどまれる水滴、これは誰のさびしさ : 田口綾子

 

01/17

冬の虹食べ残しなく旅に出る : 辻本青兎

 

01/16

香煎の匂ひしづかにただよへる祇園はかなしひとり歩めば : 吉井勇