03/25

蕗そらまめ花見箪笥にみどり添ふ : 大野林火

 

03/24

こののちの数億年を思ふときいちごの味の唾液湧き来る : 西田政史

 

03/23

春時雨おっつけ狐蕎麦がくる : 中原久遠

 

03/22

唐揚げと昆布巻きひとつずつのこる食卓 苦しいな家族は : 染野太朗

 

03/21

雲中の菩薩の匂ひ桜餅 : 坂内文應