伊丹で

伊丹国際クラフト展でお気に入りの酒器。

引取りついでに美術館。
『カリカチュールがやってきた!』
フライヤーがよおできたある。
7月革命の最中の風刺雑誌。
明治維新の河鍋暁斎あたりの
同時代性の比較展示もしてほしいところ。

庭に牧生さんの石。かっちょいい〜

【遭遇一句】 01・11〜01・15

0115
賀状うづたかしかのひとよりは来ず : 桂信子
〜〜柿衛文庫・桂信子賞10周年記念展

 

0114
あまりにも美くしきこと見せにける、夜の劇場をさみしみて出づ。 : 窪田空穂

 

0113
マスクして無頼の虫を封じ込む : 大道寺将司

 

0112
まだここに産まれる前の毛を生やし君は私の眼の前にいる : 百々橘
0111
冬空はすこしへりたるナフタリン : 阿部青鞋

【タイム食句】 01・11〜01・15

1・15

ささやかなえぐみをとれば食べられる草にちなんだ異称をもらう : 山階基

 

1・14

屋根瓦波打つよ牡蠣うまからん : 永田耕衣

 

1・13

なにに寄す乾杯か知らねむきあひてコップふれる音こごえ澄みゐき : 松平盟子

 

1・12

人間の海鼠となりて冬籠る : 寺田寅彦

 

1・11

口内炎大きくなっては増えている繰り返すこれは訓練ではない : 穂村弘

<紅はるか> 前西農園

和歌山、紀美野町の
前西農園さんからお芋。

傑作だって・・・もちろん味が。

<水軒金時>に続いて<紅はるか>
貰うもんは何でもうまいけど、
ほんまにホクホク、しとぴっちゃん。

世沙弥寄席 〜ナオユキの会

世沙弥寄席
ナオユキの会

ナオユキ初体験が約半数。
しょっぱなから、それぞれの笑笑のドツボに
ピンポイントで。
〜帰りに思い出し笑い、
コメントもたくさんいただきました。

10人だけの贅沢な時間、
またやりまっせ。
次回は、ちょっと曲者ネタを無理強いしてみたい。
お楽しみに。

JR 塚本の会『緑色研究』

蝶ネクタイの塚本邦雄。
愛用されていたので、そう珍しくも無いんですが。

JR 塚本の会
第5回は『緑色研究』
<半音階的ワーグナー論>の一章へのオマージュとして、
オペラをバックに流しながら。
@ 世沙弥

・資料:『短歌』1961年10月号
(太田一廣氏所有)

【遭遇一句】 01・06〜01・10

0110
トイレットペーパーをいつも取り替えるめぐり合わせはわれに多かり : 浜田慶敬

 

0109
冬眠の隣り若山富三郎 : 曽根主水

 

0108
ともだちはみんな雑巾ぼくだけが父の肌着で窓を拭いてる : 岡野大嗣

 

0107
人類の一人ひとりに塔立てる : 和田悟郎

 

0106
何者か我に命じぬ割り切れぬ数を無限に割りつづけよと : 中島敦

【タイム食句】 01・06〜01・10

1・10

宇宙精神研究所の茶碗蒸し : 川名つぎお

 

1・9

ハム薄く切りつつぞをりちひさなる豚の瞼のごときも切りたり : 葛原妙子

 

1・8

おでん屋の神棚据ゑのテレビかな : 榮猿丸

 

1・7

百億円の兵器なら一人百円か アボカドの黒き実を選びおり : 吉川宏志

 

1・6

大いなる舌が天(そら)から垂れさがり : 真鍋呉夫

シュヴァンクマイエル 短編集上映

シュヴァンクマイエル
<シュルレアリスとの軌跡>と銘打って短編集。
予告編始まったギリチョンで飛び込んだら、知ってる顔。

RED MUSEUM で買うた版画、大傑作。思い出した。
しばらく倉庫で寝てるんで、3月の展示替えに。

安永正臣 <虚ろなもの>

安永正臣さんの<生き物>がやってきました。

釉薬やガラスを使って形をつくり、
砂や山土に埋めて焼成。
出土品の風合い。

ちなみに、隣りは、宮永愛子さんの作品。
ナフタリンですね。
共に、虚ろなるもの。

<世沙弥コレクション ー2019>


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3