【遭遇一句  −2020】2020/10/21~10/25

10/25

どのをんなにも匂ひのなかつたことをめうにおぼえて退院

する : 平井弘

 

10/24

短夜や人にふたつの水晶体 : 小暮陶句郎

 

10/23

あふみの海磯うつ浪のいく度か御世にこころをくだきぬるかな : 井伊直弼

〜彦根城に歌碑。1860、江戸城桜田門外で凶刃に倒る。

 

10/22

片桐夕子のその後知らず桐一葉 : 照屋眞理子

 

10/21

ちょっとどうかと思うけれどもわたくしにわたしをよりそわせてねむります : 斉藤斎藤

【  タイム食句 ー2020  】2020/10/21~10/25

10/25

秋風や痢してつめたき己が糞 : 飯田蛇笏

 

10/24

もの言わず朝より食わずいる一日亀が沈みてゆきし幽明 : 伊藤一彦

 

10/23

梨を剥くひびきは部屋を剥くひびき : 鴇田智哉

 

10/22

飲み屋より酔ひて出づればこの星の分霊のごと月浮かびをり : 高野公彦

 

10/21

爽やかにゆで肉だけの中華そば : 上田信治

「私の肖像」 内倉真一郎

写真家とは宿痾である。
「私の肖像」 内倉真一郎
表紙の少女、タイトル、
写真集を開くまでの巧みな心理の仕掛け。
他人が被写体として映し出されていく。
繰るうちに、風土であり、血族であり、
<私の>キーワードがあぶり出されてくる。
なぜかわたし脱がされちゃいました。。。

阿倍野どっぷり

阿倍野どっぷり
1)ハルカス美術館「奇才」:
⑴高井鴻山・妖怪図(北斎晩年の弟子)
⑵蕪村・寒山拾得図
⑶国芳・東海道中膝栗毛三島宿図

2)食句塾 秋号合評会
お八つは、あん庵(羽曳野)のアマエビ

3)ハルカス前
れいわ新選組 街頭演説

ココルーム・ブックカフェ

釜ヶ崎、通天閣ぐるりのクリーン観光客と
萩之茶屋あたりのディープ住人に二分された感あり。
ココルームはディープゾーンに立地。
庭では釜ヶ崎のおっちゃんたちの紙芝居劇。
室内のピアノではご婦人二人の連弾が突如始まり。
行く度に何が起こるか予知できない。
そんな奇妙なブックカフェに
次々とビッグな大先輩がのぞきに来てくれました。
ここのルールに従って、
酋長とフジムー、それぞれに本を一冊進呈。
酋長からはご自身秘蔵の写真集を寄贈していただいた。
このルール、いいと思いませんか?
みなさんの本棚に眠っている貴重な本。
いつか読み返す・・・はずないです。
アマゾンで高い価格がついてる・・・でも古本屋さんに行けば
どんだけ安い評価にゲンナリ。
本を人から人へ回して活かしてあげよう。
特に、写真集、絵本、料理本、詩集。

【遭遇一句  −2020】2020/10/16~10/20

10/20

茸山より多毛の僧侶降りてくる : 柿本多映

 

0/19

<生まれたらそこがふるさと>うつくしき語彙にくるしみ閉じゆく絵本 : 李正子

 

10/18

流人墓とふ一塊の面洗ふ : 河合翠胡

 

10/17

この国に生まれてわたし青空の青のごとくに異教徒でした : 佐藤弓生

 

10/16

ふんだんに星糞浴びて秋津島 : 谷口智行

【  タイム食句 ー2020  】2020/10/16~10/20

10/20

重ねられ運ばれてゆく皿と皿あいだに皿の影をはさんで : 鍋島恵子

 

10/19

浮いてきて水蜜桃の重さかな : 冬野虹

 

10/18

疲れたなあと肝臓が言へば俺なんかもつとひどいと脳が応へる : 永田和宏

 

10/17

青くても有(ある)べき物を唐辛子 : 芭蕉

 

10/16

ぼくの持つバケツに落ちた月を食いめだかの腹はふくらんでゆく : 佐佐木定綱

ワタナベ彫刻展

1)神様がブラックホールから飛び出してくるときは
宇宙服をつけて。コロナ対策も兼ねてます。
2)OH NO!  煩悩。。。右目、左目、彫り別けリアル。
3)マイ素戔嗚尊はこんな奴。
大阪上空に、愉快な空域が出現。
ビルの11階だから、ほんと上空ですよ。
@ ギャラリーwks.
そうそう、作家の名前を忘れてた。
「ワタナベ」
これしか情報はありません。

最後の蕎麦喰い、5軒目

トイレ事情がその国の文化度を示すというなら、
日本は少なくともこのジャンルだけは
上位に食い込めるのでは。
北海道やじきた道中の最後は新千歳空港。
美しいトイレ。
デザインを維持する清掃スタッフに拍手。
出発時間待ち。最後の蕎麦喰い、5軒目。
蕎麦前は北寄貝の刺身。
酒は、増毛の北海鬼ころし。
殺されそうになって、〆のそば。
こういう店のざる蕎麦も捨て難いのだ。
ちなみに今回のPeach、
関空から釧路:3,000円
新千歳から関空:4,500円
早割りでビックリの安さ。

葱胡椒蕎麦 : 蕎麦喰い旅4軒目

札幌ターミナルビルでは<ピリカ>がお出迎え。
流政之さんの黒御影。このモチーフは珍しいのでは。
蕎麦喰い旅は4軒目突入。
蕎麦前に、寄せ豆腐イカの三升漬けのせ。
青唐辛子(激辛)と麹と醤油が1:1:1。
お蕎麦も<葱胡椒蕎麦>
せいろに温かいつゆのタイプと
かけ蕎麦タイプの両方ともこれは好みです。
<まるきBLANC>のワインをのみながら。
現存する日本最古のワイナリー、だそうで。

Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3