アトリエインカーブ シンポジウム

アトリエインカーブ
設立15周年記念シンポジウム
<障がいのあるひとの創作と市場>

障害者の害は、
当該者にあるものではなく、
伸びようとする芽を摘んでしまう
社会の側に在る問題。
福祉は弱者救済のためだけではなく、
障害を取り除くために活用されるべき。
(松井彰彦教授の基調講演)

びっしりの会場には、
アート関係、福祉関係、教育関係が
それぞれ三分の一という刺激的なシンポ。

【 タイム食句】 09・21〜09・25

9・25
秋の夜や紅茶をくぐる銀の匙 : 日野草城
〜〜子宮からみた記憶くきやか

9・24
御徒町トイレの鏡 酔ひふかきわれは似てゐる中尾彬に : 坂井修一
〜〜見も知らぬジジイが我と認証さるる

9・23
カステラが胃に落ちてゆく秋の昼 : 大野林火
〜〜夜の煮魚新生姜添え

9・22
良寛の毛剃り頭に触るるごとまろき漬物石を撫でたり : 高野公彦
〜〜新涼に禿つかみたり信号待ち

9・21
失恋や御飯の奥にいなびかり : 高山れおな
〜〜埋み火ふかく内臓脂肪

秋のつけ麺 @神崎川

むかしむかし、
道頓堀の馬券売り場の裏にありました。
もう今はどこの国かわかりません。
このおうどんやさん、だいぶん前に
神崎川にお引っ越しされてました。

〜秋のつけ麺できました
とり汁つけうどん

麺打ちジャンルも、若い頃から
カリスマともてはやされると、シンドイはず。
あと10年後、どこでどんなうどん打ってるやろ、
こっちは歯なくなってても、
うどんぐらいは噛めるやろ。

TENGA へのツッコミ

TENGA へのツッコミ、
お客様からはじめて受けた。

そもそも目線のいかないところ。
そもそもこれは ???

『天才でごめんなさい』はもう5年前か。

宴会 3500円〜   50名様までOK!
こんな店の蕎麦は絶対まずい。

絶対なんて、ないんですね。
豊田の田舎町、いや立派な地方都市の駅前。
鴨つけ蕎麦。
玄挽き細切り、お見事。

雑誌のそば特集では絶対?紹介されることは無いだろうが、
優れた蕎麦打ちに偶然出会える幸せを噛み締めて酒がすすむ。
酒は、鳳凰美田(栃木)

国際陶磁器コンペティション 

賞金1000万円の国際コンペ。
審査員には、メトロポリタンやファエンツァなど
伊仏米の3名の美術館キューレーター、
さらに奈良美智、中田英寿など。

結果、グランプリは無し。おっとっとっと〜〜

山田浩之の巨大な根っこと土。
ほかにも爆破現場の穴窯、ドローイング連作、
着物などの異色も含め入賞作140点がならぶ会場。

しかし全体からたちのぼるオーラがない。
立体インスタレーションの素材である陶から
未知なるものが顕れてくるとか、
想像すらしなかった越境行為があるとか。

【 タイム食句】 09・16〜09・20

9・20
焼き上げし秋刀魚より抜く直線の骨美しき秋となりたり   : 高橋爾郎
〜〜風葬へ灰干しの喉うず高く

9・19
草の露吸うてすげなき朝なりけり                            : 沼尻巳津子
〜〜さっきまでみた夢のあとさき

9・18
梨食ひて梨の時間の流れたる何ごともなきゆふべなりけり  : 荻原裕幸
〜〜しりしりと恥ぢらひ肌に沁みわたる

9・17
アラーム泣く観音開きの冷蔵庫             : 大城あつこ
〜〜おおかみが来るなら闇鍋に

9・16
ヨカナーンの首もなければ古伊万里の皿はしづかに秋風を盛る : 照屋真理子
〜〜月影に猿女舞ふうちオペラする

奈良美智 展

〜〜 自分の描く絵はすべて、
形のない音楽のためのアルバムジャケット
だったんじゃないかなぁと、ふと思う 〜〜

最初の部屋では60〜70年代の曲が流れて、
ジャケットが壁一面に。

〜〜 日本での回顧展的なものはこれが最後になる 〜〜
奈良本人がつぶやいてる。

トヨタまで、
ちょっとセンチメンタル・ジャーニー気分に。

ザッツ尼崎 ごぼう天ぶっかけ

ごぼう天 冷やしぶっかけそば

<季節限定>て書いたるけど、
ごぼうって冬の根菜やね。
そうしたいんやったら、
ごんぼのささがきに夏野菜のコーン🌽と枝豆のかき揚げに
したらええやんか。
それせんと、客の突っ込み待ってる
大将の大雑把さが人気の秘密。
ザッツ尼崎。

セルゲイ・ポルーニン

ユーチューブで「Take Me To Church」を
踊ってるのを見ているが、
ボディアートにみえていたのは、
本格派の刺青だと映画で初めてわかった。
ニジンスキー、ヌレエフ、ポルーニン、
ダンサー伝説は50年ごとにつくられる。
赤江瀑の『ニジンスキーの手』に昂奮したのも
もう50年前か。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3