松浦司に 円空の魂をみた


木の股をまっぷたつ

神々しい光がこぼれてきた

木の精霊をよびさましたか

岩に、草花に、小鳥に、蛇に、
自然の精霊たちが宿っている

300年前、
日本の時空を漂白しつつ
10万体の仏を無雑作に彫り出した男がいた。
いま、21世紀の彫師・松浦司に
円空の魂をみた。

古池や死んだふりするアマガエル

古池や死んだふりするアマガエル

アトリエ Tsukasa の裏にまわると、
蛇が青蛙を飲み込んだばっかりのシーンに。
蛙は蛇の頭の5倍ほどある。
あれを丸呑みするのか!
落語、蛇含草ではないか。

蛍狩り

蛍狩り
綾部は上林川の上流

川面より舞い上がった蛍が
上空高く乱舞。
暗い森が光にゆらゆら揺れる幽玄の怪。

すれ違いざま、影の男がぬっと腕を突き出す。
握った拳から蛍が飛び上がる。
手づかみ、次から次と、
裸の胸に飛び込む。
レースの服にとまって宝石となって光つづける。

ここでは、川をみおろして蛍をみるのではない。
空をみあげて蛍の光を追っかける。
星の煌めきと蛍の点滅が交差して、
天の川が蛍川になっている。
北斗七星のひしゃくで金魚すくいならぬ
蛍すくいの経験ができる、まさに幻想の世界。

求愛のためにお尻をひからせて飛び交うなんて
あはれ、あはれ。

【 タイム食句】 06・16〜06・20

6・20
向き合うてふつと他人やかき氷                               : 津川絵里子
〜〜ほほえみながらタガが外れる

6・19
家いでてわれは来しとき渋谷川に卵のからがながれ居にけり : 斎藤茂吉
〜〜時々は豚時々は屍体流れ

6・18
国民は自分の甲羅を分泌す                                           : 関悦史
〜〜バケモノたちの剃毛タイム

6・17
我慢してミートボールを食べている父になる性すべてかなしき : 野口あや子
〜〜抹茶味フルーツ男子蠅叩き

6・16
梅を噛む少年の耳透きとほる                                         : 西東三鬼
〜〜IT進化しのびなく棋士

<篆刻ワークショップ 第2回 in 世沙弥>

<篆刻ワークショップ 第2回 in 世沙弥>
彫る文字は、金文。
中国の古代、文字の始まり
商は紀元前15世紀
周は紀元前12世紀。

<歩>が足跡だったり、
<象>がそのまんまエレファントだったり。
これがおふざけの遊びじゃなくて、
ほんとに古代文字として記録されている。

寺田知了先生の文字の話がおもろくて、
どっぷりはまってしまうメンバー続出。
第1回のメンバーのなかでは、
そのあと寺田先生の篆刻教室に通いはじめた人も
でてきたよ。

泉州の水なす

泉州の水なすを頂戴する。

大阪天満で明治からの商売人の家で育った。
しかし、水なすなんてガキの頃は食べたこともみたこともない。
茄子は茄子、ふつうにお茄子の漬けもんしかなかった。
一体、いつごろから大阪名物になったものか?
1990年ごろ、
高級割烹の酒のつまみや、茶漬けの添えにでてきて、
なんやすかすかしてうまないなぁ。
そんな記憶が水なすのではじめのころである。

泉州にはもちろんむかしからあったもんだろうが、
栽培農家の収穫数量や流通面で、大阪のど真ん中までは
きていなかったようにおもうが。
それに比べて、八尾の若ごんぼはよくおかずになった。
もちろん、子どもはそんなもの嫌いだったが。
こちらも最近は大阪名物となって、うれしい。

『神の値段』一色さゆり

『神の値段』一色さゆり

現代美術作家、河原温がモデル。

難解なコンセプチュアル・アート、
考えられない高い価格が話題になる
奇々怪々のアート業界。

現代美術入門のタイトルがついた
ありきたりの評論家解説書より、
数段丁寧なガイドブックになっている。

本のタイトルと装丁が気に食わないが、
変に現代アートっぽいクサさを避けたんだろうね。

<花所望>


茶席のたのしみのひとつに<花所望>。

安永さん、村瀬さん、小林さんたち、
食事のあとせっかくだから、
じぶんたちのコラボ作品である
<侘び寂びサボテン>を
一番いい場所をみつけて飾り付けしてもらいました。

元永定正とコラボ。
もうひとつは、山岡敏明とコラボ。
どっちも、とぼけてサボテンにドンピシャ。。。

【 タイム食句】 06・11〜06・15

6・15
電子レンジは腹に銀河を棲まわせて静かな夜に息をころせり : 陣崎草子
〜〜あじさいを殺めるレシピ阿部貞流

6・14
天麩羅にソースをかけた薄暑かな             : 雪我狂流
〜〜紅生姜天五枚重ねに

6・13
君が代は相聞歌だと思うとき手のひらのうえ震えるプディング : 白井健康
〜〜ダイヤモンド45億むかしより

6・12
蝸牛やご飯残さず人殺めず                        : 小川軽舟
〜〜なめくじしくじり樹ににじりよる

6・11
地獄極楽絵図みせられても、だまってまな板のぬめりを洗う : 沖ななも
〜〜シャワー浴び神の指紋をぬぐふ夜

UWAGAKI : 山岡敏明

ボケとツッコミ

UWAGAKI : 山岡敏明

微妙に、上原浩子・・・わかるかなぁ


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3