Archive for category 食べ歩き周辺(食材・お店)

『美観地区』をはずれて蕎麦

倉敷はいい街。
だけどアノ『美観地区』という名称は、
いかにもどうも浅ましい。

このあたり蕎麦屋は3軒あるが、
やはりどうも落ち着かない。
大きな通りをこえて、ちょっとはずれに1軒、
これが大当り。
手打ち、ちょうど新そばになったばかり。
酒は地元の喜平。

10月号特集:食テーマの揃い踏み

10月号の特集が、食テーマの揃い踏み。
単純に食欲の秋だから?

美術手帖 :新しい食
現代詩手帖:詩と料理
A X I S :新しいおいしさ。

藤原辰史の論文が2誌に。
人間チューブ論(BT)
ポスト・フード(GS)

BTには本原令子の紹介記事も。

女蕎麦打ち師

女蕎麦打ち師。
まだまだ割合は少ないから
この言い方は許されるのかな?
( いまや美大藝大は女性比率が圧倒的やから、
男流画家、男流陶芸家、と差別?優遇?
される時代がすぐ来る)

変わりそばで<芥子切り蕎麦>を常時打っていた
珍しいお店が三宮にあったけど、そこで修業されたようだ。
お店の名前に一字もらってる。

お酒は花垣にごり(福井)

越前おろし蕎麦

越前おろし蕎麦 だけのお店が大阪にありました。
以前、北陸方面に仕事でいくことが多く、
そのたびに福井に寄ってあちこちの蕎麦を食べてました。

大根おろしは乗ってません。
越前の蕎麦は大根のおろし汁がベース。
そばつゆの手間無しで辛い汁で代用したんでしょうね。
器は鉢ではなく、皿です。
鬼皮ごとの挽きぐるみ十割。
どうよ、この無骨さ。
年季の入ったオーラあり。

二条城の白書院、黒書院

二条城の白書院、黒書院と周っていると、
白い蕎麦、黒い蕎麦が食べたくなる。
歩いてすぐにありました。
十割のせいろ。酒は壺中春(福島)。
カウンターの中でご主人が蕎麦を湯がく数秒の
後ろ姿をみながらの蕎麦前一杯はうまい。

帰りに名刺をもらってわかったのですが、
都のもっと北の方で長年やってきている蕎麦屋さん。
多店舗展開、それダメー。
蕎麦は蕎麦打ち人の人そのものを食べにいってるんだから、
からだは一つ、お店も一つでお願いします。

ざくろ、ことしも

ざくろ、
ことしもいただきました。
亭主も喜んどります。

野菜農園に仲間入り。

秋のつけ麺 @神崎川

むかしむかし、
道頓堀の馬券売り場の裏にありました。
もう今はどこの国かわかりません。
このおうどんやさん、だいぶん前に
神崎川にお引っ越しされてました。

〜秋のつけ麺できました
とり汁つけうどん

麺打ちジャンルも、若い頃から
カリスマともてはやされると、シンドイはず。
あと10年後、どこでどんなうどん打ってるやろ、
こっちは歯なくなってても、
うどんぐらいは噛めるやろ。

宴会 3500円〜   50名様までOK!
こんな店の蕎麦は絶対まずい。

絶対なんて、ないんですね。
豊田の田舎町、いや立派な地方都市の駅前。
鴨つけ蕎麦。
玄挽き細切り、お見事。

雑誌のそば特集では絶対?紹介されることは無いだろうが、
優れた蕎麦打ちに偶然出会える幸せを噛み締めて酒がすすむ。
酒は、鳳凰美田(栃木)

ザッツ尼崎 ごぼう天ぶっかけ

ごぼう天 冷やしぶっかけそば

<季節限定>て書いたるけど、
ごぼうって冬の根菜やね。
そうしたいんやったら、
ごんぼのささがきに夏野菜のコーン🌽と枝豆のかき揚げに
したらええやんか。
それせんと、客の突っ込み待ってる
大将の大雑把さが人気の秘密。
ザッツ尼崎。

冷やしささめきつね

池田にきたら、ささめうどん。
いつもはあんかけやけど、
きょうはまだまだ秋暑しで、
冷やしささめきつね。

谷崎の妻、松子さんが食べたことが縁で
ささめうどん。これって谷崎は知ってたのかなぁ。
短編『過酸化マンガン水の夢』なんてグルメからはいって、
エログロの極地、70歳でこれだもん、
とてもうどんに満足できたとは思えない。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3