Archive for category 食べ歩き周辺(食材・お店)

突然ですが5月に閉店します

「突然ですが5月に閉店します。
6月からシンガポールであらたなスタートです」

びっくり。20年の割烹繁盛店がなんで。

名残の蛍烏賊、河豚白子の碗蒸し、
走りの稚鮎、初鰹、そして最後に
ふだんは打たない蕎麦が特別に。
息子はタスマニアで植物園の園丁になってるとか。

ドメスティック大阪まで
デラシネの人々が漂流する時代に
知らん間になってたんや。

桜鯛の加太漁港

桜といえば桜鯛といえば、
そうだ加太にゆこう。

うろこの唐揚げ、酒がすすむ。
骨を煮込んだスープ、どうよこのコク。

〜〜 これどんな料理?なんてきかんといて。
とにかく食べてからきいて

〜〜 うちは鯛、加太は鯛の港やねん。
しらすばっかりほめんといて

漁師料理のプライドかけた女料理人、
まさに千両役者でごわす。

* 近海に鯛睦み居る涅槃像 : 永田耕衣

別格の蕎麦狂人

古墳をめぐりながらのお花見。
いにしえから散りつづけてきたような想いにとらわれるが、
染井吉野の寿命はわずか60年とか。

ふと見ると蕎麦屋の看板、名前に覚えがある。
もっと辺鄙なところにあったような。
くぐり戸をあけると、あっ、小柄なあの蕎麦打ち人。
最近、引越してきたという。
名人なんぞ安っぽくつかいたくないが、
やはり別格の蕎麦狂人。

荒挽き太そば、荒挽き細そば、
酒は桃川(青森)

窓からコインランドリーがみえる

春雨に灯る自販機濡れて立つ

通い慣れたビストロがしばらくお休みに。
通りに面した大きな窓から、
コインランドリーがみえる。
都会のややお疲れ気味のくらしを
3時間で切り取ったドラマがはじまる。
毎回違った主役が違った物語を演じてた。

ビストロシェフは腕を上げすぎてしまって
ドラマが似合わなくなった。
おめでたい改装である。

鮎うるか

<鮎うるか>がほしくなったので琵琶湖へ。

虫養い程度に、鮎の雑炊。
誘い水になって、あゆ寿司、
あっ、これも、あゆの炊き込みご飯に稚鮎の天麩羅。
腹ぱんぱんの子持ち鮎状態に。

熊男が熊の肉をしゃぶ

熊男が熊の肉をしゃぶ、してくれます。
猪の肉はしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶ。

猪は山野を駆け巡る猛々しい獣の味で
5回はしゃぶ。
熊は母なる大地の奥深い処に眠れる生き物の味、
とろける、しゃぶは1回だけ。
ちがうんです。

大阪は晴れ、比良はまさかの雪、霙。
季節の移ろいを食でたのしむ智恵。

なにも割烹やフレンチにでかけなくとも、
スーパーにも、芹はある、生わかめもいかなごも。
春キャベツ、しんじゃが、うず高く積まれてる。

郷土玩具の小幡人形(べこ)

五箇荘にはシーラカンスかピラルクのごとき
怪しげな鯉が群がる水路がある。
そんなケッタイな町並みにはへんな蕎麦屋がある。

ふるいお屋敷の大広間。
一番奥の床に土人形。郷土玩具の小幡人形(べこ)。
<手こね打ちうどん・手こね打ちそば>とある。
両刀使いのようだ。
ざるそばと釜玉を所望。
お酒をたのんだら、でたぁ〜
黄桜の二合徳利。

近江をたずねたら、おみやげは
<赤こんにゃく>に決まってるでしょ。

【なんもない塚本 〜〜⑯】

【なんもない塚本 〜〜⑯】

なんもないどころか
すっかりお騒がせの塚本になってすいません。

それではイメージチェンジに、
塚本駅前の豆腐屋さんをご紹介。

移動販売、毎週月、水の4時から5時の1時間だけ。

絹あげのやらこいこと。
焼き豆腐がこれまた絶品で
これをたべるために
朝からすき焼きなのだ。肉なんかいらねぇ。

金沢で春の蕎麦

「山が萌えはじめたら山菜、
海だって萌えて岩のりが採れるんですよ」

そんなセリフきかされたらたまらん。
岩のり蕎麦。能登の凛たる気が喉をとおりすぎる。
春なら、香り高い芹蕎麦も。
変わりそばはイエローの文旦切り。これはこれは。

金沢で春の蕎麦、かけつけ三枚。
萌え萌え〜

木成り八朔

紀州海南からの宅急便、
木成り八朔。
おっきいちっさい、
木からもいで無雑作に箱詰めしました感、
あふれてます。

ドレッシング、ポン酢、
氷砂糖をいれて、ちょいとすし酢のすしたろお〜〜

具なし、クレソンぼっかけのバラ寿司、
春の My Baby Baby Balla Balla


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3