Archive for category 食べ歩き周辺(食材・お店)

卓上には七味の小袋

蕎麦はやっぱり、
昔っから町にとけこんだ店が一番。
冷やしきつね。
お揚げさん、こうでないと。
ええお出汁しゅんでます感、
かっこつけたらあきません。

卓上には七味の小袋。
出前ちゃいますよ、
蕎麦屋さんで小袋、置いてます?
うれしいなぁ。
な、な、なんと、ビールは
サッポロラガー。
ヒャァ〜 美味い😋

秋田県立美術館

青森、十和田の話題の現代アートに隠れて
可哀想なのが、秋田県立美術館。
こちらは安藤忠雄設計。
戦争で<幻の藤田嗣治美術館>となった
秋田のコレクターの作品がごっそり所蔵。

秋田の蕎麦、つなぎは布海苔。
信州はオヤマボクチ、新潟も布海苔は多いかな。
なめこの冷やがけ、すすりつつ、
藤田の戦争時代、
そして戦後すぐ日本を棄てた心境を想う。

さくらんぼ漬ざるそば

むかしむかし、三越の大食堂で
フルーツパフェのてっぺんに缶詰めさくらんぼ。
あの恥ずかしさが蘇る山形のざるそば。
さくらんぼ漬がトッピング。

邪道の後ろめたさと
旅の恥はかき捨ての
B級グルメ感がたまらん。これ、ええわぁ。

酒は地元山形の和田酒造・月山丸。

うどんから差別されたが故の 逞しさ、美しさ

日帰り旅、
二時間あまり汽車にゆられ、
地方の美術館の少しとんがった現代アートをみて、
ちょっと疲れてお酒を一杯、お蕎麦をたぐる。

香川県が<うどん県>と名付けた失政の責任は大きい。
そのために蕎麦屋が隠されてしまった。
しかし、追いやられたことで蕎麦好きは
いっそう数寄者の密度が高まったようだ。
もりそばをたぐる音がすごい。
あちこちのテーブルから協奏曲のように響いてくる。
うどんから差別されたが故の
逞しさ、美しさのたたずまいに感動。

桜えびと牛蒡のかき揚げ、熱いかけそばで。
お酒は讃岐地酒、川鶴をいただく。

程よい酔いにまかせ、
二時間ほどのうたた寝で旅は終わる。

料理人、志村剛生

腹をさばくと胃袋から桜えびがボロリ。
さすが駿河湾のアジは贅沢なものを喰ってやがる。
その鰺の分厚い身を天ぷらで、むらさきを一滴。

海老の頭の横はなんだ?
なんと、海老の味噌だけを揚げてある。

スタートは山葵振る舞いから。
全ての動きに無駄がない、
派手なパフォーマンスの微塵もない。
伝統には絶えざる革新がなければおもろおない。
芸能、工芸のみならず、
料理のジャンル、天ぷらではさらに官能的だ。

料理人、志村剛生。
今年の <辻静雄食文化賞>を受賞。
同時受賞は藤原辰史。

茴香の花の香り

茴香の花の香りが舌に遊ぶ。
シェフは料理を作りながら、
青春時代を過ごしたプロバンスのこと、
気狂いピエロのことをつぶやく。
ゴダールはポルクロール島で
あの新しい映画の世界を創った。

シンプルな家庭の一皿のように見せて、
この料理人の覚悟が鮮やかに立ち上がる。

・青春は一瞬にして髭けむる
くちびるの端の茴香のoui! : 塚本邦雄

とぐろ巻く蕎麦

繁昌亭でお友達と偶然ばったり。
阿吽の呼吸で、蕎麦屋さんへ。
暑かろうが、スタートから当然日本酒でしょ。

気持ちいい落語会のあとは
おもろいアドレナリンが湧いてるんで
しょおもない話で盛り上がるは、酒がすすむは。
いい酒蔵の酒、次々に8種類ぐらい頼んだか。
文句なしに素晴らしい飲み屋さん、
ちょっと惜しいのは、せいろ蕎麦。

とぐろ巻くように盛ると、水切れが悪いっす。
しかも箸でつまむと輪っか状に。
ドーナツか。

にしんそば @ 神楽坂

痴呆が激しくなってからは、
美術館かギャラリーは一日一見にしてる。
そうはいっても、お江戸まで出てきたら、
ここもあそこも。
疲れきってお後の楽しみは・・・

神楽坂をふらふら。威勢のいい女将。
これは蕎麦屋には要らんけど、
今夜は身に染みてええ感じ。

にしんそばの鰊、
どうよ、この肉厚。
よお味がしゅんだある。
これだけでお酒2合はすすむ。
せいろで〆。
川端健太郎の器を蕎麦猪口使いに
してるお店は初めて。
そば切り、もちろん大満足。

宮島ビール

広島2大発見!
1)宮島ビール
ビール嫌いで
なに呑んでもとりあえずの水替わり。
しかし、これはうまい。
苦味が鮮やか。

2)福山そだち
くわい焼酎なのだ。
慈姑だ、クワイ。知っとるかぁ?
お正月に食べるよ、わたくしは。
マイナー度の高いこのクワイの日本一が
この福山なんだとさ。
このネタだけで酒のアテになる。
焼酎お代わりぃ。

小鰯のさしみ

小鰯のさしみ
いつもあると思うな!

毎年この時期の広島にくる楽しみは、
穴子でも牡蠣でもない。
広島湾のイワシ漁が解禁されるのが6月。
8月までの短期限定。
初夏の潮をいただくのだ。
半分まできたら、瀬戸内檸檬。
販売できない見栄えの悪い
レモンをしゅわっち。
興奮するなぁ〜


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3