Archive for category 食べ歩き周辺(食材・お店)

奈良でも蕎麦。

奈良でも蕎麦。
鹿にシカトされたんで、
観光エリアから外れた街場のお店に。
ご近所さんのひとり蕎麦で混み合ってる。
1玉でも2玉でも同じ値段。
迷わず蕎麦とうどんの相盛りを注文。
この場合は、そう、
これで2玉分のドカ盛り、どやさ。

ちなみに、無視することをシカトする。
これは、花札の十月の絵柄、
鹿が知らんぷりで横向いてます。
それで鹿の十月。シカト。

#蕎麦喰い
2019ー5
奈良

白キクラゲとあさりの鍋で、蕎麦

暑い暑いゆうてたのにもう冬隣り。
鍋の〆に蕎麦がうれしい。

あさりと牛肉と山芋と
そしてどっさりの白キクラゲ。
この組み合わせ、粋やねぇ。

鍋の仕上がる前に、メニューから
けったいな<エメラルドの涙>
枝豆か銀杏か、予想を裏切って出てきた竹輪。
なんでエメラルド?

お酒は紀土(海南)

蕎麦喰い
2019-4

へぎそば

荒海や佐渡によこたふ天の川 : 芭蕉

出羽の旅も最後の夜を世阿弥、芭蕉と
雑魚寝して終わる。

締めはこの地を象徴する
<へぎそば>を喰うておかねば。

布海苔をつなぎに。
へぎに一口ごとに丸めて盛るスタイル。

<須坂屋そば>では嬉しいことに
新潟限定の2種を発見。
ビールはサッポロ:風味爽快ニシテ
日本酒は鶴齢  :雪男

#蕎麦喰い
2
019-3

鶴岡、美味しいとこ

鶴岡、美味しいとこ。
ゆうたら反射的に
だだちゃ豆とアル・ケッチァーノ。
そんなんおもんない。
地元ならではの旬のもの、
何あるんやろ?

鰰の湯あげ:湯あげって調理法、初めて。
かすべ煮:かすべ?エイ。コラーゲンだよ。
むきそば:剥いた蕎麦の実を冷たい出汁で。
庄内風芋煮:豚肉・味噌。
*芋煮は牛か豚か。味噌か醤油か。組み合わせは4種。

<いな舟>のカウンターで
鶴岡の地酒、栄光富士の<なまいき>をちびりちびり。

新潟で蕎麦喰い

月山から佐渡へ。
まずは船便待ちの新潟で蕎麦喰い。

ざると田舎の二点盛り。
新蕎麦の華麗な打ち分け。
なかなかの打ち手。お江戸、上方でも
これほどのレベルは少ない。
地元の白えび。
お酒のお通しに出たのが
<かきのもと>。
これって<もってのほか>ですやん?
いえ、山形ではそういいますが、
新潟では違います。

酒は地元新潟の朝日山。

大はし(新潟駅前)
#蕎麦喰い  2019-2

 

なめこ汁蕎麦 @ななかまど亭 

出羽三山の湯殿山。
昨日から急に寒くなって、
きのこが取れるようになった。
その朝採りなめこを、
土鍋でなめこ汁。
細切りの手打ち蕎麦を、
熱熱でいただく。
地元の月山ワインが
グビグビはいる。
月山は霧が湧き上がって姿を隠したまま。

ななかまど亭
#蕎麦喰い

大和当帰::初めて.

三バカトリオ、馬鹿っぱなし。

毒舌の毒消しに薬草。
大和当帰::初めて。これのクラッカー。
みずの実::この前、行ったばっかし秋田の特産。
これの炊きたてごはん。
松ぼっくり::これのアイスクリン。ほろ苦い。
散々言いたい放題の後口に合わせた渋み。

卓上には七味の小袋

蕎麦はやっぱり、
昔っから町にとけこんだ店が一番。
冷やしきつね。
お揚げさん、こうでないと。
ええお出汁しゅんでます感、
かっこつけたらあきません。

卓上には七味の小袋。
出前ちゃいますよ、
蕎麦屋さんで小袋、置いてます?
うれしいなぁ。
な、な、なんと、ビールは
サッポロラガー。
ヒャァ〜 美味い😋

秋田県立美術館

青森、十和田の話題の現代アートに隠れて
可哀想なのが、秋田県立美術館。
こちらは安藤忠雄設計。
戦争で<幻の藤田嗣治美術館>となった
秋田のコレクターの作品がごっそり所蔵。

秋田の蕎麦、つなぎは布海苔。
信州はオヤマボクチ、新潟も布海苔は多いかな。
なめこの冷やがけ、すすりつつ、
藤田の戦争時代、
そして戦後すぐ日本を棄てた心境を想う。

さくらんぼ漬ざるそば

むかしむかし、三越の大食堂で
フルーツパフェのてっぺんに缶詰めさくらんぼ。
あの恥ずかしさが蘇る山形のざるそば。
さくらんぼ漬がトッピング。

邪道の後ろめたさと
旅の恥はかき捨ての
B級グルメ感がたまらん。これ、ええわぁ。

酒は地元山形の和田酒造・月山丸。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3