Archive for category 食べ歩き周辺(食材・お店)

年季の入った街場の繁盛蕎麦屋に間違いなし

東京に来たからには何箇所か巡らねば。
急ぎ足、
通りすがりの洋服屋さんの前に
富田菜摘さんの立体を3体発見。

通りすがりの蕎麦屋さんでお昼。
ビジネスマンも建設現場のニッカポッカも。
多いのは、カツ丼セット。冷し蕎麦が付く。
汗だくの作業服はちょっと迷って、カツカレー。
ええっ、蕎麦なしでカレーだけなら他に専門店あるやん。
それを横目に蕎麦と冷酒を。
大満足。
年季の入った街場の繁盛蕎麦屋に間違いなし。
さあ、次のギャラリーへ。

蓼科の天ざる 蕎麦の葉っぱと花の天麩羅添え

諏訪湖畔から蓼科から霧ヶ峰へ。
北澤美術館:ガレ、ガラスより陶芸の
昆虫度が狂気。
蕎麦:裏の蕎麦畑から葉っぱと花を摘んできて、
天麩羅で添えてくれる。
これされたら、たまらんわ。
きりがみねぇ〜〜〜:自然嫌いなんやけど。
無意識に。CMってすごいねぇ。

紅ズワイは9月が解禁

カニ・・・?
なんでこのクソ暑い時に?
よそ見しながら箸をつけて
蟹の旨味にビックリ、二度見。
「解禁したばっかり」
大将の言葉にまたまた???
ズワイガニは11月が解禁のはず。
聞けば、香住の紅ズワイは9月が解禁だそうな。

<食句塾>9月例会
・炎昼の電柱すべて骨である   :飛白
・あかるい国!月が頭蓋骨みたい :主水
・新涼やどぶに揺蕩う蝉の腹   :亀歩
三橋敏雄の「いっせいに柱の燃ゆる都かな」
をイメージした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食句塾 10月
兼題:土産(食限定)・解

伊良胡の保美村

鳥羽からの海路には、神島が顕れる。
三島由紀夫の潮騒の島。
伊良湖の古風な宿は猫とキースへリングがお出迎え。
芭蕉、三島、へリングとつながれば匂ってくる。
帰りはゆっくり渥美半島縦断の路線バスを。
バス停留所は<保美>と書いてあった。
大好物の伊勢うどんにありつけなかったので、
旅の〆に胡麻おろしそば。梅わかめそば。
自宅に戻ってから「笈の小文」の資料を振り返ったら、
杜国の隠棲先は<伊良胡の保美村>と発見。
ああ、あの数時間は杜国と芭蕉の空気を吸ってたんや。

鷹ひとつ見つけてうれし伊良湖崎

芭蕉は<奥の細道>のほかにも
一生のほとんどを旅に生きた。
*鷹ひとつ見つけてうれし伊良湖崎
これは若き弟子・杜国に会いに行った時の句。
杜国は罪状を問われこの辺鄙な地に隠れ棲んでいた。
ワルが好きな芭蕉のラブラブ宣言である。
旅は鳥羽からの船旅を選んだ。
折からの台風9号10号揃い踏み。
コロナで鳥羽も伊勢も観光客消失のなか、
ビックリ、嵐の伊良湖には
サーファーが密集、軽く100人超え。
ビッグウェンズディを思い出しながら、

大アサリで一杯。

*サーファーの群れ見つけてうれし伊良湖岬

原康浩、國久真有、三浦光雅、

暗愚の蝿の王の引退劇を迎えたものの、
桁外れの残暑は幕引きならず、
雷雨台風の新しい激甚災害の幕開けである。
こんな時は、新鮮な光、若さあふるる色彩が欲しい。
原康浩、國久真有、三浦光雅、
まだ未知数の三人のジョイント。
@ 歩歩琳堂
眩しく有りあまるパワーを堪能した後は、
冷えたビールを。
ポテサラの斬新な球体、
まんまアートやおまへんか

「はりぼて」

地方都市の狸ジジイの政治コメディ映画をみた
その夕方、国家の中心の悲劇の幕はおりた。
この八年で日本人の精神性、品性が
どれほど汚されたか。人を愚弄し、
嘘をつく厚顔無恥を当たり前に、むしろ得策とした
汚染責任は次の世代に影響する何十年にわたる犯罪だ。
個別の政治、経済の総括する以前の大問題だ。
ナナゲイ「はりぼて」の十三から
すぐ近くの塚本に移動。
ここのマッコリはとびっきりうまい。
ぐびぃ〜と沁みわたるこの快感は
今宵に限らない。

天ぬき、、、美濃の国

蕎麦屋で<天ぬき>といえば、天ぷら蕎麦の蕎麦ぬき、
お酒のアテにちょうどいい。
それで思いついたのが、<かき揚げのえびぬき>。
メインの小海老は無しで、ほとんど天かす、そこにかすかに三つ葉と玉ねぎが有るか無きか。
わさびをサメ皮でちょいおろしながら、辛味大根、超細密カットの白葱。蕎麦つゆでぬるるんとろんとろんとなった天かすをつまみながら、北海道旭川の<男山>を酌む。

食べ切った後のざるが使い込んでいい感じ。
ふ〜〜、満足。
ちょっと大阪を離れて、美濃の国。

金沢おでん、大樋長左衛門窯

赤巻き、車麩、梅貝、
金沢おでん、うんメェ。
箸休めにイカの黒づくり。
ウンウンウメェ。
さてお次は、鮨だ鮨だすし喰いねぇ。
柳さわら。金沢でさわらといえば、カジキマグロ。
だから全国区の鰆のことを
この地では<柳さわら>というそうじゃ。

この後、大樋長左衛門窯。
その時になって気がついたんやけど、
このお鮨屋さんのまな板皿とお湯飲みは
当代、長左衛門の作品でした。
ごちそうさまでした。

ハモちり @なべや

大阪を離るる気なし鱧料理:下村非文

祇園祭も天神祭もお流れ。
祭り鱧にありつく機会が激減。
鱧は梅雨の水を飲んで美味しくなると言われてる。
ならば今年は呑みすぎ〜

ハモちり、
1人で行ってひとり鍋。
3人寄ってもひとり鍋。
ええわ〜西成。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3