Archive for category 短歌・俳句周辺

食句塾 季刊誌合評会

食句塾 季刊誌合評会。
おやつが次から次に。
とらやは八知、
奈良美智グミは案山子、
三甫は自家製チーズケーキ、
菜摘はトリュフチョコ。
う〜ん、はじまらねぇ。

・中元やたらい回しの母届く  : 飛白
・満月の夜に下男になりたがる : 案山子
・夏寄席も砂川捨丸正装す   : 三甫
・羊水は甘いらしいね月満ちる : 酔象

【 タイム食句】 10・26〜10・31

10・31
縁は異なものとぞみかん剥きあへる : 久保田万太郎
〜〜回る寿司屋で袖触れ合ふも

10・30
ミサイルの届ける街に働きてカフェは暮れゆく香に満たされぬ : 佐佐木頼綱
〜〜名乗りする先衰国の爛熟を

10・29
歯応へのとほりに歯形玉林檎 : 前北かおる
〜〜インド人びっくり印度カリー

10・28
もう何も起きない部屋にかぐはしく腐る洋梨ほどの異変を : 西田政史
〜〜追熟にカノン聴く歯槽膿漏

10・27
胡桃いじくる手のなかの別の時間 : 田島健一
〜〜グミガムゴムの土を踏まざる

10・26
旨きものを食ひて太りて子の児らは地球より先に死ぬやうにせよ : 竹山広
〜〜涎してボタンを齧るあほんだら

【 タイム食句】 10・21〜10・25

10・25
指で梨を数えるそれをくりかえす : 生駒大祐
〜〜見せ消ちという手品の明かし

10・24
描き終へたら食へばいい 麺麭も果物も魚も鳥も、そしてその花束も : 松平修文
〜〜蝶々と少女モデルで蜜の檻

10・23
確かいちにち笑いませんでした夜食 : 宮崎斗士
〜〜ちんちんちんですべてまかない

10・22
「お前ゆでたまごに似てる」ゆでたまごゆでたまごってあのゆでたまご : 松田梨子
〜〜煮抜きある昭和の真昼沸騰中

10・21
豚足の指そろへをる良夜かな : 山尾玉藻
〜〜三つ目の耳喰うたは父か

【 タイム食句】 10・16〜10・20

10・20
白じろと虚根一本よこたえて人住まぬ家にもテーブル一台 : やまたいち
〜〜アルビノのガリバー族の月見かな

10・19
肩凝って気疲れかしら林檎に葉 : 越智友亮
〜〜刺繍人気でリストカットも

10・18
瞠(みひら)きて我が子を喰らうサトゥルヌスの真似して抱けばきゃきゃとはしゃぎぬ : 奥田亡羊
〜〜燻蒸の犬鳴山のリードボー

10・17
腸詰めに腸の名残や竹の春 : 澤田和弥
〜〜過去遡る愚か者たち

10・16
バイト先でピザ焼く吾子をのぞき見つあいつあんなふうに笑うんだなあ : 垣野俊一郎
〜〜義経や内弁慶に不具合が

【 タイム食句】 10・11〜10・15

10・15
刃を入るる隙なく林檎紅潮す : 野澤節子
〜〜紅葉踏むとき女人危うし

10・14
薄蒼き点滴瓶の真空をNIPPONIA NIPPON 飛び去ってゆく : 小佐野弾
〜〜だれがガラパゴスやねん絶滅絶叫

10・13
秋風や汝の臍に何植ゑん : 藤田哲史
〜〜あすは死すとも希望を託す

10・12
田んぼのなかのケーキ工場夜明け前あかあかと灯り昼暗くある : 川野里子
〜〜わけありに行列つくるわけあり人

10・11
飮食で暮るる一日や実紫 : 津田このみ
〜〜ちゃぶ台返しの力弱法師

【 タイム食句】 10・06〜10・10

10・10
死ののちもみひらく鰯わたくしはこんなにたやすく加害者になる : 松城ゆき
〜〜冤罪を未生以前に蒙古斑

10・9
秋冷やチーズに皮膚のやうなもの : 小野あらた
〜〜ぺろぺろりんちょ足指の皮

10・8
ドトールの喫煙席の磨硝子へだてても銀河系はよごれる : 尾崎まゆみ
〜〜歪むまでに飲む噎せる吐くラテアート

10・7
人間に人間未満新走り : 島田牙城
〜〜修業の後は獣の栄えを

10・6
あかつきのあけびゆるらに口ひらき秋の紫ふかくおそろし : 馬場あき子
〜〜木の実裂けテロル前夜の静けさよ

花博はコスプレの聖地に

花博はコスプレの聖地になっていた!

食句塾秋の吟行で鶴見緑地へ。
花博のあとの放置プレイで
すっかり廃墟感萌え萌え〜。

そのうち、森のあたりになんか違和感。
コスプレ族がゾクゾクと・・・あふれかえって。
これはなかなかの不思議発見パラダイス。

公園の荒み具合もほどよく、
一番は薔薇の実。

吟行句
*色鳥やコスプレの杜を横切り : 菜摘

*花嫁を欲しがる一坪の花野 : 主水

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)季刊誌秋号合評会 : 10・29(第5日曜)
2)11月例会 : 11・5(第1日曜)
会場 : 八知邸(天王寺)
兼題 : 巻く(必ず食関連)・  会

【 タイム食句】 10・01〜10・05

10・5
ものの種にぎればいのちひしめける : 日野草城
〜〜チェリーボーイ全員集合

10・4
舌裏にかくしておいた錠剤が果実の種になりますように :  鈴木美紀子
〜〜脳内に季はめぐりて花競う

10・3
つぶあん派こしあん派ゐて月を待つ : 金子敦
〜〜優柔不断半殺しされ

10・2
嚥みくだしたきは聖なるそのいのち瑠璃壺にねむる舎利のひとつぶ : 南輝子
〜〜殺むるも愛とはいえカニバリズム

10・1
秋の暮ウェイトレスの足らぬ店 : 阪西敦子
〜〜よろしかったでしょうかよくない

【 タイム食句】 09・26〜09・30

9・30
わが飼へるちちははのためはらみたる稗あはれ粟の泡あはれ : 塚本邦雄
〜〜新米を祝ぐことばうら悲し

9・29
秋めくや夕餉の卓に知らぬ人 : 林雅樹
〜〜蒲団とりあふ雑魚寝きぬぎぬ

9・28
あれからどうしてると問ふ旧友にしてあれから切なく太り始めた : 島田修三
〜〜再会の三杯すぎてぐずぐずに

9・27
米の字の肛門に見ゆ秋祭 : 北大路翼
〜〜スカトロ大事大政奉還

9・26
盗もうとすれば盗める長ねぎの箱あり朝の蕎麦屋の前に : 大松達知
〜〜大根でおろしせいろの二時ランチ

【 タイム食句】 09・21〜09・25

9・25
秋の夜や紅茶をくぐる銀の匙 : 日野草城
〜〜子宮からみた記憶くきやか

9・24
御徒町トイレの鏡 酔ひふかきわれは似てゐる中尾彬に : 坂井修一
〜〜見も知らぬジジイが我と認証さるる

9・23
カステラが胃に落ちてゆく秋の昼 : 大野林火
〜〜夜の煮魚新生姜添え

9・22
良寛の毛剃り頭に触るるごとまろき漬物石を撫でたり : 高野公彦
〜〜新涼に禿つかみたり信号待ち

9・21
失恋や御飯の奥にいなびかり : 高山れおな
〜〜埋み火ふかく内臓脂肪


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3