Archive for category 短歌・俳句周辺

『ほかいびと』

『ほかいびと』
井上井月は山頭火、放哉の放浪俳句の兄貴分。
8年ほど前、駒ヶ根に引っ越した友人を訪問した時に
偶然この俳人のことを知った。
駅前の井月そばのことだけ記憶にあった。

ナナゲイ、上映後のトーク。
主演・田中泯、衣装・山口源兵衛、監督・北村皆雄
衣装の糞掃衣で大いに盛り上がる。

【遭遇一句  -2019】 04・21〜04・25

04/25

銃後といふ不思議な町を丘で見た : 渡辺白泉

 

04/24

さなきだに重きがうえの小夜衣わがつまならぬつまなかさねそ : 寂然法師

〜仮名手本忠臣蔵・横恋慕する高師直に宛てた顔世御前の返事

 

04/23

鳴り止まぬ耳から蝶をつまみ出す : 渋川京子

 

04/22

なんでもいい犬死でやつてみませうかさせさせるさせればさせよ : 平井弘

 

04/21

揚羽より速し吉野の女学生 : 藤田湘子

【タイム食句  -2019】 04・21〜04・25

04/25

熟れてなほ青々として芒果はレインボーフラッグとならび揺れをり : 小佐野彈

 

04/24

二枚舌だからどこでも舐めてあげる : 江里昭彦

 

04/23

ある夕べ駄菓子売場に子としゃがみしゃがみこのまま家に帰りたくなし : 花山周子

 

04/22

筍や一本で足る男振り : 井上井月

〜『ほかいびと』上映中(ナナゲイ)

 

04/21

男ばかりの会議のあとに男ばかりの宴席 汁の蛤剥がす : 吉川宏志

食句塾 季刊誌合評会

食句塾、
会場がハルカス近くに変わったから、
やよいちゃん前通過。

季刊誌合評会。
表紙は毎回<食>テーマのアート。
入れ歯のような宴会風景は
18世紀の画家、ピエトロ・ロンギ。
ヴェネツィアの栄耀栄華、ざんす。

【遭遇一句 -2019】 04・16〜04・20

04/20

かぐはしきゼロこそよけれ海から海あなたからあなたを引いたやうな : 山田富士郎

 

04/19

階段の丁寧にある花疲れ : 野口る里

 

04/18

それぞれの夜の終わりにセロファンを肛門に貼る少年少女 : 穂村弘

 

04/17

くらければ空ふかきより落花かな : 田中裕明

 

04/16

呼吸するような、ものに吸いつくような阿修羅の臍の深き切れ込み : 大森静佳

【タイム食句 -2019】 04・16〜04・20

04/20

たいくつなおんなですまぬ海苔を炙る : 外山一機

 

04/19

かくばかり鯛を食はば鯛の奴うらみつらむか或は否か : 平田春一

〜『歌人の行きつけ』田村元

 

04/18

水あれば飲み敵あれば射ち戦死せり : 鈴木六林男

 

04/17

父子といふあやしき我等ふたり居て焼酎酌むそのつめたき酔ひ : 林和清

 

04/16

日本国憲法九条さくら餅 : 山中正己

【遭遇一句 -2019】04・11〜04・15

04/15

鳥の骨ねぶりて甘き桜かな : 高柳克弘

 

04/14

哲学(ひろそひ)はまづかなしみに萌せるとおもひのかぎり花を風うつ : 吉田隼人

 

04/13

春雨やものがたりゆく蓑と傘 : 蕪村

 

04/12

ひとしきり泣いた後コンセント差し込み口に四つん這いでむかう : 柳本々々

 

04/11

硝子器を清潔にしてさくら時 : 細見綾子

【タイム食句  -2019】04・11〜04・15

04/15

どうしたって生きてしまうこと思いつつ半身の安き鯖を買いたり : 辻聡之

 

04/14

擂粉木のあたまを遣ふはるのくれ : 中原道夫

 

04/13

頑張っている女の子とか辛いからわたしはマカロンみたいに生きる : 野口あや子

 

04/12

春霖や君のおしつこなら飲める : 北大路翼

 

04/11

ものとなく異しきは春の夕ごころ鱵真塩をふる間もさやぐ : 照屋真理子

【遭遇一句  -2019】04・06〜04・10

04/10

夢違観音夢にあらはれて手首の継目を示したまへり :葛原妙子

 

04/09

これはこれはとばかり花の吉野山 : 安原貞室

 

04/08

目にせまる一山の雨直(すぐ)なれば父は王将を動かしはじむ : 坂井修一

 

04/07

満開とはなざかりとはやや違ふ : 後藤立夫

 

04/06

よぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき : 与謝野晶子

【タイム食句  -2019】04・06〜04・10

04/10

浅酌や花は桜という仮説 : 宇多喜代子

 

04/09

幾年を火に抱かれてキッチンに吊るされている手鍋のへこみ : 加藤英彦

 

04/08

輸血しながら桜餅一つ食ぶ : 橋本鶏二

 

04/07

襞襞にひかりをいだき春甘藍しよぢよくわいたいのごとく仄めく : 南輝子

 

04/06

山の蝶コックが堰きし扉に挑む : 竹下しづの女


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3