Archive for category 短歌・俳句周辺

【 タイム食句】 07・06〜07・10

7・10
サラダさつと空気を混ぜて朝曇 : 正木ゆう子
〜〜鮨握るコツ秘すれば花よ

7・9
完熟のマンゴーのごとやわらかき男盛りの夜に降りゆく : 野口あや子
〜〜宮崎よりフィリピンの手荒さアイス

7・8
葛餅の蜜の届かぬ角三つ : 小野あらた
〜〜幽霊頭巾水無月汚し

7・7
なんにでも醤油をかける恋人の「おまえだけだ」を聞きながす夏 : 田丸まひる
〜〜ニョクマムを普段遣いの美僧食

7・6
枇杷剥きぬ不良になれぬ中年へ : 櫂未知子
〜〜ちょいワルカードまっさらで廃棄

【 タイム食句】 07・01〜07・05

7・5
白骨と煙になるのを待っている 充血した目で飲食物を選びながら : せきしろ
〜〜百回忌食い意地自慢のうからなり

7・4
遺跡のような命のような冷蔵庫 : 曽根主水
〜〜賞味無限を喰うエイリアン

7・3
人生のメニュウをひらき最初からアイスクリームにしたい朝です : 藤本玲未
〜〜リーマンはジェラシー仕立ての呑み会へ

7・2
汗になることを承知の水うまし : 高田風人子
〜〜全身噴水空中浮遊

7・1
空費せし<今日>の結末、わが皿に累累と黄の眼球の枇杷 : 塚本邦雄
〜〜半夏生ごろりよこたわる睾丸

・好きになる順序があって夏は尻 : 主水


食句塾 7月例会 ( 第227回 )

・好きになる順序があって夏は尻 : 主水

・この尻のどこからわたし葉月生まれ : 飛白

(兼題が尻なんですよ)

【 タイム食句】 06・26〜06・30

6・30
食い物の名は限りなしつゆの雨 : 石川桂郎
〜〜異国にあればカツ丼の夢

6・29
日雇いの男のために汗をかくペットボトルはきっと動物 : 白辺いづみ
〜〜狼がペットになりさがる溽暑

6・28
食事暑し絶対割れぬ椀と皿 :  山本紫黄
〜〜プリンカップでモロゾフ麦茶

6・27
サランラップにくるまれたちちははがきらきらきらきらセックスをする : 穂村弘
〜〜レンチンを拒む粘菌いきのびる

6・26
枇杷とばば空港の遺失物 : 柴田杜代
〜〜忘れたふりで織り込み済みで

【 タイム食句】 06・21〜06・25

6・25
痩す痩すも 生けらばあらむを はたやはた 鰻を捕ると 川に流るな : 大友家持
〜〜しらばくれ吐かせてみれば中国か

6・24
七人の小人ゐそうなパセリかな : 笹下蟷螂子
〜〜怖いことにも慣れますように

6・23
死んでいるいわしがのどをとおるとき頭の中にあらわれる虹 : 笹井宏之
〜〜安楽のカミングアウト死が迎え

6・22
天然の蝦蛄はたのしく海の底 : 上田信治
〜〜溺れサーファーすぐお友達

6・21
産毛の立ったオクラも萎びゆくけどいつまでもきみは妖精でいて : 馬場めぐみ
〜〜ネバトロをもてはやすのに食傷す

【 タイム食句】 06・16〜06・20

6・20
桜桃の茎をしをりに文庫本 : 丸谷才一
〜〜本棚倒れ断捨離決意

6・19
吾がために君が買ふ朝の海老五疋虹のごとくに手の上にあり : 土屋文明
〜〜するすると目を離すすき脱皮する

6・18
夏雲や目薬甘く喉の奥 : 野口る理
〜〜ガリガリ君でディープスロート

6・17
輪郭はつねに濃くあるわたくしであるように飲む若葉青汁 : 後藤由紀恵
〜〜ヨーグルト愛飲の姉透けて消ゆ

6・16
隣席に水谷八重子ソーダ水 : 青木月斗
〜〜蘭鋳の目に酸欠きたる

『俳人風狂列伝』 石川桂郎

『俳人風狂列伝』 石川桂郎

テクスト論は、俳句なら俳句17音だけを享受する。そこに作者
はいらない。ロラン・バルトの提言ですね。短歌を読み解く際に、
作者の年齢、性別、犯罪者であろうとLGBTであろうと、一切関係
ない。塚本邦雄はつねにそう主張しました。

分け入つても分け入つても青い山
山頭火に瞬殺された。あなたならどうする?もっとほかの俳句を
知りたい。いろんなテクストを渉猟する。それから。
作者は、どんな人?どんな境遇?最期は?
放哉にも同様の興味はわきますね。自由律の俳人には特に作者自
身の背景から句の奥を読み解きたい芸術的好奇心がかきたてられま
す。

俳句と風狂は合っている。作品以上の風狂の生き様をみたい。そ
んな衝動をこの列伝はみごとな距離感で作者にきわめて近い場で端
正に寄り添って紹介している。
放哉、山頭火、三鬼、東洋城、知っているにはこの四人まで。全
部で11人。しかしその三鬼でさえ、抱いてきたイメージとは大き
く違っていました。三鬼の場合はほかと逆で、すさまじくアナーキ
ーな人生と思いきや、意外ときちんとした歯科医でありました。

夜濯ぎの一夜妻待つ古雑誌 : 田尻得次郎
冬を生き人の遺品を身に纏ふ : 岩田昌寿
黛を濃うせよ草は芳しき : 松根東洋城
秋風に言ふこともなく別れけり : 相良万吉
藁巻きこむ牛の厚舌走り梅雨 : 阿部浪漫子

【 タイム食句】 06・11〜06・15

6・15
老いてゆく記憶にまろく明かるみて世界を覆ふ夏蜜柑在る : 紀野恵
〜〜親指をずぶり突き立て地球割る

6・14
食ふ肉と滅びあふ身ぞ空のあを : 三橋敏雄
〜〜骨の周りの部位から腐る

6・13
魚捌き塵出し終へて午後よりは一人こもりて三鬼を読めり : 志垣澄幸
〜〜歯科医師でおんな好きいらぬ情報

6・12
こぼれがちなビールの泡よサヨナラ勝ち : 遠山陽子
〜〜かわらず君は敗戦投手

6・11
「お〜いお茶」並び立ちゐる会議室選び買ひしは男にあらむ : 村上和子
〜〜会社尻拭い家庭皿洗い男子

【 タイム食句】 06・06〜06・10

6・10
真っ当すぎるぜ鰹のお魚面(さかなづら) : 鈴木明
〜〜散髪屋きて穴子にされた

6・9
舌を刺ししかの毒薬の酸(す)ゆにがき味をこのごろまた思ひいづ : 石牟礼道子
〜〜ドンファンは末期の味に覚醒す

6・8
水飯やみめよき貧乏神侍り : 関悦史
〜〜漬物切るに裸エプロン

6・7
その味のわからぬほどに少しづつ楊枝に差して試食せよとふ : 香川ヒサ
〜〜迷店のフードコートに阿呆の列

6・6
尾をふりて首のせあへり冷し豚 : 三条羽村
〜〜糞を食わせる拷問に耐え

地下の炎帝

でかい。
高田治 @国展

天王寺美術館地下の炎帝に見おろされた後は、
さっぱりした蕎麦が食いたくなった。

梅しそ。
冷かけのつもりで選んだけど、
ここは、もり蕎麦に乗せてるだけで、
早とちりに気がつく。
蕎麦前は、花巴(奈良)
結局、
蕎麦打ちもお酒も
美味しくて、満足満足。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3