Archive for category 短歌・俳句周辺

【 タイム食句】 03・06〜03・10

3・10
春光や飯にかけたる塩見えず : 小野あらた
〜〜ラマの教えの溶けて沁み込む

3・9
真夜中の人の胃のなかにゐるやうでなまあたたかし春の嵐は : 睦月都
〜〜嘔吐する汽水域ありインフルに

3・8
送別やこの青饅に足らぬ何か : 宇多喜代子
〜〜なまぐさきこと無難に避けて

3・7
妻が吐く金魚のひれが硬いのでそのうすい喉をさすってやった : 久真八志
〜〜黒焼きの蘭鋳疲れに効きます

3・6
春はあけぼの乳酸菌が数億個 : 山崎利加
〜〜腸には兆の単位でかかれ

【 タイム食句】 03・01〜03・05

3・5
スマートフォンの地震アラーム鳴りまくる回転寿司は地獄の如し : 穂村弘
〜〜黄泉まちがいエスカレーター逆走す

3・4
芋植えて映画のすばらしさについて : 外山一機
〜〜真夜中のホラおもいだせない

3・3
のど飴は薄氷よりもあわく融け鳥なることば飛び立ちゆけり : 駒田晶子
〜〜さえずりに目覚めてみえる黄泉の国

3・2
歪ませて過去はうるはし雛あられ : 太田うさぎ
〜〜懺悔のとげで金平糖に

3・1
悲哀(かなしみ)にちかし若者よりわかき馬の口うつくしき歯は実る : 塚本邦雄
〜〜廃馬の撃たるる覚悟目のやさし

食句塾 3月例会

食句塾 3月例会

・蜆汁仮想通貨の浮き沈み             : 飛白
・長生きのあとふざけあう春の泥 : 主水
・栄螺のうんこここで一旦CMに   : 酔象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月 吟行
4・1(日) 10:30〜
場所 : うめきたガーデン
兼題 : わさび・巣
当日 吟行句

【 タイム食句】 02・21〜02・28

2・28
もさもさとコーンフレイク風光る : 田中大河
〜〜グッドモーニングバッド後朝

2・27
蛸噛めば未だ噛みきれず八個あるたこ焼きの蛸意外を食めり : 小川真理子
〜〜疣だけをこよなく愛し水温き

2・26
むかしむかしみそかごとありさくらもち : 瀬戸内寂聴
〜〜指の記憶につぶつぶの肌

2・25
たらちねの母の乳房と両切りの煙草はどこまで吸えばいいのか : 真野少
〜〜ピーカンも缶ピー世代も遠くなり

2・24
「あいつ綺麗な顔して何食つたらあんな巨根に」風光る : 関悦史
〜〜アラン・ドロンの引退いまか

2・23
みどりのバナナぎつしりと詰め室をしめガス放つはおそろしき仕事 : 葛原妙子
〜〜熟睡の夢に発酵する下男

2・22
オレンジの悲哀である穴といふ穴 : 攝津幸彦
〜〜解放さけぶ性のうつうつ

2・21
冷蔵庫に牛の舌いっぽん秘めもちて動物愛護の署名に応ず : 久々湊盈子
〜〜黄身だけを口移しして二枚舌

松本典子 短歌研究 3月号

『短歌研究』3月号 松本典子7首。
文楽、藤蔵の魅力を知るものにはたまらない。

・やぶられて鳴らぬ太棹を抱きヤア、ハッと掛けごゑで太夫に語らせ畢んぬ

・こすれあふ胴から皮膚をまもらむと三味線弾きの手くび 毛を生やす

【 タイム食句】 02・16〜02・20

2・20
露天風呂を覗けばしゃぶしゃぶを連想 : 山田ゆみ葉
〜〜宙よりみれば地球闇鍋

2・19
老人のぼくだけですね雨のなか生ごみという物を運ぶは : 坪野哲久
〜〜もしかして袋の中はなんですか

2・18
えかげんに枡で掬うて蜆売る : 三村純也
〜〜身はこそげんでええやろちゅぱちゅ

2・17
祖母なくて正すひとなしかがみなす水屋の奥にかしぐおちやわん : 有川知津子
〜〜父へ懺悔すればポルターガイスト

2・16
この島の魚で肥えて猫の恋 : 大谷弘至
〜〜ライザップしてナル三昧に

第6回 OK句会

OK句会。
アーティスト、キュレーターら、
アートな面々のシュール句会を主宰するのはOK透写。
前回、天王寺公園、慶沢園茶室での句会から
2年ブランク。
第6回は定席、世沙弥に戻って開催。

初参加は遊苑と一歩。
アートな発想とシャープなコメント連発。

兼題は梅。
先日、土佐にいったときに高知城の梅の蕾を
持ち帰って、びったし句会で満開に。

【 タイム食句】 02・11〜02・15

2・15
古代茶をふふめば後期高齢者母も福禄蘭陵王に : 寺山寿美子
〜〜朝餐の濃きアッサムの渋好み

2・14
目つぶりて春を耳噛む処女同志 : 高篤三
〜〜ポーの一族偽の履歴書

2・13
味噌を食い蟹の体の肉を食い十本の脚の筋肉を食う : 奥村晃作
〜〜鳩、蛙、食用ありて人肉も

2・12
別々の夢見て貝柱と貝は : 金原まさ子
〜〜美食倶楽部でベロにかすがい

2・11
うまいのか本物なのか食べたいのかわからずに噛むコンビニの肉 : 武田穂佳
〜〜DVに鈍感になる春一番

【 タイム食句】 02・06〜02・10

2・10
白魚に旅行く朝の明けはなれ : 加藤楸邨
〜〜浜上げどどめ漁師見習い

2・9
カードキー忘れて水を買いに出て僕は世界に閉じ込められる : 木下龍也
〜〜すっぽんぽん解放されてよろこびを

2・8
牛乳を温めてゐる雪解かな : 金子敦
〜〜地球温暖化ブラックジョーク

2・7
ポケットにバファリンがあるバファリンの箱の四隅をつぶしておりぬ : 鶴田伊津
〜〜すくすくとスギ薬局のあすなろう

2・6
菜の花を挿すか茹でるか見捨てるか : 櫂未知子
〜〜ヘタは淫靡に旨味たまり場

食句塾 2月例会

食句塾 2月例会

新人 果風さん入会。
すでに退会だけど、闘病中の水無さんが
投句してくれました。

・絶飲食のくちもと湿す青湾の水 : 水無
青湾の水は、桜ノ宮あたりのお茶に適したおいしい水。
秀吉さんが名付けたそうです。24時間点滴が1ヶ月。

・凍滝の響き山姥髪を梳く : 果風
生まれてはじめてつくった俳句がこれじゃ、どうなんの。

・髪切って見える二月の赤い耳 : 飛白
寒紅つけて寒耳ですね。

・納豆のたれ程の嘘混ぜておく : 主水
納豆がでると句はほったらかしで、
好き嫌い論で盛り上がるのが情けなや。

写真:: 愛媛の真穴みかん。
<ひなの里>といって一個一個つつんであるので
句会にぴったし。
送ってくれたsumi さん、おおきに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 3月例会 3月4日(日) @八知亭
兼題 : 貝(蜆、浅蜊など) : 若

* 4月吟行 4月1日(日)

 


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3