4・15
給食を残してしまう桜かな                                                         : 曽根主水
〜〜真っ白な脱脂粉乳あふるる喉

4・14
シナモンの香りの古い本ひらく草かんむりの訪問者たち : 東直子
〜〜糸遊をたばね A I の髪飾り

4・13
犯されている眼差の桜鯛              : 久保純夫
〜〜鯛の鯛までソフトSM

4・12
観覧車は二粒ずつの豆の莢春たかき陽に触れては透けり : 杉崎恒夫
〜〜一周の起承転結着地不可

4・11
さくら鯛死人は眼鏡ふいてゆく                                                 : 飯島晴子
〜〜コンタクトする友なきさらば