11・30
牡蠣互に味見してスーツの男たち : 関悦史
〜〜千人斬りは単に飽き性

11・29
信長の愛用の茶器壊したるほどのピンチと言えばわかるか : 笹公人
〜〜蘭丸に突然目覚めどんでんに

11・28
金沢の見るべきは見て燗熱し : 西村麒麟
〜〜東京圏に成り果ての街

11・27
ウォシュレットなき民宿に二日経てごわごわとなりし肛門あわれ : 大島史洋
〜〜紐一本あれば足りるに文明は

11・26
男二人朝の飯食ふ憂国忌 : 町山公孝
〜〜水冷破砕岩のもろきや