1・31
鍋のもの煮え来る火山灰(よな)の降る町に  角川春樹
〜〜赤富士怒り臨界間近

1・30
舌先を愚者(フール)みたいにつきだせば冬のおわりのあおぞらにがい : 佐藤弓生
〜〜丘の上みんなあつまれ口あけろ

1・29
鮟鱇にどう見えるのかまんばうは : 仲寒蝉  〜〜アブノーマルのアブサン狂い

1・28
見てゐれば<老後ひとりで生きるコツ>教えてくれるやうな擂粉木 :高野公彦
〜〜無骨さが取り柄なりしがゴマすりに

1・27
葱提げて老いたる町の発明家 : 神田敏子
〜〜廃墟の街でわたしは元気

1・26
熱帯魚のごとくかすかに触れあひてときに食ひあふ冬の家族は : 岩﨑佑太
〜〜母の喉すぎる蘭鋳復活祭