2・20
露天風呂を覗けばしゃぶしゃぶを連想 : 山田ゆみ葉
〜〜宙よりみれば地球闇鍋

2・19
老人のぼくだけですね雨のなか生ごみという物を運ぶは : 坪野哲久
〜〜もしかして袋の中はなんですか

2・18
えかげんに枡で掬うて蜆売る : 三村純也
〜〜身はこそげんでええやろちゅぱちゅ

2・17
祖母なくて正すひとなしかがみなす水屋の奥にかしぐおちやわん : 有川知津子
〜〜父へ懺悔すればポルターガイスト

2・16
この島の魚で肥えて猫の恋 : 大谷弘至
〜〜ライザップしてナル三昧に