3・31
天国荘養老院に今年死者皆無 牛肉いろの煙突 : 塚本邦雄
〜〜ホスピス最後の晩餐の生肝

3・30
花待てとはつ筍のとどきけり : 久保田万太郎
〜〜菜の花ゆがきパスタゆですぎ

3・29
クルーズに単身参加する老女には帰るところあり 神聖な塵芥(ごみ)屋敷 : 松平修文
〜〜女王の欠けたトランプに蝶の屍

3・28
春昼や魔法の利かぬ魔法瓶 : 安住敦
〜〜スプーン曲げは風ひかるなか

3・27
仕事して呑んで眠つて何曜日か確かめて出すゴミが生活 : 田中槐
〜〜ダンボール廃品業者への偏愛

3・26
朝食の筍掘りに付き合へよ : 西村麒麟
〜〜獣の皮を真っ先に喰え