8・5
葛餅の黄粉必ず余りけり : 小野あらた
〜〜靴下の穴そっと手でかくす

8・4
飲んだ水一分後には生殖器にとどくときいたそれはまぶしい : 雪舟えま
〜〜真夜中に逆噴射する苦き粒

8・3
炎昼や箸にかからぬものが好き : 櫂未知子
〜〜与太郎に生き諍ひはなし

8・2
スモモジャム煮詰めてをれば気づきたり果実も人も肩より溶けると : 佐藤モニカ
〜〜父親にちちくまされたこと一度


8・1
夏果の真水のやうに由紀さおり : 成田一子
〜〜蝉の辞世にるーるーるるる