8・10
卓に皿皿に梨梨に陰皿にも陰それがそのまま私に見える : 小宮良太郎
〜〜夏の果の腐ちてゆくまま放置せり

8・9
ノックして応答の無き西瓜かな : 金子敦
〜〜アリバイ証明黒い点々

8・8
キミの血を見たことがあり似たようなもののひとつとして異国の酢 : 吉田竜宇
〜〜レシピにはかかれずにあるスパイスが

8・7
西口で買つた西瓜を北口へ : 上田信治
〜〜胡の国遥か金胡麻を擂る

8・6
歯車のひとつのようなケチャップの白いキャップが床をころがる : 中家菜津子
〜〜踏んづけた今日一日の善意たち