8・15
敗戦の日の夏の皿いまも清し : 三橋敏雄
〜〜あらかじめヒビ欲望のため

8・14
空に往きし兄たちの群わけり雲わけり葡萄のたねを吐くむこう : 平井弘
〜〜黙りあう反動長き黙りあう

8・13
敵側のスタンドにゐてかき氷 : 岡田由季
〜〜言はれて困る優柔不断

8・12
アウトサイダー・アート展覧会見たるのちのカフェにて出さるる真水 : 惟任将彦
〜〜バイアスのかかっていない前置きを

8・11
敗戦日いつも求肥はぐにゅぐにゅと : 池田澄子
〜〜語らずにゐる聞かずにすます