9・30
秋の蚊にゆふぐれの血がついてゐる : 鴇田智哉
〜〜ゼウスの神に尽きぬ欲望

9・29
とりあえずで買った百円均一の食器のままで町になじんだ : 戸田響子
〜〜おとなりは大塚家具の食卓で

9・28
栗飯の隙間の影の深さかな : 小野あらた
〜〜渋皮を剥かないのも自由

9・27
林檎、その木から落ちたる瞬間を見てしまいたり台風の日に : 萩原慎一郎
〜〜みてしまう見て見ぬふりのおれの貌

9・26
世界病むを語りつつ林檎裸となる : 中村草田男
〜〜統ぶる者なく縛りのショーへ