雀太、あべのハルカスも侵略征服。
『あべのでじゃくったれ』

雀太が「天王寺詣り」「皿屋敷」の二席。
雀太がはじめての弟子をとった。源太。
なんとそのデビューとなった高座が「延陽伯」。

雀太、低くうなりのような抑揚での間のとり方は
独特で、噺家としての文体を確立している感あり。