1・10

宇宙精神研究所の茶碗蒸し : 川名つぎお

 

1・9

ハム薄く切りつつぞをりちひさなる豚の瞼のごときも切りたり : 葛原妙子

 

1・8

おでん屋の神棚据ゑのテレビかな : 榮猿丸

 

1・7

百億円の兵器なら一人百円か アボカドの黒き実を選びおり : 吉川宏志

 

1・6

大いなる舌が天(そら)から垂れさがり : 真鍋呉夫