京をんな三態。

いろいろ巡って、
最後は京芸のアトリエ。
まつろわぬものたちが
犇いておりました。