05/15

花びらの落ちつつほかの薔薇くだく : 篠原梵

 

05/14

「青空の脚」といふもの / ふと過ぎたり / かなしからずや 青ぞらの脚 : 宮沢賢治

 

05/13

五月闇痛いところに船が着く : 樋口由紀子

 

05/12

日本史というまぼろしをまぶしみぬ西暦・和暦対照表に : 佐藤弓生

 

05/11

昼寝覚からすの貌と入れかはる : あざ蓉子