★★
廓文章 吉田屋

仁左衛門のあかんたれに、まいった。

仁左衛門なら血まみれ凄絶の極みのインパクト。
真逆の役づくり。
玉三郎との口説だけを延々とする
この舞台、最高。
夕霧のバック、床の常磐津がいい。
歌舞伎はストーリーが無い演目にかぎる。

歌舞伎ー1

#仁左衛門
#玉三郎
#廓文章吉田屋
平成21年歌舞伎座