07/31

主婦の夏指が氷にくっついて : 池田澄子


07/30

桃色の炭酸水を頭からかぶって死んだような初恋 : 田丸まひる

 

07/29

うそつく舌ちぎれて雨の花ざくろ : 熊谷愛子

 

07/28

レトルトのたぷたぷを揉めばたぷたぷと同情された日を思い出す : 高橋彩

 

07/27

滅びゆくものの匂ひや缶ビール : 北大路翼

 

07/26

君の渇きが増してゆくとき南方の町のどこかで水位がさがる : 笹原玉子