10/10

傷洗う秋の水なら消えるだらう : 高勢祥子

 

10/09

生き延びるために聴いてる音楽が自分で死んだひとのばかりだ : 岡野大嗣

 

10/08

縦のもの横にしただけ捨案山子 : 高橋将夫

 

10/07

夕顔が輪唱のようにひらいても声を合わせるのはいやだった : 服部真理子

 

10/06

こほろぎのこの一徹の貌を見よ : 山口青邨