Archive for category セサミ日記

<寝がえり上手枕>

無呼吸症候群、
老人過活性膀胱、
躁鬱性多重人格
これらの要因で悪夢に
襲われる毎日。
<寝がえり上手枕>で
カスタマイズしました。
さて、悪魔祓いはできるでしょうか?

第6回 OK句会

OK句会。
アーティスト、キュレーターら、
アートな面々のシュール句会を主宰するのはOK透写。
前回、天王寺公園、慶沢園茶室での句会から
2年ブランク。
第6回は定席、世沙弥に戻って開催。

初参加は遊苑と一歩。
アートな発想とシャープなコメント連発。

兼題は梅。
先日、土佐にいったときに高知城の梅の蕾を
持ち帰って、びったし句会で満開に。

【 タイム食句】 02・11〜02・15

2・15
古代茶をふふめば後期高齢者母も福禄蘭陵王に : 寺山寿美子
〜〜朝餐の濃きアッサムの渋好み

2・14
目つぶりて春を耳噛む処女同志 : 高篤三
〜〜ポーの一族偽の履歴書

2・13
味噌を食い蟹の体の肉を食い十本の脚の筋肉を食う : 奥村晃作
〜〜鳩、蛙、食用ありて人肉も

2・12
別々の夢見て貝柱と貝は : 金原まさ子
〜〜美食倶楽部でベロにかすがい

2・11
うまいのか本物なのか食べたいのかわからずに噛むコンビニの肉 : 武田穂佳
〜〜DVに鈍感になる春一番

友枝昭世『隅田川』

名曲、母物狂い『隅田川』。
シンプルな物語、シンプルな動き。
能楽はそれゆえに無限の読みと夢幻の浪漫。

川向う、彼岸の塚から白装束の子方が現れる。
母は抱きしめようとするが、
少年はするりとかわし塚に消える。
隅田川は銀河、少年は星となって
ブラックホールに吸い込まれる。
永遠の少年性のシンボルが星となる。
稲垣足穂と世阿弥が交歓しあう舞台。

友枝昭世のシテをみることができた。
子方は大島伊織。
TTR能15周年特別公演。
毎回のマニアック企画は成田達志、山本哲也のコンビ。
@ 大槻能楽堂

四代目春団治 襲名披露公演

緞帳があがると、
祇園藝妓衆の華やかな祝舞。
口上では代わる代わる口々に
毒たっぷりの本音で客席はあったまり、
トリ前の文珍、いつもの IT 小噺のネタをつないで、
あっさりドッカン、お後がよろしいようで・・・
よお、四代目春団治、
さあ、わらいますよ、前のめりの小屋のムード、
マクラのあとの『子は鎹』に入いるや、
寒波襲来、冷えはいやますばかり。

みかん大福

真穴みかん 〜続編

小ぶり、かわいい、
欲情してきたので、
そうだ、
みかん大福 に初挑戦。

道明寺のみかん餅、完成!

土佐日記〜〜呑んべえ食いしん坊編

土佐日記〜〜呑んべえ食いしん坊編

1)浜上げのどろめ
2)屋台餃子 安兵衛
3)鰻白焼タタキ

【 タイム食句】 02・06〜02・10

2・10
白魚に旅行く朝の明けはなれ : 加藤楸邨
〜〜浜上げどどめ漁師見習い

2・9
カードキー忘れて水を買いに出て僕は世界に閉じ込められる : 木下龍也
〜〜すっぽんぽん解放されてよろこびを

2・8
牛乳を温めてゐる雪解かな : 金子敦
〜〜地球温暖化ブラックジョーク

2・7
ポケットにバファリンがあるバファリンの箱の四隅をつぶしておりぬ : 鶴田伊津
〜〜すくすくとスギ薬局のあすなろう

2・6
菜の花を挿すか茹でるか見捨てるか : 櫂未知子
〜〜ヘタは淫靡に旨味たまり場

絵師金蔵

土佐まできたら、
絵師金蔵を見ないでどうする。

おどろ芝居絵屏風の絵金、
血だまりどっぷりなら、
放屁合戦、エロネタもぎょうさんあり。

国芳、暁斎のあいだでほぼ同世代。
幕末、明治という
騒乱の時代が産んだ作家、
革命の空気が選んだテーマ。

絵金蔵は展示より作品保護目的だから、
レプリカ陳列、それすらカメラだめ出し。
見たけりゃ、祭りにおいで。

岡上淑子 コラージュ展

岡上淑子 コラージュ展

高知って沖縄より遠い。
そこをおもいきっていってド正解。

110点を超えるボリュームで
シュールな世界。
キーマンは瀧口修造。

出口にごろんと
ボテロ!!
なでなで、してはいけません。
@ 高知県立美術館


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3