Archive for category セサミ日記

【遭遇一句  −2020】2020/09/21~09/25

09/25

道多き那須野の御狩の矢さけびにのがれぬ鹿の声ぞ聞こゆる : 藤原信実 

〜おくのほそ道・那須野の段

 

09/24

秋澄むや一人が楽しさうな人 : 安藤恭子

 

09/23

夕ぐれといふはあたかもおびただしき帽子空中を漂ふごとし : 玉城徹

 

09/22

洟かんで耳鼻相通ず今朝の秋 : 飯田蛇笏

 

09/21

朝乃山大関となり観たいなあ大言壮語吐いてごらんよ : 池田はるみ

【  タイム食句 ー2020  】2020/09/21~09/25

09/25

秋涼し手ごとにむけや瓜茄子 : 芭蕉

 

09/24

秋晴のひかりとなりて楽しくも実りに入らむ栗も胡桃も : 斎藤茂吉

 

09/23

冷めて色濃い芋の煮っころがし淋し : 池田澄子

 

09/22

玉かぎるほのかに未来ひらけたり歯を補修して医院出るとき : 高野公彦

 

09/21

卵かけごはん、でいいよ。秋の空 : 岡井隆

サロンモザイクのトークサロン

オンライン&会場[出張]サロンモザイクのトークサロン VOL.09
2020.9/21(月・祝) 20:00-ゆるやかにトーク&配信スタート
喋る人:和田 大象さん @『世沙弥』亭主
一日一客の六感料理/コレクター/「世沙弥美術館」
聞く人:中島 麦@美術家
    飯野 マサリ@gekilin.artgallery
    コタニ カオリ @サロンモザイク

::::::::::::::::::::::::::::::::

サロンモザイク
こんばんは 今宵もドタバタと配信が難しかったけど、現場は凄まじいテンションでよい夜でした ご来場、ご視聴、投げ銭も感謝です 和田さんは尊いおひとや。ありがとうございました。わたくしもなるならあんな大人がよかったなー 世沙弥、調べてみてくださいね! では来月もお楽しみに

年季の入った街場の繁盛蕎麦屋に間違いなし

東京に来たからには何箇所か巡らねば。
急ぎ足、
通りすがりの洋服屋さんの前に
富田菜摘さんの立体を3体発見。

通りすがりの蕎麦屋さんでお昼。
ビジネスマンも建設現場のニッカポッカも。
多いのは、カツ丼セット。冷し蕎麦が付く。
汗だくの作業服はちょっと迷って、カツカレー。
ええっ、蕎麦なしでカレーだけなら他に専門店あるやん。
それを横目に蕎麦と冷酒を。
大満足。
年季の入った街場の繁盛蕎麦屋に間違いなし。
さあ、次のギャラリーへ。

ブレイク前夜 in 代官山ヒルサイド

ブレイク前夜 in 代官山ヒルサイド
38人の新人、といっても
すでに、とっくに、こんなにはやく
手垢まみれになって。
なんじゃこれ?!
そのままブレイクしないで、
誰にも評価されないで、
そっと鬱屈したままの才能の
20年後が見たい。

artTNZ  寺田倉庫

アートフェアは老人には体力消耗が激しいので
俯いて駆け抜けることにしています。
初見チラ見で気になった作品もいくつか。
50枚のパネルは近づいて見るべし。
お茶のペットボトルや洗剤のプラボトルを
焼き付けたもの。(裏にラベルが貼ってある)
全てが滑稽な人間マンガになってるとこが凄い。
ベテラン西村陽平さん、陶芸は深〜〜い。
会場:artTNZ
天王洲あたりピンと来ないのでタクシーに。
運転手のおじいちゃん、
〜この辺りの土地は全部寺田倉庫のもんですわ。
アート引越センターの女社長(寺田千代乃)は娘さん〜
ああ、それで<アート>てネーミングしたんか。
合点がいって、あとで調べたら、全然違ってた。
口からでまかせタクシーもラッキィー。

【遭遇一句  −2020】2020/09/16~09/20

09/20

はんこ屋という秋風に近きもの : 永末恵子

 

09/19

好きならば許せるはずのひと言に大きく開く朱の曼珠沙華 : 熊谷純

 

09/18

男老いて男を愛す葛の花 : 永田耕衣

 

09/17

旅先にふたりでひとつのトランクを引きゆくやうに君と暮らさむ : 田口綾子

 

09/16

肉体は何の葉ならむ夏終はる : 阿部青鞋

【 タイム食句 ー2020 】2020/09/16~09/20

09/20

エルサレムに糞の門あり食の門すなはちくちびるはいづこぞ : 高橋睦郎

 

09/19

飛び飛びに席空いてゐる菊膾 : 藤井なお子

 

09/18

卵黄を白飯に落すならはしのまた復へりきて冽き秋日 : 葛原妙子

 

09/17

唐辛子ばかりの鍋の見えにけり : 西村麒麟

 

09/16

「歯の無い口」という句もありて五十二歳 初婚の一茶が思い居し老い : 佐佐木幸綱

Dysbiotica:ken+Julia Yonetani アートユニット

珊瑚礁に覆い尽くされた男と女。
海洋の浪漫と生命進化の神話性を
孕んで圧倒的な存在感。
ken+Julia Yonetani アートユニット
ふたりのテーマは<Dysbiotica>
=ミクロ世界の崩壊=
微生物、宇宙、環境破壊、原発、パンデミック。
ミクロとマクロの世界のバランスが
壊れる未来世紀の姿。
芸術の多面的特性である、
神秘と荘厳とメッセージ性のバランスが
究極に昂めあって増殖しつづける現象に
目を瞠らされる。
@ MIZUMA ART 9・26まで
追記::
*現在はオーストラリアから日本の限界集落に移住。
無農薬栽培の百姓。
*珊瑚の素材は磁器土。
信楽陶芸の森のレジデンス制作。

「残せなかったものたち」

ココルームの一日店長::
戦後、大阪砲兵工廠の跡地に鉄くずを取りに
来る集団をアパッチと。
これは小松左京の小説にも出てくるのでよく知られているが、
釜ヶ崎の大阪社会医療センターはアパッチと呼ばれていたそうだ。最近まで。
長年この地区で医療関係に携わってきた女性から
今に至る生活保護政策の歴史など。
お持ち帰りいただいた本は「古伊万里の蕎麦猪口・酒器」

*ココルームスタッフの高橋亘くんが写真集を上梓。
「残せなかったものたち」
社会の熱い坩堝に窯変する釜ヶ崎の風景であり、
そこに辿りつき格闘成長する青年の記録である。

Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3