Archive for category 蕎麦周辺

蕎麦 胡麻だれ

もりそば一枚、たのんだだけやのに、
つゆ二種類、胡麻だれもついてくる。

ごまだれといえば、
島田の宮本、神田まつや。

この二軒に比べると、カジュアルで
ヤングサラリーマン向けのいわゆる居酒屋蕎麦屋。
それでこのレベル。
脱サラや定年でアホくさい蘊蓄ゆうとる蕎麦屋は
ちょっとは見習わんかい。

オクラのぶっかけ

三匹のおっさん、蕎麦屋の奥で密談。
そば寿司、だし巻き、なんぞと
蕎麦屋ならではのアテをならべて、
田酒や王祿と酒がすすむ、すすむ。
さて〆はどうする。
壁には<夏のおそば>とある。
オクラのぶっかけ。

最後の蕎麦湯のときに、
ぶっかけ用にと、新たに蕎麦猪口を用意してくれる。
このホンのちょっとの気配り。

桜川からみあげる夏の月。

三元豚をアテに、酒は『ばくらい』

未曾有の嵐が夕方劇的にやんで、やませて、
用件がかたずいたので、一緒に軽くメシでも。

この辺にイタリアンでお好み焼き屋みたいな、、、
『豚玉』、3月に閉店してたんや。
では中華『BOONEYS』へ。着いたら定休日。
基本的にそば食いはひとりに決めているが、
こうなれば、あそこへ。
前までいくと看板が。〜〜満杯です〜〜
おお、わたしは世界から拒まれている。。。

めげずに中をのぞいてみると、
客は3組だけ、すいている。
「フロアが休みなんで、もしお時間いただけるなら」

三元豚をアテに、酒は『ばくらい』。
打ち手の穏やかな人柄が味わいの蕎麦。

葱を切っている。 リズミカルに、

カウンター越しに女性スタッフ(奥さん?)が
葱を切っている。
リズミカルに、ずっとずっと、一心不乱。

こんな店はうまいに決っている。
13:30。
お昼に客がいっぱいで対応に追われ、
夜の部のためにいま大量の葱を用意している。

もりは十割と細切りがあって、
細切りは15%つなぎと明記してある。

酒は開春石見辛口。

太切り細切りともに目でみただけで
むむ、おぬしできるな。

虫養いに蕎麦

小腹がすいたとき、ちょっと虫養いに。
最近はいわへんようになった。

蕎麦にはあんまりつかわんけど、
たまたま街なかにあるお店で
すだれ、御簾、竹っぽい虫籠みたいな
蕎麦屋にまぎれこんでしまうと、
虫気分になって蕎麦たぐってる。

蕎麦湯がやかんででてきた。
酒は上喜元(山形)。

シャガ群生の森のお蕎麦屋さん

この1軒の蕎麦屋にたどりつくには、
1時間、シャガ群生の森を彷徨わなければなりません。

春の花見、秋は紅葉狩りと山をたずねても、
おもいめぐらすのは人の世のこと。
手付かずの森では原初生命体の菌になるしかない。
潔さに身をまかせるだけ。

タイムワープしたあとの蕎麦は清々しい。

突然ですが5月に閉店します

「突然ですが5月に閉店します。
6月からシンガポールであらたなスタートです」

びっくり。20年の割烹繁盛店がなんで。

名残の蛍烏賊、河豚白子の碗蒸し、
走りの稚鮎、初鰹、そして最後に
ふだんは打たない蕎麦が特別に。
息子はタスマニアで植物園の園丁になってるとか。

ドメスティック大阪まで
デラシネの人々が漂流する時代に
知らん間になってたんや。

別格の蕎麦狂人

古墳をめぐりながらのお花見。
いにしえから散りつづけてきたような想いにとらわれるが、
染井吉野の寿命はわずか60年とか。

ふと見ると蕎麦屋の看板、名前に覚えがある。
もっと辺鄙なところにあったような。
くぐり戸をあけると、あっ、小柄なあの蕎麦打ち人。
最近、引越してきたという。
名人なんぞ安っぽくつかいたくないが、
やはり別格の蕎麦狂人。

荒挽き太そば、荒挽き細そば、
酒は桃川(青森)

三吟ですでに八巻目

おうろん屋さんで歌仙の打ち上げ。
三吟ですでに八巻目。
挙句(36句目)の果ての
グダグダ呑み会がクセになって性懲りもなく。
首尾(起首・満尾)よくいけば酒がうまいのだ。

名残表
鰹節削りし父をいま真似る     酔象
放蕩尽きて背負ふ憂愁       隗斗
金次郎ながら歩きを注意され    透写

郷土玩具の小幡人形(べこ)

五箇荘にはシーラカンスかピラルクのごとき
怪しげな鯉が群がる水路がある。
そんなケッタイな町並みにはへんな蕎麦屋がある。

ふるいお屋敷の大広間。
一番奥の床に土人形。郷土玩具の小幡人形(べこ)。
<手こね打ちうどん・手こね打ちそば>とある。
両刀使いのようだ。
ざるそばと釜玉を所望。
お酒をたのんだら、でたぁ〜
黄桜の二合徳利。

近江をたずねたら、おみやげは
<赤こんにゃく>に決まってるでしょ。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3