Archive for category 蕎麦周辺

新たまねぎ蕎麦

たまねぎのたましひいろにむかれけり : 上田五千石

大阪も通天閣が緑に染まり、ゆるゆると活動開始。
街場の蕎麦屋さんに<新たまねぎ蕎麦>。
ねぎフェチにはなんともうれしいメニュー開発。

美々卯閉店のニュースにビックリ。
東京6店舗全店、これは暖簾分けの別資本。
大阪本店は健在。うどんすきで知られているが、
実は蕎麦がうまい。
近いうちに行くこととしよう。

細挽きには粉引の皿がよく似合う

蕎麦屋さんは歩いていくものです。
山奥の名店だといって
自動車で二時間かけていくのはアホです。

お昼、
若いカップル、ジョギングスタイルのおっさん、
それぞれがさりげなくお酒をたのみお蕎麦をたのみ。
ご主人、湯がき始めるタイミングが絶妙。
おつまみが終わってすぐ、ではない。
しばしの間があって、
このつかのまの手持ち無沙汰の時間。
この時の流れがいとしくて、
人は蕎麦屋に漂着する。

さいぼしをアテに一献。
粗挽きはざる、
細挽きには粉引の皿がよく似合う。

紅葉漬・フグの子糠漬け・甘海老の醤油麹漬け

富山から奥能登へ行くには、
一旦金沢に戻って珠洲特急でのんびりバスの旅である。

行く前と戻ってから、往復ビンタ蕎麦喰い。
蕎麦前の三種盛りがお店によって微妙に違う。
金沢ではハズレがない。
<紅葉漬・豆腐味噌漬け・フグの子糠漬け>
<金時草の酢の物・甘海老の醤油麹漬け・河豚の子糠漬け>
どうよ、書き上げるだけでヨダレ。

蕎麦がなくても満ち足りる蕎麦屋が
至福の蕎麦屋と北陸の風土に教えられました。

さか本の蕎麦

夕餉
鄙びた田舎料理と思いきや、
まずはサヨリの冷燻からスタート。
すぐに手打ちそばの展開。
敷地内に蕎麦の実の温度管理のための蔵があり。
(お客の人間様には空調はありません)
若竹煮。筍は風呂からまじかに眺めた竹林の朝掘り。
しゃくしゃくと互いの噛む音が響き合って
知らぬ客同士がつい笑いだす。

朝餉
がんもどき、あっつあつ。
トッピングに黒胡麻。
アフアフすると中からも黒胡麻がたっぷり。

#湯宿さか本
ワインがグイグイすすみました。

九条葱そば ・ 麩屋町のおでん

京都の鮮紅と猩々緋。

一つ目の赤:九条葱そば
二つ目の赤:麩屋町のおでん

京都に紅はよく似合ふ。

サラリーマンの居酒屋蕎麦

<遊び礼賛>のあとは
<蕎麦礼賛>とまいりましょう。

自画像論のこじつけでいえば、
そば打ち人は毎日自画像を描いているようなもんだ。

玄挽きと更科を打つ人間の個性は全く違う。
十割がいいとは限らぬ、二八を最上とするも良し。
打ち手の人間性がそうさせているのだ。
技量の問題ではない。

今日は本町。
サラリーマンの居酒屋蕎麦で
酔っ払ってる姿はうつくしい。

<亀鳴く> は俳句の季語、実感した。

繁昌亭の裏に亀の池。
ガキンチョの頃から石を投げて遊んだ場所。

さすが道眞公の梅が満開。
枝垂れて見事。
花は桜より梅に限る。
亀が首を長くして紅白の梅を眺めて鳴いていた。
<亀鳴く> は俳句の季語、実感した。

落語のあとは蕎麦がいい。
心も体も笑いの余韻に満たされてるから、
酒もうまい、つまみの牡蠣も出汁巻も餃子もうまい。
女子高生みたいに箸が転げても笑い転げて、
しかし、蕎麦だけは奇跡的にまずかった。
虚しいザルを眺めて、あっ写真撮ってなかった。

出石の初雪

出石は午前3時から初雪。
男らが麺棒置いてスコップの雪かき。

出石にきても<皿そば>なんて
まずいものは喰わぬ。
そばがきで雪見酒。
しんしんと身にしみる。
地元、出石の酒蔵、
楽々鶴。ささづる。
コウノトリや鶴が飛来する風土。
ああ、俺も鶴の首に掴まって、
どこか遠くにいきたい。

酔っ払いの〆はもりそばにかぎる。
田舎の十割と、荒挽き。
繁盛店に隠れて、
真っ当なそば打ち人がいた。

<サイコ歌仙> 反省会

歌仙どころか俳句も全く作ったことがない野郎を
誘い込んでの<サイコ歌仙>
第1巻の総括・反省・蕎麦喰・鯨飲会

1)霧が晴れれば見知らぬ街に
秋巡業負けても嬉し暇乞ひ     処世界

*見知らぬ街からの付け筋の発想がおもろい。

2)聖火ランナー背に風ひかる
花の下瞳のなかの万神殿(パンテオン) 処世界

*初心者に名残の花を持たせたところ、
パンテオンが現れてビックリ。

・・・酒は紀土、秋鹿、喜久酔、剣菱・・・
う〜〜ん、飲みすぎてわからん。
蕎麦は鍋の〆なのだ。

植田塾長収穫の辛味大根

辛味大根、ぎょうさんもろた。
植田塾長が能勢町の畑を借りて
栽培、収穫。今年は豊作やて。
紫、緑、白、3色。そそられる〜
ほんまは、おろし蕎麦で食べるんやけど、
蕎麦無しで、とろんとろんの蕎麦湯に
大根どっさりたっぷり、
これだけでお酒2合はいける。

ま、ま、それはおいといて、
長いこと塾長の蕎麦を食べてへん。
久々に出かけてきました。

どうよ、この大盛り。
写真、山のごとき蕎麦の向こうに
見えるのが植田塾長。
ここは蕎麦打ち教室。
お昼の2時間だけ、蕎麦屋さんになる方式。
うまい、安い、大盛り、
本町界隈のビジネスマンで満席。
もり蕎麦一枚だけで満腹になれる奇跡。

#蕎麦喰い
2019-12
本町


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3