Archive for category 蕎麦周辺

虫養いに蕎麦

小腹がすいたとき、ちょっと虫養いに。
最近はいわへんようになった。

蕎麦にはあんまりつかわんけど、
たまたま街なかにあるお店で
すだれ、御簾、竹っぽい虫籠みたいな
蕎麦屋にまぎれこんでしまうと、
虫気分になって蕎麦たぐってる。

蕎麦湯がやかんででてきた。
酒は上喜元(山形)。

シャガ群生の森のお蕎麦屋さん

この1軒の蕎麦屋にたどりつくには、
1時間、シャガ群生の森を彷徨わなければなりません。

春の花見、秋は紅葉狩りと山をたずねても、
おもいめぐらすのは人の世のこと。
手付かずの森では原初生命体の菌になるしかない。
潔さに身をまかせるだけ。

タイムワープしたあとの蕎麦は清々しい。

突然ですが5月に閉店します

「突然ですが5月に閉店します。
6月からシンガポールであらたなスタートです」

びっくり。20年の割烹繁盛店がなんで。

名残の蛍烏賊、河豚白子の碗蒸し、
走りの稚鮎、初鰹、そして最後に
ふだんは打たない蕎麦が特別に。
息子はタスマニアで植物園の園丁になってるとか。

ドメスティック大阪まで
デラシネの人々が漂流する時代に
知らん間になってたんや。

別格の蕎麦狂人

古墳をめぐりながらのお花見。
いにしえから散りつづけてきたような想いにとらわれるが、
染井吉野の寿命はわずか60年とか。

ふと見ると蕎麦屋の看板、名前に覚えがある。
もっと辺鄙なところにあったような。
くぐり戸をあけると、あっ、小柄なあの蕎麦打ち人。
最近、引越してきたという。
名人なんぞ安っぽくつかいたくないが、
やはり別格の蕎麦狂人。

荒挽き太そば、荒挽き細そば、
酒は桃川(青森)

三吟ですでに八巻目

おうろん屋さんで歌仙の打ち上げ。
三吟ですでに八巻目。
挙句(36句目)の果ての
グダグダ呑み会がクセになって性懲りもなく。
首尾(起首・満尾)よくいけば酒がうまいのだ。

名残表
鰹節削りし父をいま真似る     酔象
放蕩尽きて背負ふ憂愁       隗斗
金次郎ながら歩きを注意され    透写

郷土玩具の小幡人形(べこ)

五箇荘にはシーラカンスかピラルクのごとき
怪しげな鯉が群がる水路がある。
そんなケッタイな町並みにはへんな蕎麦屋がある。

ふるいお屋敷の大広間。
一番奥の床に土人形。郷土玩具の小幡人形(べこ)。
<手こね打ちうどん・手こね打ちそば>とある。
両刀使いのようだ。
ざるそばと釜玉を所望。
お酒をたのんだら、でたぁ〜
黄桜の二合徳利。

近江をたずねたら、おみやげは
<赤こんにゃく>に決まってるでしょ。

金沢で春の蕎麦

「山が萌えはじめたら山菜、
海だって萌えて岩のりが採れるんですよ」

そんなセリフきかされたらたまらん。
岩のり蕎麦。能登の凛たる気が喉をとおりすぎる。
春なら、香り高い芹蕎麦も。
変わりそばはイエローの文旦切り。これはこれは。

金沢で春の蕎麦、かけつけ三枚。
萌え萌え〜

オヨヨ書林

金沢、うららあったかい。
ぶらり21世紀美術館まで歩くことにする。
裏のせせらぎに沿って歩いてると、
オヨヨ書林って、なんかおもろそうな
古本屋にぶちあたる。

すぐ川をはさんで蕎麦屋あり。
カウンターは地元の常連でいっぱい。
いつものかきあげ。おれはきょうはおろしに。
親爺と客の息があってる。こんな店はうまい。

田舎の太打ち。
酒は剣(会津)、昆布の佃煮がついてくる。

帰りのサンダーバードでツイッターみたら、
<オヨヨ書林でトークやります。
近いひとも遠いひともみんな来てね!>
岸政彦さんが書き込んでました。

和菓子屋さんの十割そば

・・・和菓子をよりおいしく召し上がって戴くために
蕎麦をはじめました。

いやいや、酒さえあれば甘いもんなんか。
しかし、茶の湯でいえば茶会の席でまずは懐石、
さんざん食べて呑んでの亭主とのやりとりの後で、
主菓子と濃茶をいただくことを考えると、
あながちこれが蕎麦打ちの邪道ともいえんか。
そんな好奇心から。

シンプル。十割のもり。
つけ汁のコク。たっぷりの蕎麦湯。
そのあとに、和菓子。
この日は、淡い青紫蘇饅頭。
手土産に若ごぼうの砂糖菓子。

河内の<葉ごんぼそば>

大阪には<河内>という暗黒大陸がある。

春先は八尾の若ごんぼのシーズン、
その旬の野菜が自生する謎めく河内へ。

河内音頭を唄う勝新太郎、
ご存知、今東光原作「悪名」。
勝新、男の色気むんむん。
パチンコ「オロチョンパ」、これは菊水丸か。

この時期限定<葉ごんぼそば>
若ごんぼの葉っぱを蕎麦に打ち込んで、
つけ汁には、ごんぼの茎。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3