12・31
割禮イスラエルに絶えたり白胡椒口にひろがるかすみの鞭(しもと) : 塚本邦雄
〜〜不用意な尻選り取り嘆きの壁

12・30
手打ちそば寒の喉を通りけり : 角川春樹
〜〜ブラックホール超える時代へ

12・29
師が若くコカインを買ひし店の前 過ぎて ひそかに 告げたまふなり : 岡野弘彦
〜〜細胞の数ヶ月経てば総変へに

12・28
友訪わむさかさに提げて葱青し : 寺山修司
〜〜すじ肉ばかりのすき焼きが待つ

12・27
乱世に強くなれよと蕎麦を食ふ昨夜よりの雨車軸を下す : 小角隆男
〜〜餅レンジ情なしカウントダウン

12・26
ちひさき蜜柑二つ食べたのは昨日 : 上田信治
〜〜手が真っ黄っ黄免疫不全