2・10

蕗のたう今日萌え出でよ艶やかにかのまれびとのつよき産土に : 石井辰彦

 

2・9

生白魚微風のごとく喉を過ぐ : 神生彩史

 

2・8

明日よりは春菜(わかな)採まむと標めし野に昨日も今日も雪は降りつつ : 万葉集 巻八

 

2・7

きさらぎと思うすくらんぶるえっぐ : 池田澄子

 

2・6

あふあふと冷ますは不思議な食(を)しものの葛湯のなかの死者の荒魂 : 米川千嘉子