10/05

傾いた樹液を放つ電柱と私を産んだ人は同じだ : 中野霞

 

10/04

音楽のはじめ月光菩薩かな : 柿本多映

 

10/03

忘れてはたちまち孵る血の繭を支へて歩みわが語ること : 山中智恵子

 

10/02

離縁状代わりに置いていく鱗 : 倉富洋子

 

10/01

あまり言葉のかけたさに あれ見さいなう 空行く雲の早さよ : 閑吟集