Archive for category 世沙弥のスペース案内

み仏は二つの貌を : 松浦司

真っぷたつ。
み仏は二つの貌を。
わたしにも二つの宇宙。

作家:松浦司 
<世沙弥コレクション ー2019>

蛇目

蛇目
一升枡の立体になると、
色層がとぐろ状態。

展示場所をいろいろ変えて、
オン・ザ・バスキアに落ち着いた。

<世沙弥コレクション -2019>

ナオユキ @ 世沙弥亭寄席

ナオユキ @ 世沙弥亭寄席
3部 構成 それぞれ50分。
喋りっぱなしの150分。
ネタがダブらないのが、もう凄い。
2部、3部、ナオユキ初体験の女性が
どツボにハマって、さあ大変。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の話題は
<ナオユキ・アートに初挑戦、初公開>
陣痛、バスキア、、、
抽象コラージュに、
欲しい!
早速アートファンの和歌山にお嫁入り。

モリメールからの ワダメール

フェルメールからの
モリメールからの
ワダメール

森村さんが額装まで。
今回の場合は、マット内側に
金ラインの有る無しがポイントと
教えていただきました。

29日(土)、
世沙弥寄席<ナオユキの会>で初公開予定。

巨匠、一年半ぶりに修理から戻ってきました

巨匠、一年半ぶりに修理から戻ってきました。
世沙弥の入り口でお客様をお出迎え。

どなたかが来られると、
フィギュアが穴からUP&DOWN。

アート系に興味のある人ほど、
どうなってんねやろう、すぐさわる〜
いじったら、あかんやろ。
てなわけで、入院治療しておりました。

永井英男作品
(世沙弥コレクション ー2013)

赤ドベと灰かぶりのエロティックな対比

軟体動物のような、
海綿体のような。
二つ重なって、
一晩で十センチ移動して、
先の住人たちと馴染もうとしています。

丹波焼の雅彦さんにお願いして、
もう桜の季節は二回巡りました。
赤ドベと灰かぶりのエロティックな対比。

(世沙弥コレクション −2019)

マネキン、もろてきて

塚本駅前商店街、
たまたま通りがかったお店が閉店セール。
マネキンほかす、
ゆうからもろてきて、
世沙弥の侵入防止に。

マネキン運ぶのに、
日頃使い慣れたるロープを出したら、
80歳、脳梗塞のおかあちゃんの方が
縛りのテクニック上手かった。

雀太の会

雀太の会 @ 世沙弥寄席

一部:時節柄、貧乏花見でまず一席。
二席目、天狗さばき。
二部:花見に変わって、代書。
雀太きくなら、まずこのネタでしょ。
ますます磨きがかかる。

フリータイムは呑みタイム。
人と人の磁力の強さ。
関係がジグソーパズルのように
ピシピシはまって繋がっていく。
おもろい。

今回、雀太師匠は二回目。
一回目は使わなかった膝隠、見台、小拍子も
使いながらの四席、高座も誇らしい、ねっ。

『句句句の会』初句会

『句句句の会』初句会 @ 世沙弥

後半の批評タイムの舌戦、
それぞれのキャラ剥き出しで、笑いっぱなし。
次は夏の句会をやろう、即決定。

モリメール写真館

さて、5人の麗しき女性の
どれが、モリメール?
はて、フェルメール?


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3