Archive for category 世沙弥のスペース案内

安藤栄作「BEING」

安藤栄作「BEING」
世沙弥に降臨。
栄作さんご自身が設置場所を検討、
頭に光が降り注ぐ場所に。
今日はお客様へのサプライズお披露目、
特別に玄関でお出迎えの儀となりました。
昼の光も夜の闇も、
気高き魂はここに在り。
・・・
(世沙弥では食事しなくても、
美術館として、昼間鑑賞だけでもOKです。
是非、間近くご覧ください)

from Kiichiro

MR.
Massive
Elephant

from Kiichiro
with lots of love

この黒い幕の向こう,
熱いドラマのはじまりはじまり。

エレファントマン

月光の象番にならぬかといふ:飯島晴子

「エレファントマン」といえば、
こんな不思議な味の俳句あり。

デヴィッド・リンチのこの作品が80年、
その10年前の寺山修司の大山デブ子を思い出す。
毛皮のマリーからまたリンチのブルーベルベットを
連想したり、あの時代の強烈なカルト味。

リンチが描いた12枚組のお皿。
きっちりエレファントのモチーフがありますね。

『 菊福図-REIWA 』

『 菊福図-REIWA 』
物議を醸した<天覧美術>展から
世沙弥コレクションに収まりました。

今回、木村了子は《 菊の王子様 》の御真影と
合わせの新作で問題提起。
それではここで手持ちの何とコラボさせるか、
ここからがコレクターの愉しみ。

1)草間彌生:ブロンズのパンプキン
2)岡本光博:検閲抗議のバナナ

お客様のドーパミンを刺激して
食欲が湧いてくることを祈るばかり。

作品:HAGEMARU

額装、
コレクターにだけ味わえる楽しみは、
作品を自分の好みの額装に仕立てること。
お茶の世界で、利休好み、遠州好みとか
いうものと同じ。世沙弥の設え。
作品自体がすでに超ビッグなものをカスタム化など
とんでもないけど、ドローイングはそれが許される。

今回はシルバーが効いた。
マットも少し立体化をリクエスト。
予想150%の仕上がり。

作品:HAGEMARU
額装:窪山 ひろこ (Hiroko Kuboyama)

「浮生若夢」

先づは、豌豆のすり流し。

献立の落款をきょうから変えました。
「浮生若夢」
お箸の焼印「大象」ともども
寺田知了先生に彫っていただいた宝物です。

気まぐれに活けています

赤ユリ:金理有
紫陽花:川端健太郎
半夏生:隠崎隆一

姫射干、白山木、梨の花、躑躅、山法師、石楠花・・・
順に世沙弥の庭に咲きついでくれるもの、
気まぐれに活けています。

独り歩きする言葉 <濃厚接触>

森村泰昌、「新聞に喝!」(2020/05/17 朝刊)
コロナ以降、独り歩きする言葉。
とりわけ<濃厚接触>?!?!

濃厚接触編
森村泰昌:唄うひまわり
名和晃平:VESSEL 〜王蟲接近

世沙弥、 今日から再開。

世沙弥、
今日から再開。
お迎えの準備中。

・庭の山法師。樹上、空向きに花をつけてるんですが、
強引に切ってきて:川淵直樹の南蛮

・道端に踏まれてた花、毟り取って:三原研の炻器

・薫風になでられ、久々にカバさん、ご機嫌です。

#松浦司
#新宮晋

<網野史観>

<網野史観>にとっぷりと。
これもステイホーム読書のおかげ。
中世日本の豊かなうねりを
自分のDNAに確認。
コロナ鬱の霧が晴れてきます。

読書のススメ
#塩田千春 :本とさくらん坊
#吉本直子 :本と鏡
#荒木高子 :本と花束
#世沙弥コレクション


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3