Archive for category 食句塾

・枯節の黴拭いている雨女 : 咲也

食句塾:7月例会
さくらん坊つまみながら
「切字と切れ」(高山れおな・著)のことなんか。

・枯節の黴拭いている雨女 : 咲也
・黴の世にチーズの黴の青の鬱 : 翠胡
・ああみずいろの雨プール色の雨 : 主水
・ありていにありさんにありありまして : 三甫
・蟻の這う路線図同時多発テロ : 数何

次回 兼題 :酔う ・ 調

・山上憶良の子等に枇杷の種 : 三甫

コロナ3密、歌仙はネットでできるが、
句会はアウト。4、5が中止で
3ヶ月ぶりの<食句塾>6月例会。

あみだくじで決めたお題が<山>
・山上憶良の子等に枇杷の種 : 三甫

登山靴、山法師、天王山、と出揃ったが、
山上憶良には大爆笑。
わずか10分の即興では思いつかない。

そういえば、私のご近所の保育園には
毎年枇杷がたわわたわわ。
今朝、写真撮影に行ったら
枇杷まで3密避けて寂しく実っていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月例会
席題: 黴(必ず食品)・ 蟻

 

『食句塾』からの反省呑み会

<ビクトリ投げからの膝十字固め>
こんなお酒、アリ?
このラベル、おいおいおい!
純米生原酒(おりがらみ)、うまいやん。

『食句塾』からの反省呑み会。
・亀鳴くや特別な部屋から動画 : 飛白
・約の日でありせば春の雪へ出る : 翠胡
・ミミズクを鞄に詰めし特殊清掃員 : 亀歩
・春疾風馬鹿じゃないってこと示す : 果風

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月 兼題
スパイス ・ 曲

食句塾2月例会

食句塾2月例会。
席題:チョコレート

スーダラ節を知らないメンバーがいた。
改めて、青島幸男。

3月の兼題
薄切り・厚切り : 特

3月予定
新人入会  1名
オブザーバー1名

・・・・・・・・・
句歌系−7
句会ー3

食句塾 新年号合評会

食句塾
新年号合評会

年間4回発行の季刊誌
掲載句から毎回3句づつ残して
年間大賞候補に。
他の毎月例会の食句賞、その候補句などは
今まで通りに最終の第1次選考に。

・餅搗やヘルパーの鼻折られたり:咲也
・天竺へこのまま温き鯛焼と  :翠胡
・雨女雪女今日から二人    :主水

食句塾 初句会

食句塾 初句会

・冬眠を運ぶコントラバスケース : 主水

ゴーンさん、楽器ケースで国外逃亡のニュース。
この旬の話題が賞味期限。

・姫始め:正月早々の密か事、だと決めつけていたが、
正月に柔らかいお米(姫米)の食べはじめもこういうらしい。
初めて知った。

2月例会
兼題: もやし ・ 腰

食句塾 年間グランプリ選考


師走、
忘年会の一発目は<食句塾>

年間グランプリ選考
・既視感とやらが自然薯に具体的に : 主水
・先代は何をしてきた蓮根掘る   : 飛白
・産声は花よゆくさきざきを蝶   : 翠胡
・プラゴミの火の粉と交わる竹夫人 : 果風

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月例会
兼題: 養殖 ・ 梅田

食句塾 11月例会

食句塾 11月例会
忘年会の打ち合わせなのだ。
来年春の吟行の打ち合わせなのだ。

・既視感とやらが自然薯に具体的 : 主水
・具象展出て百菊の風の中    : 翠胡
・佐渡島サドは一夜でサドとなる : 象印

食句塾 秋の吟行

食句塾 秋の吟行
蹴上から<ねじりまんぽ>を抜けて
<無鄰菴>。句会の会場としてはベスト1のオススメ。

爆笑につぐ爆笑で、
階下のスタッフからお叱りを頂戴する始末。
いつもお笑い優先の句会なんです。

・林泉(しま)めぐる秋水はこの庭の心(しん):翠胡
・干し海鼠祖母の箪笥の二重底 : 飛白
〜阿部定バレ句ですやん。

 

・相席のひれ伏し寄せるラー油かな : 酔象

食句塾 九月例会
兼題:相席

・相席の戻り鰹が欲しくなり : 杏
・なれなれし相席とろろ汁こぼす : 飛白
・相席のひれ伏し寄せるラー油かな : 酔象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十月:秋の吟行・南禅寺
兼題:食い放題(飲み放題) ・ 底


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3