Archive for category 食句塾

食句塾 11月例会

食句塾 11月例会
忘年会の打ち合わせなのだ。
来年春の吟行の打ち合わせなのだ。

・既視感とやらが自然薯に具体的 : 主水
・具象展出て百菊の風の中    : 翠胡
・佐渡島サドは一夜でサドとなる : 象印

食句塾 秋の吟行

食句塾 秋の吟行
蹴上から<ねじりまんぽ>を抜けて
<無鄰菴>。句会の会場としてはベスト1のオススメ。

爆笑につぐ爆笑で、
階下のスタッフからお叱りを頂戴する始末。
いつもお笑い優先の句会なんです。

・林泉(しま)めぐる秋水はこの庭の心(しん):翠胡
・干し海鼠祖母の箪笥の二重底 : 飛白
〜阿部定バレ句ですやん。

 

・相席のひれ伏し寄せるラー油かな : 酔象

食句塾 九月例会
兼題:相席

・相席の戻り鰹が欲しくなり : 杏
・なれなれし相席とろろ汁こぼす : 飛白
・相席のひれ伏し寄せるラー油かな : 酔象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十月:秋の吟行・南禅寺
兼題:食い放題(飲み放題) ・ 底

食句塾八月例会

食句塾八月例会
赤福
一計さんの三回忌、
大好きだったよね。

・踊り果て障害児と見る揚花火 : 咲也
れいわ2議席獲得で注目の政治状況。
花火のように一晩の興奮だけで終わらないように
祈りとマスコミへの皮肉。

・鰻待つ老女のかるく馴染む隅 : 翠胡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
九月例会:
9月15日 第3日曜
兼題 : 相席 ・ 面

vol.65 夏号 食句塾 季刊誌

食句塾 季刊誌合評会
vol.65 夏号

・人惜しむ句座にくばられ葛ざくら : 翠胡

メンバーの三甫さんが、
サプライズで手土産、配ってくれました。

その三甫、ハノイでの吟行句
・雷鳴やハノイのスパの揉み戻し

・数行のエンディングノート糸瓜垂る : 大象

食句塾 7月例会

・ビアガーデン出て暗算を驚かれ : 飛白

・不可能と思う水着に入りけり  : 主水

・数行のエンディングノート糸瓜垂る : 大象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7・21 季刊誌 合評会
8・4  8月例会
兼題: 立ち食い ・ 軽

場所:阿倍野市民学習センター

・二百年歳の差婚や薔薇香る : 弥華藍

食句塾

飛白さん、誰かに似てるなぁ。
四谷シモンや。

6月例会は、席題大会。

・二百年歳の差婚や薔薇香る : 弥華藍

七曜耀き花は一気に蝦夷の野へ  : 翠胡

食句塾 5月例会

令和初めての句会となる。
・「令和」迎えし豌豆のひと並び  : 菜摘
・令和朔日蝿が車内を脅かす    : 弥華藍
・令和なる穂先のあやしたけのこ掘り: 大象

5月の食句賞
・七曜耀き花は一気に蝦夷の野へ  : 翠胡

食句塾 季刊誌合評会

食句塾、
会場がハルカス近くに変わったから、
やよいちゃん前通過。

季刊誌合評会。
表紙は毎回<食>テーマのアート。
入れ歯のような宴会風景は
18世紀の画家、ピエトロ・ロンギ。
ヴェネツィアの栄耀栄華、ざんす。

<食句塾ジュニア>企画

食句塾 3月例会 @阿倍野市民学習センター

句会に興味あっても新たに参加はちょっとコワイ。
気楽に入り口程度の場を・・・ということで
<食句塾ジュニア>企画が発案されました。
具体的な内容が決まれば案内します。

・春浅し正体不明の発芽あり   : 案山子
・ランドリー回るそこだけ白い夜 : 林子
・黒いもの飲んで卒業させられる : 主水

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回 4月は春の吟行 (4月7日・第1日曜)
生駒山上遊園地
( 兼題 : 包丁・電 )

 


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3