Archive for category 食句塾

・サーフィンの腹這いの奴のっぺらぼう : 大象

食句塾 6月例会
今回は席題オンリーの試み
11人が出題 5句出句

・ビール腹別人なので帰ってもらう : 主水
とぼけてる。帰ってもらう、が笑える。

・青き天体真昼の水へ蛇急ぐ : 翠胡
水惑星地球俯瞰図。蛇といえば、
音楽漂う岸侵しゆく蛇の飢( 赤尾兜子)

・心太主語も名詞もすべり落ち : 弥華藍
中7がわからん。惚けて、あれあれしかでてこない。

・サーフィンの腹這いの奴のっぺらぼう : 大象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月例会
日時:7月2日(第1日曜)
場所:八知亭
兼題:たまねぎ・影

<季刊誌夏号 57号>原稿
6・20までに出稿

カフェで書く志望動機や喜雨の窓 : 飛白

食句塾5月例会

・このカフェで会ってそれきり作り滝 : 主水

瀧壺に瀧活けてある眺めかな(中原道夫)
外を見る男女となりぬ造り滝(三橋敏雄)など
先行句はあるが、おもしろい。

・入信を説く少年のいた五月 : 翠胡

空白のある空気感。ミステリーともノスタルジーともちがうけど重なる。

・カフェで書く志望動機や喜雨の窓 : 飛白

カカキキのリズム。
志望動機の無意味をさりげなく投げておいて、
喜雨にもってきたポイント。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月例会
6・5(第1日曜)
八知亭

・兼題はなし。席題オンリーの句会。

食句塾 春の吟行 @中之島公園

食句塾 春の吟行 @中之島公園

・花見ニモユカズ白湯ススリ笑ッテヰル : 菜摘

・一線は超えてみるもの花筏      : 案山子

・川筋に獅子の四頭二分桜       : 三甫

川の字に三が含まれている。二、三、四

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*季刊誌春号合評会 4・16(第3日曜)

*5月例会 5・7(第1日曜)

兼題 : カフェ ・ 入

〜〜八知亭 リフォーム祝い

・時措かず納棺のごと雛納め : 案山子

食句塾3月例会

兼題は<グリコ><嘘>、席題<時>

・時措かず納棺のごと雛納め : 案山子

ほかも雛の句多数。
・うそ白し三人官女朝帰り : 菜摘

・あちこちでめだま取り出す春が来た : 咲也
(花粉症だとほとんどのメンバーが理解。
そうなのか、蛍烏賊の料理かと思った)

・背景にうぐいす餅のある事件 : 主水

・内回り外より温し環状線 : 酔象

+++++++++++++++++++++++++++

4月例会 4・2(第1日曜)

*春の吟行 : 場所・未定

兼題: 暖簾・線

季刊誌 春号(no.56)
原稿締め切り 3月20日
(写俳用の写真はこれから決めます)

梅余りに明るく遠きれくいえむ : 翠胡

食句塾2月例会
兼題 : たい焼き ・ 音楽
席題 : 雨

・「いい意味で雑なの。彼も鯛焼も」 : 主水
・鯛焼きの孕みて恵方北北西     : 案山子
・わり算の余りほどの雪ピアニッシモ : 菜摘
・音符となって降り給う小鳥の糞   : 大象
・梅余りに明るく遠きれくいえむ   : 翠胡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<3月例会のお知らせ>
日程: 3・5(第1日曜)
場所: 八知亭
兼題: グリコ ・ 嘘

食句塾 vol.55 新年号 合評会

食句塾 vol.55 新年号 合評会

・年賀から消えた子どもをいつか問う : 飛白

・山眠るこれからめしという時に   : 主水

・湯豆腐は食べてないよなここ何年  : 杏

・銀杏ふむふみ使徒になるしかない  : 酔象

 

食句塾初句会

食句塾初句会

八知が3年のバンコック出張から帰国。
タイの日本企業は日本から1名いけば現地人スタッフ4名
雇用しないといけない規約があるという。

兼題「串」
・去年今年串にも哲学あるとかや : 咲也
虚子の<貫く棒の如きもの>が禅とすれば、串に哲学をみるのは卓見。
あるとかやではなく、ここで言い切ってほしい。

・冬薔薇の首添えて小鳥を銀の串 : 翠胡
ジビエ耽溺の退廃美学。

・鯨舌(さえずり)や串ぬくときの一呼吸 : 大象
ぬくとき、ポイントです。

席題「朝」
・冬の朝指輪をはずす音がする : 菜摘
自立した女は家をでていく。
男はベッドでまだのうのうと幸せな眠りを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月例会
2月5日(第1日曜)
兼題 : たい焼 ・ 音楽(楽器)

自転車の空気あります雲の峰 : 飛白

食句塾 年間大賞 選考会

梨描いて食べて淋しいのもばれる
木の実降る姉妹は人を奪い合う
あるはずのないものばかり雛の家
飼い慣らすか殺すか選べ風立つ日
宿題を残す次男と梨齧る
キンモクセイそこにたしかに幸福荘
逃げ足の遅い蛸なりきゅうりもみ

侃々諤々ののち
三次選句 109句から決定

自転車の空気あります雲の峰 : 飛白

空気あります、微妙な屈折。

食句塾12月例会

食句塾12月例会

・まっすぐの煙のどこが十二月 : 飛白

>この句は縦書きであってこそおもしろい。
・煙突の下は柚子湯で賑わいし : 八知

・湯豆腐や昭和のスターの予約席 : 杏

> 天にいれた三甫のコメント〜〜
むかし、ある割烹で女優さんふたりをみた。
だれだれ?
岩崎加根子と大塚道子。
。。。大受け
ちなみに作者は勝新のことだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*1月例会

1・8(第2日曜)

兼題 : 串 ・ 祝

場所 : 八知亭(天王寺)

・・・・・・・・・・・・・・・

*季刊誌 新年号合評会

1・22(第4日曜)

食句塾11月例会

dscf0001

『たこぼうずもなか』
貝塚の銘菓らしいっす。

食句塾11月例会

・艦長がまた無茶を言う紅生姜 : 主水

・秋深し母は終生縞である : 飛白

縞とは檻の鉄格子。
毒母をもつ娘の目線だそうな。
毒親とか毒ママとか、知りませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月 予定

日程:12・4(第1日曜)
場所:八知亭
兼題:予約(食に関すること) ・ 煙
備考:年末恒例 年間大賞選考


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3