Archive for category 食句塾

・二百年歳の差婚や薔薇香る : 弥華藍

食句塾

飛白さん、誰かに似てるなぁ。
四谷シモンや。

6月例会は、席題大会。

・二百年歳の差婚や薔薇香る : 弥華藍

七曜耀き花は一気に蝦夷の野へ  : 翠胡

食句塾 5月例会

令和初めての句会となる。
・「令和」迎えし豌豆のひと並び  : 菜摘
・令和朔日蝿が車内を脅かす    : 弥華藍
・令和なる穂先のあやしたけのこ掘り: 大象

5月の食句賞
・七曜耀き花は一気に蝦夷の野へ  : 翠胡

食句塾 季刊誌合評会

食句塾、
会場がハルカス近くに変わったから、
やよいちゃん前通過。

季刊誌合評会。
表紙は毎回<食>テーマのアート。
入れ歯のような宴会風景は
18世紀の画家、ピエトロ・ロンギ。
ヴェネツィアの栄耀栄華、ざんす。

<食句塾ジュニア>企画

食句塾 3月例会 @阿倍野市民学習センター

句会に興味あっても新たに参加はちょっとコワイ。
気楽に入り口程度の場を・・・ということで
<食句塾ジュニア>企画が発案されました。
具体的な内容が決まれば案内します。

・春浅し正体不明の発芽あり   : 案山子
・ランドリー回るそこだけ白い夜 : 林子
・黒いもの飲んで卒業させられる : 主水

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回 4月は春の吟行 (4月7日・第1日曜)
生駒山上遊園地
( 兼題 : 包丁・電 )

 

食句塾 2月例会

食句塾 2月例会

ちょうど節分
・なおみ豆撒く舌ったらずの「 鬼は内 」 : 菜摘
・湯豆腐の果つるところや鬼は外 : 案山子

今回トップは
・夜の雪贅沢な舌を上書きす : 飛白

*お土産は、スリランカから戻った
案山子さんの粒胡椒と紅茶
*おやつは、虎屋の節分外郎、あとはチョコレート、諸々。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月例会
兼題:: 喫茶店(カフェ) ・ 発

4月::春の吟行

食句塾 初句会

食句塾 初句会。
その前に、腹ごしらえ。

オラオラオラ、デカすぎるやろ、
関東煮の大根でこれアリ?

句会会場、新年から
あべの市民学習センターに変わりました。
ゆったりスペース、新人大歓迎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)季刊誌合評会
1・20(第3日曜)

2)2月例会
2・3(第1日曜)
兼題: 舌 ・ 産

会場:あべの市民学習センター

食句塾年間ショック賞

食句塾
年間 ショック賞 グランプリ決定

2次選考で34句
3次選考で5句

・筆圧の強し鰻の領収書
・遺跡のような命のような冷蔵庫
・手足胴に頭をのせて確かな朝
・この町で偽名でくらす花山椒
・食べる草食べない草に風光る

グランプリは・・・

食句塾 12月例会

食句塾 12月例会

席題大会

・分断の塀乗り越える柿あまた : 飛白
ホンジュラスからの移民キャラバン。
時事問題を自然詠に。日本の四季の移ろいも
世界の南北問題も地球規模の視点にすれば同じか。

・旧交を湯豆腐に入れ煮詰まるる : 案山子
寄せ鍋、闇鍋ではなく、湯豆腐。
それでもなおかつ煮詰まったか。

・なめこそば会ってまだ二時間ですが : 大象

まだ二時間だけどなめこを食べる関係、
まだ二時間ですが蕎麦だけで早々に失礼します、
読みがわかれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019年からは会場変更
阿倍野区民センターに。
基本的に、第1日曜日。

1月 兼題

① 屋台(食べ物)
② 白 (イメージテーマ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

淀の競馬場 : 食句塾 吟行

淀の競馬場
食句塾 秋の吟行であ〜る。

パドックでまずは毛並みのお勉強。
半グレは芦毛、
黒いのは青毛、
栗毛でも微妙に鹿毛、かげは区別する。

第4レースは全員馬券買い。
当たりは案山子ひとり。
そのあとの句会は気もそぞろ。

サラブレッド系2歳 新馬戦
・爽やかや鹿毛(かげ)の牝馬(ひんば)の初勝利 : 咲也

・芝生1 山1 空8 紅葉1 : 弥華藍

食句塾 季刊誌62号

食句塾 季刊誌62号 ワイワイガヤガヤ時間

・恥ずかしいものを花野に置き忘れ  : 飛白
・豆ご飯父の茶碗で食べる母     : 咲也
・生身魂僕の定食だけこない     : 主水
・ゆきずりに冷やしトマトにされました:    大象


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3