Archive for category 食句塾

食句塾 2月例会

食句塾 2月例会

ちょうど節分
・なおみ豆撒く舌ったらずの「 鬼は内 」 : 菜摘
・湯豆腐の果つるところや鬼は外 : 案山子

今回トップは
・夜の雪贅沢な舌を上書きす : 飛白

*お土産は、スリランカから戻った
案山子さんの粒胡椒と紅茶
*おやつは、虎屋の節分外郎、あとはチョコレート、諸々。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月例会
兼題:: 喫茶店(カフェ) ・ 発

4月::春の吟行

食句塾 初句会

食句塾 初句会。
その前に、腹ごしらえ。

オラオラオラ、デカすぎるやろ、
関東煮の大根でこれアリ?

句会会場、新年から
あべの市民学習センターに変わりました。
ゆったりスペース、新人大歓迎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)季刊誌合評会
1・20(第3日曜)

2)2月例会
2・3(第1日曜)
兼題: 舌 ・ 産

会場:あべの市民学習センター

食句塾年間ショック賞

食句塾
年間 ショック賞 グランプリ決定

2次選考で34句
3次選考で5句

・筆圧の強し鰻の領収書
・遺跡のような命のような冷蔵庫
・手足胴に頭をのせて確かな朝
・この町で偽名でくらす花山椒
・食べる草食べない草に風光る

グランプリは・・・

食句塾 12月例会

食句塾 12月例会

席題大会

・分断の塀乗り越える柿あまた : 飛白
ホンジュラスからの移民キャラバン。
時事問題を自然詠に。日本の四季の移ろいも
世界の南北問題も地球規模の視点にすれば同じか。

・旧交を湯豆腐に入れ煮詰まるる : 案山子
寄せ鍋、闇鍋ではなく、湯豆腐。
それでもなおかつ煮詰まったか。

・なめこそば会ってまだ二時間ですが : 大象

まだ二時間だけどなめこを食べる関係、
まだ二時間ですが蕎麦だけで早々に失礼します、
読みがわかれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019年からは会場変更
阿倍野区民センターに。
基本的に、第1日曜日。

1月 兼題

① 屋台(食べ物)
② 白 (イメージテーマ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

淀の競馬場 : 食句塾 吟行

淀の競馬場
食句塾 秋の吟行であ〜る。

パドックでまずは毛並みのお勉強。
半グレは芦毛、
黒いのは青毛、
栗毛でも微妙に鹿毛、かげは区別する。

第4レースは全員馬券買い。
当たりは案山子ひとり。
そのあとの句会は気もそぞろ。

サラブレッド系2歳 新馬戦
・爽やかや鹿毛(かげ)の牝馬(ひんば)の初勝利 : 咲也

・芝生1 山1 空8 紅葉1 : 弥華藍

食句塾 季刊誌62号

食句塾 季刊誌62号 ワイワイガヤガヤ時間

・恥ずかしいものを花野に置き忘れ  : 飛白
・豆ご飯父の茶碗で食べる母     : 咲也
・生身魂僕の定食だけこない     : 主水
・ゆきずりに冷やしトマトにされました:    大象

・恥の多い冒頭ですが新走 : 主水

食句塾 10月例会
第229回になる。
今回も新人が初参加。今年になって2名増えた。
といっても全員揃っても15名。
こじんまりして句会には最適の人数だ。

ほかの句会では無視されるような2句が
最終の天の句の決戦選考にのこる。
それも最初の選句段階ではほとんどスルーされていた句である。

・恥の多い冒頭ですが新走   : 主水
・手足胴に頭をのせて確かな朝 : 林子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★10月21日(第3日曜)
季刊誌・秋号 合評会

★11月4日(第1日曜)
秋の吟行:淀競馬場
兼題: 爪楊枝 ・ 秘
あとは吟行句を3句

食句塾 9月例会

食句塾 9月例会

・おつまみ渇くビールおつまみ乾く : 飛白
おつまみたべる、のど渇く、ビール飲む、またおつまみ。乾いてる
この流れ。やはり句読点をいれないと読み取れない。

・犯人のように踊に戻りけり : 主水
脱走犯を連想させる。また踊りの輪にはいりたいけどはいれない心理。

・すいか割る前いい予感しかしない : 酔象
晴れ男。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回 10月例会

10月7日(第1日曜)
兼題:: 塩 ・ 座

+++++
季刊誌 秋号
締切 9月20日
合評会 10月 第3日曜

 

 

 

 

『食句塾』20周年記念

『食句塾』20周年記念

「食とハーブの図書館」のいろいろな企画コースの
1つとして、半年ぐらいの予定でスタート。
季刊誌も92号に達した。

青うさぎさんは錬金術師

『食句塾』vol.61
2018 夏号 合評会

メンバーは詐欺師、竿師、花師、楽師など多士済々。
青うさぎさんは、錬金術師ならぬジュエリーデザイナー。
北浜はツタの絡まる画廊で個展中。

・窓際にダイヤのピアス明易し : 青うさぎ

男と女の密かごと、きぬぎぬの切ないシーンか。
実は、この個展に間に合わせる徹夜明けの
必死の作業、ということでした。
解説はきかないことにしましょう。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3