Archive for category アート周辺

『否定と肯定』

『否定と肯定』
ホロコーストでガス室などなかった論を巡る裁判劇。
ガラガラかとおもいきや、空席なしの最後の一枚、
最前列のはじっこで。
この1年、ここ5年の日本社会をかえりみる
きっかけになることをなにかしら感じてのことか。

酒好きの法廷弁護人のトム・ウィルキンソン。
カフェでブラック・プディングとトーストで目玉焼きを
突っつきながら食べてるシーン、シブいっす。

ハメモノ実演

ハメモノ実演。
シブい江戸落語を上方落語より
格上に評価する阿呆がおるが、
上方のハメモノを知らんのか。

フランケンシュタイン映画の怪優ばりの
桂米輝は意外にも楽器の名手。
篠笛、能管を器用にこなす。

内海英華さんの女道楽、さすが。
メインを立て、会場の客層を読んで
繰り出す演し物。
三味線をおいて、踊りだしてのサービス。

主役は「咲くやこの花賞受賞記念」の
桂佐ん吉。
米朝>吉朝の流れ、上方の粋な正統派。
真面目な印象が損。もうちょっと破れが欲しい。

相撲人形

イセコレクション、12月3日で終了
ギリギリの東洋陶磁美術館。

常設展示に、
あれ、ほっこりの相撲人形。

相撲ってそもそも江戸時代から・・・
ああ、やめとこ。

阿武咲と貴景勝の時代よ来たれ。

ギャラリー ほそかわ 三人展

『何もすることがない』
その一言だけが繰り返しびっしり書かれた大作を
大きな美術館で仰ぎ観たあとに、
ひっそり小さなギャラリーで対話することができました。
実は<何もすることがない>のあいだに、
ほかのつぶやきも彫りこまれていたんですね。

安齋重男、福岡道雄、松谷武判

この三人の作家に三面から囲まれる
ささやかな時間を味わってみるがいい。

@ギャラリー ほそかわ

『文楽の夕べ』 六下がり

住太夫さんが『メアリー・スチュアート』を観たことから
実現した、という白石加代子との対談。

文楽ミニ公演は『小鍛冶』の後段のみ。
藤蔵、清志郎、寛太郎の三味線。
初っ端から三人右肩落としに身体を傾けての
激しいリズム。<六下がり>の特殊な調弦。

座談会では、
文字久太夫と藤蔵のコンビ、
マッチョな間合いを何回も再現してうれしそう。

平成中村座『め組の喧嘩』

5年前5月の浅草公演。
小屋掛け芝居の平成中村座。
(この12月に死亡)

15年前、大阪扇町公園での
中村座をおもいだす。
ラストに小屋の背景がぱっくり開いて
フィクションがノンフィクション
に延長する仕掛け。

コクーン歌舞伎と平成中村座。
勘三郎の無念をおもう。

「我逢人」

「我逢人」
寺田知了さんの落款にありました。

人の出逢いこそが全てのはじまり。
独りでは辿りつけなかったこと。
人と逢うことの大切さと
人と逢える場の大切さ。

世沙弥ではメニューの最後に
〜いっしょに食事を楽しめる仲間が
いることのよろこびを〜

通じるものがあるので、
早速きょうから落款を使わせてもらってます。

『岡本神草の時代展』

岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ』デビューは
衝撃的だった。
表紙の甲斐庄楠音『横櫛』の効果も大。

同時代を競った『岡本神草の時代展』。
いづれも舞妓、芸妓の妖かしの世界。
妖艶というより狂気すれすれ。
いまの相撲界などまだまだ可愛いもんだ。
大正という時と京都という場が
これらの若き作家を選びだしたのだろう。

@京都国立近代美術館

中村孝子・桃子

蓮が揺らぐ。
硝子の野菜を古木に額装。
典雅な色彩辞典を繙くようなときめき。
場所柄、割烹のご主人の食指がうごくようだ。

中村孝子・桃子
@ ギャラリー室

日本盆栽大観展

もう笑うしかない。
超アクロバティック。
現代アートと同じ土俵で展示する機会が
ふえることをひたすら願う。

1点、風がふきぬけるような
新感覚派の作品に出会った。

@日本盆栽大観展


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3