Archive for category 本 周辺

『バウハウスと茶の湯』山脇道子

山脇道子
『バウハウスと茶の湯』

バウハウス:予備課程での
カンディンスキーの週一の授業や
専門コース・織物科の授業の詳細が
図版(全部で180点)で紹介されている。
これは興味のないものでも惹きつけられる。

バウハウス、茶の湯、民芸、普段遣いのなかにも
極限まで無駄を省いた先に残る調和。
100円ショップにも存在感を示すものはある。

道子さんのコメントに
「 最近は、合理主義、機能主義の中にも
わずかな「 間」が欲しいという気持ちが
生まれています 」

この<あわい>こそが日本人の美学の
究極のポイントですね。

『俳人風狂列伝』 石川桂郎

『俳人風狂列伝』 石川桂郎

テクスト論は、俳句なら俳句17音だけを享受する。そこに作者
はいらない。ロラン・バルトの提言ですね。短歌を読み解く際に、
作者の年齢、性別、犯罪者であろうとLGBTであろうと、一切関係
ない。塚本邦雄はつねにそう主張しました。

分け入つても分け入つても青い山
山頭火に瞬殺された。あなたならどうする?もっとほかの俳句を
知りたい。いろんなテクストを渉猟する。それから。
作者は、どんな人?どんな境遇?最期は?
放哉にも同様の興味はわきますね。自由律の俳人には特に作者自
身の背景から句の奥を読み解きたい芸術的好奇心がかきたてられま
す。

俳句と風狂は合っている。作品以上の風狂の生き様をみたい。そ
んな衝動をこの列伝はみごとな距離感で作者にきわめて近い場で端
正に寄り添って紹介している。
放哉、山頭火、三鬼、東洋城、知っているにはこの四人まで。全
部で11人。しかしその三鬼でさえ、抱いてきたイメージとは大き
く違っていました。三鬼の場合はほかと逆で、すさまじくアナーキ
ーな人生と思いきや、意外ときちんとした歯科医でありました。

夜濯ぎの一夜妻待つ古雑誌 : 田尻得次郎
冬を生き人の遺品を身に纏ふ : 岩田昌寿
黛を濃うせよ草は芳しき : 松根東洋城
秋風に言ふこともなく別れけり : 相良万吉
藁巻きこむ牛の厚舌走り梅雨 : 阿部浪漫子

『陰謀の日本中世史』

『陰謀の日本中世史』 呉座勇一

陰謀論、フェイクニュース、
SNS時代にはいってますますひっかけやすくなっている。
心理学的要素も大きい。
歴史はいつも勝者が語り継いだもの。
その裏にいくつものデリケートな事実がある。

『応仁の乱』と同様の手法。
細かい歴史上の文献にあたって、
かつ現代の歴史学者の論文を比較検討、
批判を加えながら論をすすめていく。
気になったのは文体。
前著の心地よいリズムが欠けていた。

『上方落語史観』

『上方落語史観』 高島幸次

上方落語のネタから
とんでもないエピソード、故事来歴が
ポロポロこぼれでてくる。

古文書や歴史物語から引用、
解き明かす場合が多いのが通例やけど、
ひっぱってくるネタ元のカテゴリーが
現代風俗から映画、オペラ、アート、グルメ、
う〜ん、ジャンルの広さにたのしくうかれてしまう。

<よお知らんけど> フレーズを連発しながら、
上方の皮肉、ブラックのスパイスが十分効いてます。

最近の噺につまらん地口オチが多いのも、白ける要因やったけど、
その元ネタが現代の常識では理解できなくなってるから
やむなくてっとりばやくて作りやすいサゲに変えてる、
ちゅうことがよおわかりました。

『少林寺』 強さとは食べて寝ること

一番最近に買った写真集
『少林寺』 大串祥子

一番最初に買った写真集
『王国』 奈良原一高

・・・・・・・・・・・・・・・・
『少林寺』
武僧は試合をしない。
佛の前に勝ち負けはない。
殺気とは無縁の、身体を通じた禅の体現。
しからば強さとは何か。
「食べて寝ること」

司馬遼太郎記念館

自筆の表札
本名、福田定一。

小説家とも出会いのようなものがあって、
気になってはいるがなぜか読む機会がずれたようで。
国民的人気の司馬遼太郎とは縁がない。
『空海の風景』と『街道をゆく』の何編かぐらい。
たまたま河内小阪という辺鄙な駅に降りたら、
商店街の入り口に、<司馬遼太郎記念館>。
ええっ? ここ?
もちろんほかの用件で来ただけなので、
逆にビックリ。
それはお導き、行かねばなるまい。

2月12日が命日で<菜の花忌>
安藤忠雄設計の6万冊の書棚。

肩たたかれて、あんただけに教えたるわ、
指さされた天井のコンクリートにシミ。
あれ、龍馬はん、でてきはってん。

「二〇〇五年冬」佐野洋子

『ぱっちり、朝ごはん』
寝る前に気楽なエッセイを。

一番最後は
「二〇〇五年冬」
おもわず姿勢を正して。
書き手は佐野洋子。
絵本作家でエッセイスト、と紹介がある。
『神も仏もありませぬ』で小林秀雄賞受賞。

『浄夜』『舎人の部屋』

萬月 どっぷり。
耽読。淫読。

このメタ小説をメタ映画化する
ツワモノはおらぬか。
アレクセイ・ゲルマンが生きていたら。

『浄夜』『舎人の部屋』

2017年 ふりかえって (その3)

2017年 ふりかえって (その3)

【BOOK・CD】
=書籍
過酸化マンガン水の夢(谷崎潤一郎)
断片的なものの社会学(岸政彦)
罪の声(塩田武士)
舞台という神話(渡辺保)
神の値段(一条さゆり)
応仁の乱(呉座勇一)
俳句と暮らす(小川軽舟)
三弦の誘惑(樋口覚)
ポロポロ(田中小実昌)

俳句:小津夜景・福田若之・北大路翼
短歌:瀬戸夏子・斉藤斎藤・吉岡太朗

=CD
坂本龍一  :async
上原ひろみ :エドマール・カスタネーダ

【個人的に】

1)FBが乗っ取られる。
被害者が即、加害者に。多大な迷惑をかける。

2)断捨離をそろそろ
玲瓏0号〜95号の整理
レコード類、その他の書籍

3)歌仙 頻度ますます
3つの連衆と それぞれ
66巻まで・15巻まで・3巻まで

バタイユとダカタ

写真家アントワーヌ・ダガタの4時間映像『ATLAS』を
MEMでみたのが8月。

写真集『赤穴』は
その映像の元となる写真と
撮影台本、メモ、イメージ言語から成る。

シナリオの原型のようなものは
バタイユの『マダム・エドワルダ』であると
ダカタ自身が語っている。

あまりに過剰で熱量がたかく、
ぱらぱらめくるだけで放置してきた。

あらためて
中条省平訳『マダム・エドワルダ』『目玉の話』を
よみなおし、並行して『赤穴』を繰っている。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /usr/home/taizoo/taizoo.com/blog/wp-content/themes/arclite-tz/footer.php on line 3