『面白すぎる日記たち』鴨下信一。藤原定家から山田風 太郎まで。有名無名。戦死者のポケットに残された日記 の多さにアメリカの将校が驚いた。<日本人は日記好き の国民>。ここ数年のブログ日記氾濫は日本独自の文化。

渡辺和博氏が死んだ。五十六才。「友の死は、自分の一 部が死ぬのである。としをとって、友人のほとんどが死 ぬと自分のほとんども死ぬのである。としをとると、も う新しい友人はいらない」。嵐山光三郎の文章が沁みる。

『ディパーティッド』。佐藤優の本から<インテリジェ ント・オフィサー>なる存在を認識。もちろんニュアン スは違うが<スパイ>に急に興味をもち映画館に。怪演 ジャック・ニコルソンにそっくりなおじきが親戚にいる。

胡麻『食育』シリーズを企画中。幼児の食の乱れは想像 以上。肉やポテトの冷凍をレンジであたためた<チンチ ン弁当>。さらに具材とは無縁の駄菓子をのせマヨネー ズをかけた30秒仕上げの<駄菓子どんぶり>には仰天。

繁昌亭は5ヶ月経っても超人気。夜席も三枝さんの席は 即完売。新作落語<背中で老いてる唐獅子牡丹>を検索 してブログ『桂三枝の落語的日常』をのぞいていたらな んと和田萬の胡麻団子屋開店を紹介する写真発見。深謝。

阪急催事『美味探訪』終了。和菓子、洋菓子の銘菓名店 揃い。チラシの扱いも大違いのため和田萬立ち上がりは 大苦戦。ところが後半戦にはいるとリピート客殺到で凄 い反響。もうこっちのもの。次の大型企画の出店も決定。

<まんでい会>でちらっと胡麻の講演をさせて貰った時 以来気になっていた『伊万邑』。若手注目株の割烹。最 初のお皿は<お豆さんのたいたん、いわし、おいなりさ ん>。〆<蒸し寿司、粕汁>。浪速割烹の独自性を主張。

「蕪村は文芸には『しろうるり』が必要だと言っている (中略)その『しろうるり』は川端康成にもある」。福 田和也が対談で発した言葉が妙に気になって調べてみる と『徒然草』にある実在が証明できていない人物や事物。

シルクさんの舞台『結婚できテない女達』。胡麻の健食 関連でアドバイスを貰っている里見英子先生が出演。ダ ンス師匠をのみこむ勢いでサルサを踊る。ど派手な衣装 をつけるためだけにたった1年でマスター。ようやるわ。

連日阪急<美味探訪>は凄い人混み。半分のスペースが <バレンタイン>だから。ダイエットのお題目を唱えて るクセに一体このバカ騒ぎはなんだ。つい貰ってしまっ たレオニダスのチョコ、10個いっぺんに。ああ糖尿だ。